出口のない迷路の中

竹やぶの中に咲く 一輪の花

影山拓也くんについてのまとめ

 

山拓也くん、21歳のお誕生日おめでとうございます!

思えば約1年前のNEWS NEVERLAND、稲葉くんの隣にいるにこにこかわいい子は誰だ!MADEクリエについてくれていた影山くんだ!という具合に、かげちゃんに興味を持つこととなりました。
それからかげちゃんの映っている映像を見たり、えびの横アリやユメアイ、嵐のコンサートに行ったりとしましたが、かげちゃんは見れば見るほど、そして知れば知るほど沼だと思ったのです。

ということで、これを機に、この1年間くらいで私がかげちゃんについて知ったこと等をまとめてみようと思いました。
まだまだきっと知らないことがたくさんありますし、情報も不完全だと思います。そこらへんはご容赦いただけると幸いです。

 

 


1.影山拓也くんとは

 f:id:seika2083:20180610111659j:image

*1

■誕生日:1997年6月11日
■血液型:O型
■入所日:2011年6月19日
■身長:178cm
■あだ名:かげちゃん、かげたん、シャドーマウンテン

 

ジャニーズ事務所入所のきっかけは、TVでSMAPを見たこと*2
・太い眉毛がチャームポイント
・声は高め
・シャドー?\マウンテン!!!/っていうC&Rがある(後述します)
・多分、色んな人に好かれるタイプの人たらし(色んなJr.が「仲の良いJr.」にかげちゃんをあげてるので)
・ヘアセットをするのが得意で、現場ではかなり重宝されていると思われる(MADE大河「(影山は)アイロンさばきがすごい!」*3
・見学とかに現れるときはメガネ。カメラに映るかも…ってタイミングでは外すらしい(かわいすぎる)
・滝沢歌舞伎にはずっと出たいと思っていたらしく、2018年念願の出演。無所Jr.のリーダーを務めたとのこと*4。腹筋太鼓冒頭にソロで太鼓叩くのが見どころ


補足。シャドー?\マウンテン!!!/について。
このC&Rが生まれたのは2017年MADE単独クリエ。*5 以下、ニュアンスです。

 

影山「そろそろシャドーマウンテンも浸透してると思うんですよ。稲葉くんだと『100人のってもー?大丈夫!』ってあるじゃないですか。そういうのやってみたくて」
MADE「やってみていいよ」
影山「せーの!!」 →客席「??シャ……?え???wwwww」
 ※全部言わせようとしたから客席戸惑う

すかさず、
稲葉「シャドー?」 →客席「マウンテン!」
稲葉「こうすればいいんだよ」

で、この公演の最後Jr.紹介で「シャドー?」\マウンテン/やった。

その後もNEWS和歌山公演でこれ自らぶっこんできたり、2017年末のメッセージでも書いてたり、MADEのぶぅのWEB連載*6でも書いたり、ラジオでも言ったり。クリエでやったの楽しかったからいつかまたやりたい。

 


2.今までのお仕事

思いつく主なもののみ。
円盤化されているものに「☆」をつけています。

(2018年6月11日時点)

 

Hey! Say! JUMP SUMMARY 2011 in DOME(2011年)
Kis-My-Ft2キミとのキセキ」ミュージックビデオ(2013年)
☆なにわ侍 ハローTOKYO!!(2014年)
A.B.C-Z「Legend Story」ミュージックビデオ(2014年)
・台風n Dreamer(2014年)*7
Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2015 KIS-MY-WORLD(2015年)
☆嵐 LIVE TOUR 2015 Japonism(2015年)
・ジャニーズ銀座2016 They武道公演(2016年)
☆嵐 ARASHI "Japonism Show" in ARENA 2016(2016年)
☆嵐 LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?(2016~2017年)
☆NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND(2017年)
・ジャニーズ銀座2017 MADE公演(2017年)
A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour 55(2017年)*8
・JOHNNYS’ YOU&ME IsLAND(2017年)
・嵐LIVE TOUR 2017-2018 「Untitled」(2017年)*9
・JOHNNYS' Happy New Year IsLAND(2018年)
・滝沢歌舞伎2018(2018年)*10

その他、コンサートでのわらわらの一員だったり、2015年くらいまでは少クラにも出ていたり、カウコンにいたり(2016-2017年はいたの確認済み)、歌番組でバックとしてついているとき(2016年ベスアの嵐、2017年FNSうたの夏まつりのえび とか)もちらほら。 


3.円盤類の紹介

私が今まで見たものの中から抜粋。

 

Hey! Say! JUMP Summary in DOME

かげちゃん当時14歳。これ入所して2か月くらいしか経ってないときだと思う。
踊ってるところは多分判別不能なんだけど(DVD画質でバック7割がたわからない)、最後にJr.紹介で一人ずつ名前言っていくときに、「かげやまたくや!」って言ってます。初々しくてとてもかわいい。

f:id:seika2083:20180609172644j:plain

 

余談ですがこれ色んな子映ってて今見ると結構面白い。


キミとのキセキ MV

 かげちゃんは当時16歳かな。

ほんとこのMVかげちゃんかわいい。黒髪でまだ幼い!って感じ。

f:id:seika2083:20180609172744p:plain

全体的に、割といい位置にいるので見つけやすい。

f:id:seika2083:20180609172902p:plain


メイキングにも大きく映ってるよ。

f:id:seika2083:20180609172938j:plain


Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2015 KIS-MY-WORLD

かげちゃん初のツアーバックがこれ。当時18歳。

1曲目でキスマイがバクステ→センステにフライングで移動するんだけど、センステで北山パイセンのフライングの装置外しているのはかげちゃんと田中誠治くん。

f:id:seika2083:20180609173108j:plain


「Be Love」(=宮玉結婚式)でフラワーシャワーやってるかげちゃんは天使。

f:id:seika2083:20180609173204j:plain

わたたい曲「わんだフォー」では犬小屋の後ろで横尾さんのフッキング担当。フライングしたあとお見送りもしてるよ。

ニカ千曲「Double Up」にもいます。とてもかっこいい。

f:id:seika2083:20180609173239j:plain

サクラヒラリではペンラウェーブのくだりでフラッグ持って3塁側爆走してます。ちなみに1塁側は誠治くん。

 

余談。
収録はされていないんだけど、このツアーでは最初暗転する前にピエロの格好した子が出てきて、「ようこそ『キスマイワールド』へ!」って案内始めて、「キスマイワールド」への扉を見つけて、客席に「鍵(ペンラ)振ってー!もっと!!」みたいに煽って鍵を開けて暗転→冒頭映像へ ってくだりがあるんですよ。そのピエロ役がかげちゃん。円陣組むところでピエロ衣装着てる。

f:id:seika2083:20180609173311j:plain

*11
円盤でカットされたのはお客さん映す演出あったからだと思うけど、ピエロの子頑張ってたのすごく覚えてるからここで主張させてほしい。


■嵐LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?

全体的にこのツアーはかげちゃん大活躍。とにかく出番が多い気がする。色んなポジションに割り当てやすいのかな?って思った。
翔さんのソロ曲「SUNSHINE」では、後半(間奏部分)から出てきます。

f:id:seika2083:20180609173414p:plain

相葉ちゃんのソロ曲「Amore」では色々やってます。(雑)

f:id:seika2083:20180609173500p:plain

f:id:seika2083:20180609173640p:plain

腕立て頑張って…(青春ブギ)

f:id:seika2083:20180609173724p:plain


■NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND

 東京ドームオーラス(収録日)が20歳の誕生日というなんというミラクル。まじでこの子持ってるなって思ったよね。
そして基本的にたくさん映ってる。

とにかくにっこにこ楽しそうにしてるのがもうほんとかわいいかわいすぎる。(D.T.F)

f:id:seika2083:20180609173917p:plain


「Touch」のかげちゃんは真っ黄色の衣装なので目立つ。

f:id:seika2083:20180609174029p:plain

「ミステリア」は小山さんの影担当。これがすごくかっこいい!!あとかげちゃん多分スタイルいいんだなってのがよくわかる一曲。

f:id:seika2083:20180609174108p:plain

魔法のダンスはどことなく危なっかしくてかわいい。孫のように見守りたくなる。*12

f:id:seika2083:20180610223529p:plain

Jr.紹介での「影山おめでと~!」の一言もちゃんと入ってます。

f:id:seika2083:20180609174209p:plain

 

A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour 55

無所の中では割といい位置にいると思う。シンメは谷村。

「ずっとLOVE」では五関様の近くにいます。

f:id:seika2083:20180609174349p:plain

「YOU ARE A FLYER」では黄緑衣装。

f:id:seika2083:20180609174437p:plain

「Endless Summer Magic」でふみきゅんがスモーク浴びるとき、かげちゃんとこんぴー(今野貴之)が思いっきり巻き添え食らってるよ。

無所のカメラアピールタイムをつくってくれたえび兄さんに頭が上がらない。(Summer上々!!)

f:id:seika2083:20180609174538p:plain

A.B.C-Z LOVE」は塚ちゃんの近く、ステージの真ん中らへんだったはず。

f:id:seika2083:20180609174624p:plain

一人マッスルポーズするかげちゃん。

f:id:seika2083:20180609174720p:plain


4.その他メディアの紹介

 ◆雑誌とか紙媒体類

 

座談会やインタビューなどが載っているもののうち、把握できている範囲で。

 

・WinkUp 2014年11月号
・POTATO 2015年3月号
・WinkUp 2017年1月号
・ダンススクエアVol.20
(NEVERLANDツアーに出演したJr.から、稲葉・野澤・渡辺(大)、影山、西村、髙橋(汐)の6人で座談会してます)
・WinkUp 2018年3月号
・2018.4-2019.3 ジャニーズJr.カレンダーBlue*13
・WinkUp 2018年7月号
・Stage fan Vol.2

(もっとあると思います)

 

三宅健のラヂオ 2018/5/7

滝沢歌舞伎に出演している無所から代表で、谷村、椿、前田(直)と共に出演。

某Tubeに転がってます。

 

 

------------

2018年の滝沢歌舞伎でのかげちゃんは、誰よりも迫力に満ちた表情をしており、また、表現力に磨きがかかっていたような気がしました。

そんな頼もしい姿を見ていて、きっとこれから、もっともっとかっこよくなって、そしてもっともっと素敵なアイドルになっていくのだと思いました。かげちゃんを見ていると、なんだかわくわくします。期待しかない。

 

山拓也くんに、明るい道が拓けていますように!

.

 

*1:プロフィール情報は2018-2019 Jr.カレンダーのデータブックを参考に記載

*2:Wink Up2014年11月号より

*3:2017年MADE単独クリエのMCより

*4:Stage fan Vol.2より

*5:MADEクリエ2017/5/20夜公演のMC

*6:Johnny’s web「MADEにおまかせ」2018/4/24

*7:日生劇場公演に出演

*8:横浜公演のみ出演。円盤収録も横浜公演なので映っています

*9:桃山ビート・トライブに出演していた山本目黒冨岡のアンダーとして、札幌と東京①にのみ出演。収録は東京②のため、円盤には映らないと思われる

*10:新橋公演、御園座公演

*11:これは初回限定版に収録されているメイキングの様子です

*12:この写真のみ、初回限定盤に収録されている大阪公演の様子です

*13:データブック付き

NEWS ARENA TOUR 2018 EPCOTIA レポ・感想など

 

f:id:seika2083:20180521234242j:plain


NEWS ARENA TOUR 2018 EPCOTIA、お疲れさまでした。去年に引き続き、今年もNEWSの作る世界にどっぷり浸からせていただきました。

というわけで、EPCOTIAがこんな様子だったということをまとめました。MADEを始めとするJr.のことがほとんどです。
ところどころニュアンスだったり、間違えていることがあるかもしれませんので、その点は温かい目で見てやっていただければ…。

また、私は札幌と福岡のツアー前半の公演しか行っておらず、その後のレポはあまり追えておりません。私が見た公演でのことを書きます。

 


◆日程
札幌(3/31、4/1)、宮城(4/7、4/8)、静岡(4/14、4/15)、福岡(4/21、4/22)、広島(4/28、4/29)、大阪(5/5、5/6)、名古屋(5/12、5/13)、埼玉(5/19、5/20)

 

◆ツアーバックJr.
MADE(稲葉光、福士申樹、秋山大河、冨岡健翔)、野澤祐樹、植田翔、今野貴之、新藤樹力、西村航、荻野未友治、髙橋汐音、森永祐二
計12名

前回のツアーNEVERLANDと比較すると、4人減った状態。森永くん以外は、全員NEWSのツアーに連続で付いている子です。

 4年連続 →植田
 3年連続 →MADE、新藤、西村、荻野
 2年連続 →野澤、今野、汐音

 

◆ステージ構成
雑ですいません。ざっくりこんなイメージ。

f:id:seika2083:20180521233309j:plain

360度ステージ。会場入ってみてびっくりした。

 


※Jr.のついている曲に「☆」をつけています。
---------------------------


■オープニング~EPCOTIA ☆
機長のアナウンスと共に、出発までの準備の様子が映像に流れる。
そして、エプコティアライナーが発射するまでのカウントダウンが始まります。
カウントダウンに合わせて自動制御のペンラが光ったり消えたりするのがとてもきれいだし、始まるまでのわくわく感が増幅するような気がして楽しかった。

カウントダウンが0になったとき、エプコティアライナーは宇宙に向かって勢いよく出発。
会場が星空みたいにキラキラしていて、会場が一気に宇宙空間と変貌した。

こうして、宇宙旅行が始まります。


イントロが始まってステージが開かれると、エプコティアライナーが。
これなんかNEVERLANDを彷彿とさせるような!中にJr.いるのかな?いるのかな?初日に双眼鏡で必死に隅から隅まで覗いてみても中に人がいるかどうかは判別できず。

そして、EPCOTIAのAメロに突入すると、歌声はちゃんと聴こえているのに一向にNEWSの姿が見えず。
どっから登場するのかな~って眺めていたら、サビ前で上からNEWSが浮いた状態で登場。
そうきたか!

1番のサビが終わったところでエプコティアライナーの中からJr.が登場!やっぱりいた。12人それぞれ、エプコティアライナーの機体の一部を持ってぐるっと回ったり。
2番では6人6人に分かれて、左右の島で行進したりする。


■KINGDOM
序盤に持ってくるにはぴったりな曲だなって思った。
宇宙旅行の始まりはとっても華やか。


■TWINKLE STAR
この曲アルバム聴いたときから一番好き!!!!
NEWSがそれぞれ四方の島に分かれて歌とダンス。
ちなみに私は、落ちサビの増田さんの歌声担です。


■紅く燃ゆる太陽 ☆
きたー!!ってなった。そうだよね少プレでやってたもんね。
TWINKLE STARから立ち位置入れ替えたりして、またNEWSそれぞれ4つの島に分かれて歌う。

Jr.は1番のサビの途中で登場して、3人ずつ4組に分かれてダンス。稲葉くんとみゅーじくん(荻野)と汐音くんが増田さん組でした。
みゅーじくん髪型変わったりして爆モテ感増してたもんだから恐れおののいた。

この曲の稲葉くんは、強い目線がとてもかっこよかった。なんとなく踊りやすそうにしていたような。この曲踊る稲葉くんすごくしっくりきたので。

曲の最後の方で、Jr.がNEWSのフッキングのお手伝いをしている。(稲葉くんはその間増田さんのマイク持つ係だった)


■LIVE ☆
イントロの「うぉーいぇー!!!」のところ、福岡で見たら稲葉くんがマイクを増田さんに差し出して増田さん歌ってたり、稲葉くんが歌ってたときもあった。

NEWSがびょーーーーーんって宙を舞ったり、まさに宇宙の無重力空間を謳歌しているような。
Jr.は地上でわいわいがやがや盛り上げる。

個人的には「チャンスの神様~」あたりで片膝ついてお祈りしたり床で駄々こねたりするJr.が見どころだったかなと。稲葉くんやたら体のでかい5歳児だった。
ラストはNEWSも地上に戻ってきてJr.含む16人一列になってダンス。

この曲はNEWS先輩との細かい絡みがたくさんあって楽しかったです。


■LPS
曲の前に、異星人3人が登場する。(カイとコタとボンセン)喧嘩したり怒ったり、わいわい。
初日これ見たとき一体何が始まるんだと思ったけど、ストーリー性を重視したコンサートなんだろうなと。

この曲は外周トロッコ?フロート?4人が一緒に外周を回りながら歌う。


■NYARO ☆
ちょいちょい変わったりしていたみたいなんだけど、MADEは札幌では確か左右の島から二人ずつ出てきて、福岡ではせり上がるセンステから4人並んで登場だったと思う。

今年のMADE劇場はこの曲。
「右から三番目の彼女」のところで前に出てくるのはのぶぅ。この辺芝居が細かくて愉快。
サビ前のところで4人でハート作る。世界中の人がMADEの作るハートを見ればきっとこの世から争いは根こそぎなくなると思う。

で、大サビ前はクリエで階段降りるときにやってた新郎新婦みたいに腕組みながら歩くやつをやる。公演によって細かく違って、毎回楽しみにしてました。
私が見た範囲では、札幌3公演と福岡1日目はクリエのときと同じく稲葉冨岡・大河福士のペアだったんだけど、福岡2日目で突然シャッフルし始めた。らしい。4/22昼が稲葉大河・冨岡福士で、夜が稲葉福士・大河冨岡でした。
この曲は大サビ入るまでMADE4人で踊ったり色々やってたから、クリエ懐古して半泣き。

大サビに入ってからはJr.12人4つの島に分かれてダンス。組み分けはこんな感じ。
 ・大河、荻野、汐音
 ・稲葉、野澤、今野
 ・福士、植田、西村
 ・冨岡、新藤、森永

曲のラストで3人ずつハート作ったりする。これ稲葉くんたちの方ちゃんと見れたとき少なかったんだけど、大抵のんちゃんが稲葉くんに突っ込み入れてたように見えたから、ああ稲葉くんまた何かやったんだろうな~って思ってた(雑)。ツッコミ役のんちゃん(野澤)、君は偉大や。

NEWSはこの曲の後半でステージに戻って来てたと思う。


恋する惑星
Jr.はにゃろ大サビの組み分けで、同じ場所でダンス。
NEWSが4人そろって4つの島を1つずつ順番に回って、その場所にいるJr.3人の前で歌う。
こういうのがNEWS先輩圧倒的感謝ってなるところ。円盤での映り込み期待しております。

曲自体かわいいんだけど、Jr.のダンスがとにかくかわいすぎて。稲葉くんかわいい……にこにこ歌いながら一つ一つの振りを大きく踊るのほんとかわいい……。(私がこの曲の感想を述べようとすると感想が5歳児レベルになる)
多分稲葉くん、Eテレの歌のお兄さん的なやついける。

そして大河ちゃんがなんかもうすごかった(語彙力)。とにかくあざとかわいいわ目の前のスタンドにいるファンをロックオンするわ指差すわ笑いかけるわ、秋山大河の本領発揮ってかんじでした。もはやヲタク狩り曲。大河ちゃん何人落としました?

Jr.は大サビの途中で捌けます。


■銀座ラプソディ/小山慶一郎 ☆
からのこれって、気持ち切り替えられるJr.がすごいわ。私はあまりの振り幅に頭混乱するレベル通り越して脳内麻痺しました。気持ちが追い付かない。稲葉くん別人かよ。さっきまでにこにこEテレのお兄さんやってた人どこ行った?このお兄さん教育上よろしくなさすぎる……。稲葉くんただのえっちなお兄さんだった……。
衣装がシャツにズボンっていうシンプルな格好だったのもまた良き。汗が飛び散るのも綺麗だし、表情の作り方とかも見応えあって27歳男性の色気ダダ漏れだったしとにかく終始見惚れた。稲葉光(27)の全力。

Bメロ前で小山さんから指輪を抜き取る役目は大河くん。

1番終わって間奏入って、間奏が終わるタイミングでJr.は捌け。階段降りて捌けるとき大河ちゃんがシャツ脱ぎながら捌けてたからびっくりしたよね。さすが。*1

で、映像挟んで大サビ。映像では端的に言うと小山さんが女を抱いてます。大サビではシャツはだけます。私は映像も大サビも楽しませてもらったんだけど、小山担さんどんな気持ちで見ているんですか?

ちなみに稲葉くんから目が離せず、大河くんが指輪外す役目ってことに2公演目で気づいたり、この曲Jr.8人しかついていないってことに福岡公演後3週間くらい経ってから知ったのはさすがに自分ひどいと思いましたすいません。


■Sweet Martini
少プレで歌っていた曲ですね。素敵な雰囲気の曲。
ステージ上にバーカウンターみたいなのが作られて、そこに集まるNEWSさん。今の今のNEWSだからこそ、歌いこなすことのできる曲なんじゃないかなぁって思った。


■madoromi
思わず色んな事忘れて聴き入ってしまった。声質の全く違う4人の歌声が、絶妙に混ざり合うということを全力で実感できる曲。
ひと時の癒しの時間でした。


チャンカパーナ
くるくる回るカメラでわっちゃわちゃ。モニター見たらめちゃくちゃドアップで笑った。


■JUMP AROUND ☆※ラスト部分のみ
少プレで聴いた時から知ってたけどこの曲めっちゃかっこいいな。

Jr.は曲の最後の方(ラスサビ)で登場。それぞれ違うストリート風の衣装でした。稲葉くんは派手な花柄ズボン履いていて安定に柄柄してた。
全員活き活きと楽しく踊っているように見えて、見てるこっちもわくわくしてしまう。Jr.最初からついていてほしかったな…!


■BLACKHOLE ☆
MADEはWEB連載で散々「今回のツアーはとにかく踊ってます!」って言っていたけど、その要因の一つは絶対にこれ。
回転しながらステージの周りぐるぐる走ったりしてるしうさぎ跳びみたいなやつやってたり床に手をついて足あげたりするやつやってたり、体力と三半規管大丈夫かなってなるやつ。過酷だけどとてもかっこいい。
ちなみにJr.担もしょっちゅう移動する自担を必死で追うため鬼の形相になります。

NEWSをぐるっと囲んでダンスする12人のJr.によって、NEWSの周りが渦を巻いているように見えるその様子は、まさにブラックホール


■Thunder/増田貴久
ゴリゴリのラップで勝負した増田さんの今年のソロ曲。
自動制御のペンラも消灯した暗闇の中に、増田さんが一人光を浴びて佇むだけで、今までと会場の雰囲気がガラリと変わったのがわかった。急に目がさめる感じ。(眠いわけではない)
とにかく圧巻でした。


■氷温/加藤シゲアキ ☆
こんな世界観他に誰が思いつくんや。

ステージ上でシゲ先生と女性(ヘルメット被って表情見えないようになってる)がすれ違ってから、曲が始まる。
女性はハイヒール履いて踊ったり、シゲ先生に持ち上げられてくるくる踊ったり。途中で女性からハイヒールを渡されて、最後はシゲ先生もハイヒール履いて踊る。

Jr.は長い棒にライトをつけた小道具を使ってのダンス。ライトの点灯消灯は自動ではなく、手動でそれぞれカチカチやってた。すごく揃っていて、相当練習したんだろうな~って。

札幌公演の途中で、ライト持ってるJr.10人しかいないことに気づいて。まさかと思って女性役を見てみたら、これいっちゃん(新藤)じゃない!?って。確かに踊り方いっちゃんっぽい…。
いっちゃんにしかできない役ってあるよね。あっぱれ。
ちなみにこの曲ついていないのは森永くんでした。


AVALON ☆
氷温に引き続き、Jr.は新藤森永除いた10人で、ライトの小道具を使ってのダンス。ライトの色は白からピンクに変わってた。

ラスサビでものすごい量の桜吹雪。急に柔らかい光が差したような感じがとてもきれいでした。
演出込みですごく好きになった曲。


■IT’S YOU
この曲は短いなぁっていう印象。落ち着いた雰囲気の大人な曲で結構好きだったのでもっと聴きたかったです。


■星に願いを
ぎゅっと4人固まって、ステージの縁に座って歌うNEWSさんとてもかわいかった。
「平和」という言葉はこの曲から生まれたのではないかと思う。なんて幸せな空間だ……。


■MC
機長「これより、当機は燃料補給を行いますので、皆さんはトークセンターにてお楽しみください」(ニュアンス)

で、MCが始まる。

 

≪MCのメモ≫

・「NEWSに恋して」の話題が割と多め。中でも小山さんめっちゃ進めてて笑った。札幌福岡では、小山さんがゴシさんを攻略しようとしている最中でした。

・札幌では、画面を4分割して一人一人映そうと試みてたけど、何せステージが360度で、一人を映そうとすると誰かの後ろ姿が映り込んだり……と調整に難航してた。福岡では4分割画面なかった気がする。

・個人的に興奮したのは、テゴマスがアカペラで「青いベンチ」歌った回。いいもん見れたと思った。*2

・途中で、機長からの無茶振りあり。無茶ぶりのターゲットは公演前にアミダで決めているらしい。

無茶ぶりのお題は、「『EPCOTIA』はある文書の頭文字を取ったものです。どんな文書でしょう」とか、「絶対に言わないセリフ」とか、「EPCOTIAに収録されなかった曲はどんなタイトル?」とか。(ざっくりです)*3

・機長「手越アテンダント。客席からアテンダントコールがありました」
→手越捌ける。そのあとは3人でMC進める

・去り際に「NEWSに恋して」で引いたおみくじの結果を報告する小山さん


■プラトニック/手越祐也
まさかの客席にゴシさん登場してきて客席悲鳴。「登場でびっくりすると思う」ってなんかのインタビューで言ってたってのは知ってたけどほんとにびっくりした。
登場する場所は公演ごとのランダム。スタンドの時もアリーナのときもあった。スタンドのに登場して横の通路歩きながら曲終わりまで歌うパターンか、アリーナに登場してステージ向かいながら歌って最後ステージ上で歌うパターンがある。

実は札幌初日、ゴシさんが出てきた場所の超近くに入りまして。辺り一帯騒然としたよね。呆気に取られて、次の異星人のくだり誰一人聞けてなかった。
私はとにかく、こんな機会滅多にないからちゃんと見ておこうと思ってめっちゃガン見した。ゴシさんめちゃくちゃ歌うまかったし顔きれいだったし金髪でした。

 

■UFO ☆
プラトニック終わったあと、異星人3人が出てきて、UFOに乗ってエプコティアライナーに追い付こうとしたりするくだりがある。

客席参加型の演出もあり。
機長「異星人を見つけたら、乗務員にお知らせください。……皆さん、異星人を見つけたんですか?落ち着いてください。一回ペンライトを消して、私の合図で、その異星人めがけてライトを点灯してください」
→異星人がライトに照らされる。
異星人「見つかっちゃったー!…あれは?UFO!」

で、曲が始まる。(ざっくりですいません)


札幌では曲初めからJr出てきてたんだけど、福岡で見たらJr.は2番からの登場になってた。衣装は上下テカテカ光るものを着用。

稲葉くんと言えば、ダンスナンバーではいつも表情豊かに、歌詞を口ずさみながら踊るじゃないですか。でもこの曲では一貫して表情変えてなくて、歌も口ずさんでなくて。最初見たとき、本当にあれは稲葉くんなのかどうか二度見した。確かに稲葉くんだった。
淡々とした無機質な感じがすごく素敵で、これは新しい魅力だなぁって思った。
あれ振り付けでそういう指示入ってたのかなって思ったんだけど、曲の後半でJr.の立ってるところがぐるっと一周回るから他の子眺めて見たんだけど、割と人それぞれの踊り方していて。稲葉くんが自分でそうしようと決めたのかな~なんて思ったんだけど、真相はいかに。

これも、アルバム最初に聴いたときから好きだなぁって思ってた曲。メロディーラインは難しくないけど、随所随所に現れる機械音がこの曲の雰囲気を押し上げるというよい仕事をしている。曲調も構成も効果音も、とても耳に残りやすい。そして振り付けもキャッチーで覚えやすいと思う。

去年の「ミステリア」的な、世界観を楽しめる曲とダンス。


■EMMA
描かれている女性像がはっきり思い浮かぶような曲が続く。

Jr.はUFOが終わると、NEWSのスタンドマイクとジャケットを用意して捌ける。
いろいろ懐古してしまう亡霊がどろんと登場(わたし)。


■EROTICA ☆※ラスト部分のみ
どことなくオリエンタルな雰囲気漂う大人な曲。

ラスサビの最後の方でJr.が登場。こういう曲でこそMADEの真価を発揮すべきところなのに、ほんの30秒くらいしかこの曲踊るMADEを見れなかったのが残念。。。その30秒を全力で堪能させていただきましたが。


■メガロマニア ☆
コンサートで初聴でした。「チュムチュム」初回Bのカップリングとな。すごいね2015年のシングルの初回盤にしか収録されていない曲を2018年のツアーでやるんだね…!

この曲は後半のダンスナンバー。NEWSとJr.が一列になって踊ります。

これも、
MADE「今回のツアーはとにかく踊ってます!」
の要因だと思う。なかなか激しいダンス。

この曲は、なんかすごい「稲葉くん」って感じだなって思った。「紅く燃ゆる太陽」と同じく、稲葉くんにすごくしっくりくる曲というか。
そして稲葉くんの、こういうかっこいいダンスナンバーでの目線の使い方もなかなか見どころだなって思う。あとね、溜める部分と動く部分、ダンスに抑揚があって見てて楽しかったよ!そろそろ自担に甘いって言われます?

立ち位置は、NEWS4人並んでいるわけではなく、NEWSとNEWSの間にJr.を挟んだりしている。その結果、ステージのドセン、小山さんとゴシさんの間にいるいっちゃんとのんちゃんが真ん中になってた。素晴らしき大抜擢。この二人ほんとスゴイ。

とにかくこの曲かっこよかったな……!


■メドレー(Mr.WHITE→QUARTETTO→NEVERLAND→EPCOTIA→NEVERLAND) ☆

機長「現在、ワープセブンをワープ中。時空の歪みが発生した模様。時空を飛び越えてしまう可能性があります」(ニュアンス)
→メドレーが始まる。QUARTETTO以外はイントロ+サビ、QUARTETTOはイントロ+クラップ部分。

Jr.はMr.WHITEでNEWSを持ち上げたり、「NEVERLAND」でキャリーケースを一人一つ持って浮かせたりします。
ねばらん懐古しすぎて死ぬかと思った。ねばらんの亡霊ですどうもこんにちは。

 

■4+FAN ☆
曲始まる前、時空の歪みを元に戻すために、客席でクラップしたり足踏みしたり手を繋いだり口笛を吹いたり、客席協力型の演出あり。クラップのリズムでなんとなく4+FANや!!ってわかった。

札幌ではなかったんだけど、間奏部分、増田さんがJr.誰かにエアギターをやらせる。*4福岡2日目昼のエアギターガチャは稲葉くんでした。増田さんに「ギター!!稲葉光!!!」って振られてて、エアギターする稲葉くんを見れて大興奮でした。
オーラスは「ギター!ジャニーズJr.!!」だったらしい。増田さん神様か…。


D.T.F ☆
ねばらんーーーーーーー;;
Jr.わっちゃわちゃすごくかわいかった。切実に目が12個ほしかった。

ちなみにこの曲は、札幌と福岡でJr.の立ち位置が大きく変わってた。札幌では左右の島に6人ずつ分かれて踊ってたけど、福岡では中央に12人全員。
そしてBメロのあっち向いてホイ→顎クイのくだりも札幌と福岡でペアが変更。稲葉くんのペアは、札幌がこんぴー(今野)、福岡がうえしょー(植田)。札幌はこんぴーが顎クイする方で、福岡は稲葉くんが顎クイする方でした。
バックJr.最年長、散々後輩振り回しまくってて笑った。こんぴーとうえしょーさんありがとうございました。


■Weeeek ☆
Jr.は4つの島を移動しながら。移動のためにアリーナ降りたりも。ファンサタイム!!


■U R not alone
外周のトロッコで、4人会場の四隅に散らばって歌う。

珍しくコンサート中ボッロボロに泣けてきてしまった。
気持ちが地に落ちていた2月と3月、一刻も早くMADEの4人を見たいと思って、このツアーを心から待ち遠しく思っていて。この曲を歌ってたら、その1か月半くらいのことが頭に浮かんできて、ああここに来れてよかったなぁって。急にそう実感して、一人でぐずぐずしてた。この曲Jr.ついてないのに。

やっぱりこの曲には不思議な力があると思う。


イノセンス ☆
Jr.はオレンジのつなぎの上を脱いだ状態で、キャップも被って登場。

ステージ上に積まれたコンテナやスーツケースなどの荷物を中央まで運んで、地球に帰る準備を。稲葉くん荷物運びつつ遊んでたし周りの子にちょっかい出してたし、ただのチャラい引越し業者にしか見えなかった。

この曲でJr.紹介あり。去年と同様、一人ずつ紹介されるとき画面に名前が出ます。

これで公演は一旦終わり。エンドロールも流れる。
エンドロールに、バックについていた全員の名前もちゃんと載ってて感動したよね。Jr.12人は単なるバックダンサーではなく、出演者の一部なんだなって。


■HAPPY ENDING ☆
「エプコティア終わっちゃったな~」って異星人3人が出てくる。
帰ろうとする3人が手をつなぐと、モニターに映っている「END」という文字が「ENDING」に変わる。
手をつなぐと不思議なことが起こるということに気づいた3人は、会場にみんなで手をつなぐように促す。
手をつないでいると、「ENDING」の文字は「HAPPY ENDING」に変わる。

ステージの柵が上がると、NEWSさんがいて曲が始まる。ステージにはアルファベットの風船が置かれていて、「EPCOTIA」って文字になっている。

Jr.は途中で外周にわらわら出てきて、スタンドを煽る。(北海道そのくだりあったっけ…)まさにスーパーJr.タイム。その後にアリーナ席の通路を通って、ステージへ。

曲が終わったあと、
異星人のコタくん(多分)が「EPCOTIA」って風船の「E」の文字を落としちゃうってくだりがある。稲葉くん激おこぷんぷん丸(古い)でとってもかわいい。

風船は「E」の文字を横にして置き直していた。

改めて「ジャニーズJr.!」って紹介される。そして、異星人も紹介されて、Jr.は異星人と一緒に捌ける。稲葉くんととみけんはカイくんと一緒に捌けるんだけど、会場の外に出るときカイくんの頭のてっぺんを雑に折って扉通ってたのがじわじわ面白かった。

そのあと、
「俺たちの名前は?」\NEWS!!!/ →銀テ発射。

NEWSが捌けたあと、こんなアナウンスがある。

機長「NEVERLANDの『N』にEPCOTIAの『E』。次はどんな文字が来るか、もうお分かりですね。NEWSとの冒険は、まだ続いていきます。」


宇宙旅行という壮大な物語は、次への含みを持たせて幕を閉じます。

 

---------------------------
◆セトリ補足

札幌初日しか披露されず、二公演目からカットされた曲が3曲ありました。

・NEWSニッポンと希望~YELL~(LPSとNYAROの間)
・Brightest(AVALONとIT’S YOUの間)*5

---------------------------


今回のツアーは特に、世界観に沿ったダンスが特に魅力的だなって思いました。主に、UFOやBLACKHOLE。これはもう、NEWSそしてair:manさんの真骨頂というものなのでは。
公演自体が一つのストーリーになっていて、こんなに世界観を前面に押し出すコンサートは、NEWSしかできない気がする。
そして、360度ステージであることが活かされているという印象でした。自分(客)の目線の先、ステージの向こう側もまだ空間が広がっていて、会場が無限の空間になっているような感覚でした。空間を完全に「宇宙」に作り上げていた。
個人的には、360度ステージは死角できたり絶対に見えない部分が出てきて大変でしたが……。

 

今回バックについたJr.は割と去年から継続してついていることが多かったっていうのもあるけど、ところどころで、NEWSとJr.の信頼関係というのが垣間見られたような気がします。
たった一人今年初めてNEWSツアーについた森永くん、札幌で見たとき正直大丈夫かな馴染めてるかな!?って心配になるような感じだったんですが、3週間後福岡で見たらかなり馴染んだように、そして楽しんでいるように見えまして。レポで調べても、MCでいじられたりゴシさんとゲームしたりしていたみたいで。
これが、きっといい雰囲気でこのツアー回ったんだろうなって思った点。

 

NEWS、MADE、Jr.、air:manさん、スタッフさん、今年も素敵なツアーをありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今更ですが、2018年5月4日、MADE結成10周年おめでとう。
単独公演に行きたい、オリジナル曲を聴きたい、希望を言ってしまうときりがないけれど、とにかくまず願わせてほしいのは、これからも4人で、MADEとしてステージに立ち続けてくださいということ。
今年もこれからも、稲葉くんそしてMADEが大好きです!

10年経っても? \大丈夫!/*6

 

.

*1:後で調べたら、広島公演あたりから階段降りて捌けるのではなくなってたらしい

*2:福岡4/22 1部

*3:無茶ぶりは、MC押した回は省略されてた

*4:静岡公演からだったらしい

*5:ステージ周囲の柵越しにJr.が踊っていたのが見えた

*6:Web連載「MADEにおまかせ」5/8大河くんのブログより

MADEってどんなグループ?

 


突然ですが、改めて私なりにMADEのことを紹介してみる。

ある時突然MADEの誰かに落ちたそこのあなた、MADEのことをほんのちょっとだけ気になっているそこのあなた、「バックについてたグループだよね」「なんか見学に来てたような…」とかすかな記憶のあるそこのあなた、「メイド?誰がいるの?」って思っているそこのあなた。さぁこれを読んで、足を踏み入れてみましょうMADEの世界へ。

 

なお、これはあくまで「私の目から見たMADEの紹介」です。知識不足だったり考え方の偏りだったり主観入りまくりだったりすると思いますので、そのへんは温かい目で読んでいただけると幸いです。

 

【目次】

 

 


1.MADEとは?

f:id:seika2083:20180327190739j:plain

(↑ 向かって左から、福士・冨岡・稲葉・秋山)

 

f:id:seika2083:20180327004656j:plain

(↑ 上段向かって左から、冨岡・稲葉、下段向かって左から秋山・福士)

 

 2008年5月4日結成のジャニーズJr.のグループ*1で、現存するJr.のユニットでは最も長く活動している。2018年はMADE結成10周年の年。
メンバー変遷を経て、今は4人で活動中。

Musical Academy Dancing Expert」の頭文字を取って「MADE」。

一番多いお仕事は、NEWS・嵐のバック。その他、2015年までは滝沢歌舞伎にも出演していたり、2016・2017年と連続でABC座に出演していたり、KAT-TUNのバックにもついたことがあったり、カウコンに出てたり。歌番組で嵐やNEWS、タッキー&翼のバックにつくこともある。2016年と2017年は単独公演も開催。

メンバー同士とても仲が良く、仕事後にはよく一緒にご飯を食べに行くとか。

先輩のサポート・バックダンサー、演出、振付、衣装、なんでもできます。MADEのチームワークを活かした職人技は素晴らしい!

シンメはたいてい、秋山・冨岡、稲葉・福士。

グループ名にちなんで、ファンの呼称は「お嬢様」。MADEの単独公演はMADEがたくさんおもてなししてくれる、あたたかくて幸せな空間です。

Johnnys webにて「MADEにおまかせ」連載中。*2毎週火曜日にメンバーが交代でブログ書くよ。

 

2.メンバーについて

注)身長については媒体によって諸説あるため、ここではダンススクエアの情報を使っています。

  

秋山 大河(あきやま たいが)

f:id:seika2083:20180327003952j:plain

■誕生日:1992年1月1日
■血液型:A型
■入所日:2002年12月1日
(NEWS手越、JUMP八乙女、キスマイ玉森と同期)
■身長:178cm
■あだ名:大河くん
■メンバーカラー:赤
 
・演出振付構成担当
・振付稼業Taiga Akiyama(byとみけん)
・MADEの一番いい魅せ方を熟知している安心と信頼の秋山大河
・得意技は唇をぬぐうこと、ジャケットプレイ、ウィンク
・つまり視線泥棒
・ダンス中肩見せしてる人がいたら大抵大河くんだよ
・映り込みのプロ
・いつも確実にファンを狩る
・とても涙もろい
・とにかくあざとかわいい
・Web連載での一人称は「大河」(あざとかわいい)
・人の懐に飛びこむのが天才的にうまいらしい。*3コミュ力おばけ
・愛犬(イヴ君)にデレデレ
・小山さんやふみきゅんと仲が良い
・相葉ちゃんインロック事件の救世主らしい

 

稲葉 光(いなば ひかる)

f:id:seika2083:20180327004257j:plain

■誕生日:1990年10月17日
■血液型:O型
■入所日:2002年4月7日
(キスマイ北山と同じオーディションらしい)
■身長:182cm
■あだ名:いなぴ
■メンバーカラー:緑

・MADEのリーダー(うっかリーダー)
・100人ノッてもー?\大丈夫!!!!!/が定番のC&R
・ファッションの専門学校卒
・衣装担当。デザインだけでなく縫製までできるのは多分ジャニーズ内でこの人だけ*4
・派手な柄物が好きで、将棋柄のステテコがリハ着(先輩から不評)
・MADEいちの高身長、そしてモデル並みのスタイル
・だけど首がすわってない
・よくつまづいたり頭ぶつけたりする
・人見知り
・お祭りヤロウバカヤロウ(本人談)
・夏を全力で楽しんだ結果日焼けした2017年(お願いだから気をつけて…)*5
・MCなどで散らかしがち(大河「稲葉が喋ると散らかる」)
・後輩が選ぶMADEで一番怖そうな人ランキングNo.1
・目がとても悪いけどコンタクト怖いから裸眼らしい*6。切実に克服していただきたい
・増田さんと仲良し
・宮田会の一員。宮っちと仲いいよ!

 

冨岡 健翔(とみおか けんと)

f:id:seika2083:20180327003732j:plain

■誕生日:1992年7月8日
■血液型:A型
■入所日:2001年9月23日
(JUMP薮・伊野尾、宇宙Six江田・山本と同期)
■身長:177.2cm
■あだ名:とみけん、けんちゃん
■メンバーカラー:黄

・MADEの最年少だけどMADEで一番先輩
・自称「みんなの弟」だけど多分MADEで一番まともでしっかりしてる
・でも「末っ子」感が出るときがあってかわいい
・King&Prince岸くん「MADEで健翔くんが一番歳上ですよね?」*7
・MADEの単独公演のMCとかFC動画とかではたいていとみけんが回す
・アクロバット担当。滞空時間の長さと美しさは圧巻!
・体操を習ってたため、オーディションの段階でバク転ができた珍しい人(当時9歳)
立教大学文学部卒
・頭がとてもよく語彙力もすばらしい
・後輩をご飯に誘えないのが悩み*8
・優しい表情で一生懸命ファンサしているのがかわいい
・Web連載は内容的にも文量的にも読み応え抜群。自撮りも載せます
・技術、表現ともに素晴らしいダンス
・元クソアシメ(冨岡 クソアシメ [検索])
・スーツ姿に一番リアリティを感じるメンバーNo.1(私調べ)
・多分知れば知るほど一番沼

 

福士 申樹(ふくし のぶき)

f:id:seika2083:20180327003848j:plain

■誕生日:1991年2月6日
■血液型:O型
■入所日:2007年3月22日
(入所日近いのはトラジャ如恵留とからしい※本人談)
■身長:177.8cm
■あだ名:のぶ、のぶぅ*9
■メンバーカラー:青

・MADEの眼力担当でありイケメン担当
・目が大きいためしょっちゅう乾くらしく、目薬が欠かせない
・2017年からボイパ担当でもある
・高校生で入所し、MADEで一番後輩。野澤先輩よりも後輩
・MADE結成の半年後くらいにMADEに加入した
・向上心の塊で、努力を惜しまない人
国士舘大学理工学部卒。天文学専攻の理系
・Web連載の文量がすごい。そして毎回最後に俳句を詠む
・力強いダンスが魅力的
・滑舌がよくない。イントネーションが独特
・キスマイ北山にボイパの相談をしたとか
・他の3人が鍛えないからめっちゃ筋トレするらしい
・天然of天然。MADEのMC1回見れば絶対わかる
・MCではあまり喋らないけど喋ると何かが起こる(稲葉「のぶが喋るとみんな構える」)
・目が悪く見学のときとかは眼鏡で現れる。仕事ではコンタクト
・チュムチュム衣装がめちゃくちゃ似合う

 

3.これまでのお仕事(2014年~)

 遡るときりがないため、2014年以降のコンサート・舞台のみ載せます。
円盤化されているものに★をつけています。

*2018年5月21日時点

 

---2014年---
★滝沢歌舞伎2014(3/6〜5/6)
Hey! Say! JUMP LiVE with me(5/10〜11)*10
・ジャニーズ銀座*112014 G公演 ※They武道公演のバックとして出演(5/19〜21)
KAT-TUN LIVE TOUR 2014 come Here(7/8〜12/31)*12
★嵐 LIVE TOUR 2014 THE DEGITALIAN(11/14〜12/23)

 

---2015年---
★滝沢歌舞伎10th Anniversary(東京4/8〜5/17、シンガポール8/18〜8/23)
・ジャニーズ銀座2015 I公演 ※トラジャ兄組と"MAD"とMADEの合同公演(5/22)
★NEWS LIVE TOUR 2015 WHITE(東京ドーム6/13〜14のみ出演)
★嵐 LIVE TOUR 2015 Japonism(11/6〜12/27)
ジャニーズカウントダウン2015-2016

 

---2016年---
★NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO(3/26〜6/12)
・ジャニーズ銀座2016 E公演 ※MADE単独公演(5/10〜5/11)
★嵐 ARASHI "Japonism Show" in ARENA 2016(4/23~8/10)※冨岡が鹿児島長野横浜公演のみ出演*13
★ABC座2016 株式会社応援屋‼〜OH&YEAH!!〜(10/5〜10/27)
★嵐 LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?(11/11〜1/8)
ジャニーズカウントダウン2016-2017

 

---2017年---
★NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND(4/1〜6/11)
・ジャニーズ銀座2017 D公演 ※MADE単独公演(5/18〜5/20)
・ジャニーズ銀座2017 E公演 ※宇宙Six ・MADE合同公演(5/21〜5/25)
・ABC座ジャニーズ伝説2017(10/7〜10/28)
・お台場踊り場土日の遊び場*14MADE公演(11/11〜11/12)
・桃山ビート・トライブ ※冨岡(11/23〜12/3)
・嵐 LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」(11/17〜1/14)
ジャニーズカウントダウン2017-2018

 

---2018年---
 ・NEWS ARENA TOUR 2018 EPCOTIA(3/31~5/20)

 

4.MADEを見るならこれ!

 自分が見たことあるものを抜粋して紹介しています。
主観入りまくりです。ご了承くださいませ。

 

≪円盤≫

◆滝沢歌舞伎10th Anniversary

f:id:seika2083:20180327190755p:plain

日本盤ドキュメントにもシンガポール盤ドキュメントにも映ってる。
とにかくIZANAMIが必見。

 

・「あっちに鼠小僧がいました!秋山大河でした!」で私は大河くんを覚えた。
・北山くんの書道パフォーマンスで硯とか筆とか渡したりサポートしているのは稲葉・福士。
・薮くんのソロ曲「IZANAMI」のバックがMADEの4人。高身長5人が揃う様子は圧巻すぎるしまじでもう全員かっこよすぎる。「IZANAMI」は2016年のMADEクリエでも披露されたとか。

f:id:seika2083:20180327190753p:plain


・ローラースケートの前に「座長—!みんなの準備が整いました!」って元気よく言っているのが稲葉くん。ちなみにその後「アメイジング…!」って言ったのは現宇宙Six松本幸大くん。

f:id:seika2083:20180327190754p:plain

・日本盤のドキュメント編でSnowManと一緒にラーメン食べてるよ。

 

◆NEWS LIVE TOUR 2015 WHITE

f:id:seika2083:20180327190806p:plain

東京ドームのみ出演していて、メインバックではなかったものの、にこにこかわいいMADEが見れるので個人的にすごく好きな円盤。

 
・「Weather News」でシゲ先生とメンステで絡んでたり、「SEVEN COLORS」でメンカラ衣装着て楽しそうに踊ってるよ。
・とにかく「ロメオ2015」を見てくれ。黒スーツで踊るMADEさん超スタイリッシュ。

f:id:seika2083:20180327190758p:plain

 

◆嵐 LIVE TOUR 2015 Japonism

f:id:seika2083:20180526213521j:plain

そもそもコンサートとしての完成度が最強なので見応え抜群だと思います。

 

・見どころは翔さんソロ。翔さんと一緒にMADEがスネアドラムを叩いています。細かい動きもちゃんとそろっていて圧巻のパフォーマンス

f:id:seika2083:20180526213451j:plain

・個人的には「Troublemaker」の後半→「青空の下 キミのとなり」が好きです。3塁側に大河稲葉、1塁側に冨岡福士
・「日本よいとこ摩訶不思議」では、青いふわふわつけてバブリーなのが稲葉、白いスーツ着て踊ってるのが大河福士、アクロバット隊に冨岡
・全体的に大河くんが髪色明るいこともあってよく目立ってます
・「SUNRISE日本」でのJr.紹介は と に か く か わ い い と声を大にして伝えたい

f:id:seika2083:20180526213751j:plain

 

◆NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO

f:id:seika2083:20180327190809j:plain

 映り込み多めなのは、「LIS’N」「NEWSCHOOL」「愛のエレジー」「Wonder」あたりかなと。

 
・「愛のエレジー」では色気ダダ漏れMADEさんが見れます。そして肩出しがTHE秋山大河って感じでもう何も言うことはない。
・「LIS’N」は秋山・冨岡の映り込み多め。とみけんちゃん途中めっちゃ回転してる。

f:id:seika2083:20180327190807j:plain

・個人的には「Wonder」が好きです。そもそも曲が好きっていうのもあるけど。
・シゲソロでシゲ先生を持ち上げたりしている全身タイツ4人組もMADEだよ。通常盤の特典映像でわかる。
・大河くんがair:manさんの振付助手をやっていたのは後から判明。*15

 

◆ABC座2016 株式会社応援屋‼〜OH&YEAH!!〜

f:id:seika2083:20180327190810j:plain

MADE全員セリフあります。何かと色々やってます、色々映ってます。

 

・冒頭のスネアドラムのパフォーマンスと、野球部員姿での本編最後部分と、ショータイムの「Shower Gate」が見どころ

f:id:seika2083:20180327190813j:plain

・最初のコンビニのシーンでみんなちょい役やってる。写真は万引き中の様子(大河くん)

f:id:seika2083:20180327190811j:plain

・殺陣のシーンにもいるよ
・にこにこと「サポーターズ!」を踊る姿はなんだか涙腺を刺激される。『あの日 約束した未来まで 今はまだ遠いけど いつか届く』……泣ける……

 

◆嵐 LIVE TOUR 2016-2017 Are you Happy?

f:id:seika2083:20180327190804p:plain

「Sunshine」とか「Amore」が映り込み多め。

 

・「Sunshine」では最初秋山冨岡が翔さんとにこにこ踊っててかわいい。後から稲葉福士も合流する。

f:id:seika2083:20180327190800p:plain

・「Amore」ではとにかくガチャガチャ盛り上げてるので観ててとても楽しい。途中で自転車になるよ。色々と職人技すぎる

f:id:seika2083:20180327190802p:plain

 

◆NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND

f:id:seika2083:20180327190805p:plain

全体的にめっちゃ映っててNEWSさんに圧倒的感謝。

 
・「D.T.F」でNEWSさんの真後ろにいるMADEちゃんがとてもかわいい。
・「Brightest」でNEWSの黒子をやっているのはMADEです。

f:id:seika2083:20180327190757p:plain

・「恋のABO」のBメロで稲葉くんのお尻がバーンされてる。増田さんありがとう!!!!!
・「ORIHIME」では冨岡・HIKOBOSHI・健翔さん*16が彦星役をやってるよ。(織姫役は新藤樹力くん)しなやかなダンスがとっても美しくて思わず見とれる。

f:id:seika2083:20180327190803p:plain

・「Silent Love」はNEWSとMADEの8人でのパフォーマンスで、1つのグループに見えるように構成されたものとのこと*17。私の語彙力では表現しきれないくらいめちゃくちゃかっこいい。

f:id:seika2083:20180327190756p:plain

・後半ではフロートに乗って旗振るMADEが見れます。

 

≪その他≫

ダンススクエア*18のリレー連載「Johnnys’ Jr.徹底解剖」にて、MADE一人ずつ6ページかけてインタビューとか詳しいパーソナルデータとかが掲載されている。インタビューではそれぞれの仕事へのスタンスやこれまで・これからのこととかも語られているので、読み応え抜群。
バックナンバーとか売っている本屋もあるので、チェックしてみる価値あり。

 Vol.21:稲葉
 Vol.22:冨岡
 Vol.23:福士
 Vol.24:秋山

 

-------------------------

 

こんな長文書いてしまっているけれど、MADEの魅力はこんな文面だけでは3割も表現しきれない。MADEの良さは、実際にそのパフォーマンスを見てみてわかる。1年半ほどMADEを応援してきて、そう確信しているのです。

なので皆さま、ぜひMADEに注目してみて、彼らのパフォーマンスをその目で見てみてください。きっとそこには、新しい世界がきらめいているはず。

 

 

≪更新履歴≫

・2018/5/21:「3.これまでのお仕事」に嵐Japonism Showを追加

・2018/5/26:「3.これまでのお仕事」を最新化、「4.MADEを見るならこれ!」に嵐Japonismを追加、誤字の修正や細かい追記

 

.

*1:5月3日説と5月4日説があったが、2017年の単独クリエにて5月4日でおそらく確定した

*2:2017年6月20日

*3:WinkUp2016年12月号より

*4:2016年・2017年クリエでのデニムの衣装はいなぴ作

*5:焦げた状態で2017/9/18 MステSPにてタッキー&翼のバックについたためファンがざわつく

*6:2015年9月頃のTV fanより

*7:2017年単独クリエ5/20昼公演の「We are the T&T」にて暴露された

*8:2017年湾岸LIVE 11/12夜公演のMCより

*9:2017年単独クリエにて決定したあだ名

*10:2014年ツアー「smart」の円盤にダイジェストで収録されています。映り込みは少なめだけど、最後に「MADE!」って紹介されてます

*11:いわゆるクリエ

*12:京セラカウコンに出演

*13:寺西が怪我をしたため、代打で急遽出演したらしい。あゆはぴの初回盤に収録

*14:通称:湾岸LIVE

*15:ダンススクエアVol.23より

*16:本人がWeb連載でそう言ってた

*17:ダンススクエアVol.20より

*18:日之出出版から出ているダンスの専門誌。ジャニーズJr.がよく取り上げられている神のような雑誌

薮くんは世界一のアイドル!

 

 

今年もやってきました、1月31日。

薮宏太くん、28歳のお誕生日おめでとうございます!

 

薮くんのことを書き綴るのは1年ぶりということで、稚拙な文章ながら色々と書かせてください。

 

薮くん関連で、特に印象に残っているのが、I/Oth Anniversary Tour 福井公演初日。

このツアーに入る前、実はものすごく不安だった。2017年前半は別の現場に全力を注いでおり、それがあまりにも楽しかったため、私はJUMPのツアーを楽しむことができるのか、薮くんを見ても、もう何も思わないんじゃないか。そんな不安を抱きつつ、福井に降り立った8月11日。

だけどそんな不安は、コンサートが始まり、メンバーが登場した1秒後に塵となって吹っ飛んだ。ステージに立つ薮くんがめちゃくちゃ輝いて見えた。なんだろうこのカッコよさは。この人以上にステージの似合う人はいるのだろうか。忘れかけていたときめきが、一瞬にして蘇り、鳥肌が立った。

そして、本編ラストの「H.Our time」。心込めて歌っているJUMP9人の姿にぐっときていた中で、薮くんのパートに差し掛かったとき、薮くんの声がいつもと違うことに気づいた。薮くんを見てみたら、泣いているように見えたから、すごくびっくりした。

そのあとの、一人ずつの挨拶。いつもならすらすらと言葉が出てくる薮くんが、ゆっくり、一つ一つ紡いだこの言葉が、その後数日頭から離れなかった。

 

「ダンスが上手くなりたい。歌が上手くなりたい。芝居が上手くなりたい。かっこよくなりたい。そう思うのは、もっともっと僕のことを好きになってほしいから、…頑張ってます」

 

こんな言葉を聞くことができるなんて、と。

薮くんって自分のことよりもグループのことを優先して喋る傾向にある気がして。それはグループのことをたくさん愛しているという、薮くんの好きなポイントに一つではあるけれども、薮くんに対してしばらくもどかしくことでもあった。ずっと、「アイドルとして、薮くん自身はどうなりたいと思っているのか」を知りたかった。初めてそれをこの耳で聞くことができて、素直に嬉しかった。

 

薮くんはアリーナツアー期間中、挨拶は一貫してこの言葉だったという。薮くんは本当に、この言葉を「伝えたい」と思ってくれていたんだな、と思うことにしている。

 

 

 

 

同じく印象に残っていた、2017年6月初旬に発売されたPOTATO。

薮くんの紡ぐ言葉って、いつもいちいち興味を掻き立てられるのだけれど、このPOTATOは特に、思わずじっくり読み入ってしまったもの。

テーマは、「キング・オブ・アイドルとは」。薮くんは、このように語っていた。

 

「アイドルとしてのキングは、ステージの上で光を放つ人」

「ステージでは完ぺきなアイドルとして輝くっていうのが、オレにとってのキング・オブ・アイドルの条件」*1

 

薮くんの語るアイドル像は、私にとっての薮くんの姿そのものだった。それでも薮くんは、「もっともっと好きになってもらいたいから」と、ステージに立つ。その言葉の通り、福井公演の後の静岡公演も、和歌山公演も、他の現場を経てからの年末年始の東京ドームも、そのたびに私はまた、薮くんへの「好き」を更新していった。ステージに立つたびに、もっともっと好きにさせてくる薮くんのことが、私はやっぱり大好きだ。担降りなんてできるわけがないだろと、数か月前の自分を殴ってやりたい。

私にとって、薮くんは紛れもなく世界一のアイドルなのです。

 

 

アイドルを信じるなんて、不幸にしかならないのではないか、と思うことがある。私たちファンは、アイドルの断片的な部分しか見ることができない。言葉なんていくらでも偽れるし、アイドルをする上で自分のすべてを見せる必要なんかない。そんなことはわかってる。

それでも、この1年間薮くんを見てきて、アイドル薮宏太さんのことを、これからもずっと信じていきたい、という結論に至ったのである。薮くん、君にはやっぱりもう降参です。

 

 

「数多くのアイドルグループからHey! Say! JUMPを選んでくれて、9人の中から僕を選んでくれてありがとう」。*2薮くんはアリーナツアーの挨拶でそんなことを言ったけれど、私からしてみたら、選ぶとかではなかった。2年前、たった1回、ステージに立つ薮くんをこの目で見ただけでその魅力に圧倒され、好きになる以外の道がなかった。何があったって、ステージで歌って踊る薮くんを見れば、一瞬でときめきが蘇り、幸せだと感じる。 

だから、28歳の薮くんにも、もっと歳を重ねた薮くんにも、堂々とステージに立っていてほしい。これからも、ステージ上で光を放ち続けてほしい。

そんなことを願いつつ、この記事の締めとさせていただきます。

 

薮くん、アイドルでいてくれてありがとう。薮くんの代わりは誰もいません。今のこの時代、この広い世界で、たくさんのアイドルがいる中で、薮宏太さんというアイドルに出会えて、本当によかった!

 

 

.

*1:POTATO 2017年7月号より引用、一部抜粋

*2:言っている公演とそうでない公演があります。言葉はニュアンス

2017年のヲタ活まとめ


仕事納めも現場納めも済んだので、今年のヲタごとを振り返ってみる。

 

***************
【現場の振り返り】

Hey! Say! JUMP LIVE 2016-2017 DEAR.(1/1)
去年、仕事があったため京セラカウコンで年越せなかったのが悔しすぎて、今年も仕事だけど今回こそは這ってでも行ってやるからな!!という意地で入った。開演5分前に滑り込み着席でした。
雪辱は果たしたことになるけど、やっぱり京セラカウコン行けなかったのは結局悔しいままで、あの公演の代わりになるものはこの先も何もないんだなと思った。
余談ですが、この公演そこまで無所詳しくなかった時期なんだけど、Jr.出てきたとき真っ先に谷村見つけた自分に笑った。自分の谷村センサーすごい。

 

A.B.C-Zハイタッチ会
ミーハー心で参加させていただきました。
ふみきゅんがしっかり目を合わせてハイタッチしてくれたのが印象的。

 

■NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND(静岡4/29、4/30昼夜、広島6/3、6/4昼、東京6/10、6/11)
「どーもーNEWSでーす!!!4月から、コンサートツアーやりまーす!!!」
カウコンでの小山さんのこの言葉ですべてが始まった。2017年はNEWSのツアーに絶対行くんだ、MADEを見るんだと決めていたため、去年の暮れにNEWSのFC入会して、さぁ準備万端いつでもツアー発表来い!と待ち構えていたら早速でした。まだ2017年始まって1時間経ってないよ。色々熟考して、アリーナクラスの会場でもドームクラスの会場でも見たい!って思い、静岡と東京を選びました。
1月~4月中旬はヲタ活セーブしてたし、Jr.のうちわ持参してコンサート入るの初めてだし、そもそもNEWSのコンサート入るのも初めてだし、静岡初日開演2時間前くらいから死ぬほど緊張していたのはいい思い出。
このツアーは、良かったなぁ感動したなぁって思うところが多すぎてちょっと語りきれない。こんなに隅々までぬかりなく作りこまれたコンサートは初めてで(一方でノープランなMCもこれまた良き)、NEVERLANDという世界に頭のてっぺんから足のつま先までどっぷり浸かった1か月半でした。
クリエが終わった時点で、やっぱりもう一回アリーナクラスの会場入りたい!!って思い立ち、公演3日前に諸々の手配を済ませて広島にとんだときは自分の行動力にひいた。
レポブログにも書いたけれど、このNEVERLANDというツアーじゃなかったら、こんなにたくさん「入りたい!」とはきっと思わなかった。MADEをはじめとするJr.がよかったのはもちろんだけど、それを抜きにしても、このツアーは入ることができて本当によかったって思う。祝円盤化!!!!!

 

■ジャニ―ズ銀座2017(MADE単独5/18、5/19昼夜、5/20昼夜、宇宙MADE合同5/23昼、5/24夜)
今年一番行きたいと思った現場は確実にこれ。去年MADEを好きになったとき、たとえ何かほかの現場をあきらめることになったとしても、クリエだけは何が何でも絶対に行くぞと決意しました。そしたらまさかの合同クリエもあるという。単独・合同と1週間MADEの出番が続くことになったため、早すぎる夏休みを取得して日比谷に通うことにしました。後悔は1ミリもしていない。
あと○日でクリエが始まる……!!!!とあまりにも緊張しすぎていたのか、単独クリエ初日開演前は一周回って無になってた。限度を越した人間ってこうなるんだね。
初めてMADEがメインとしてステージに立つ姿を見れて、初めてMADEの歌声を聴けて、初めて「100人のっても?」\大丈夫/ができて、とんでもない近さでイケメン4人を拝めて、稲葉くんかっこよすぎて意味わかんなくて且つめちゃくちゃ自由で、しかもフォトセ売ってるから売り場で「稲葉くんのフォトセットください」って言うの楽しくて(確か5セットは買ったと思う)、もうすべてが感無量でひたすら楽しくて幸せで、単独公演最終日は終わってほしくなさすぎて家帰ってから泣いた。
からの、次の合同クリエが最高すぎて、いつまでもめそめそしてんじゃねーぞと全力でグーで殴られた感覚になった。スワンソング歌う稲葉くんかっこよかったなーーーからの黒スーツ集団10人のリアデラ大迫力すぎて腰抜けそうになった。
クリエは滅多にない機会だし、絶対に忘れたくなかったから、毎秒毎秒必死に記憶に留める努力をした。そのおかげなのか、もうクリエから半年以上経つけど、割と鮮明にいろんな場面を思い出すことができます。
全公演終了したとき、2017年悔いなしって思った。そして、クリエの記憶を冷凍保存してもうヲタ卒したいって思った。(1回目)
これが終わってからしばらく、私の時間はここで止まったままになった。

 

■音楽喜劇「のど自慢」~上を向いて歩こう~(7/2夜)
何気にわたしふみきゅんの現場色々行ってる件。
この舞台では寺西の歌の上手さに脱帽。え、こんなに上手かったの!?ものすごいびっくりしたよ。
そしてチケット取った日が偶然とっつーゲスト回で、客席を走り回るパンク次郎さんの姿が忘れられません。爪痕残しすぎだろブラザー。*1


A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour 55(横浜8/8、8/9)
FNSうたの夏まつりでわらわらジュニアがついていたのを見て、お!?って思ったけど確信はなかったから、横アリ初日に「Take a 5 Train」でかげちゃん見つけたとき嬉しかった。にっこにこ笑顔なかげちゃんかわいすぎて脳みそ溶けた。アイドルって沼。ここでやっと、クリエで止まったままになった私の時間がやっと動き出した。ありがとうかげちゃん~~!!
本編最後が昔の映像を映しながらのざえび。そして、アンコールの一番最後がサポーターズ。いやいやこれは反則。感動せずにはいられない。ファンにも後輩にもやさしいA.B.C-Zの、これからの活躍を願わずにはいられなかった。本当に本当に、デビュー5周年おめでとう。
このコンサートで改めて、「花言葉」っていい曲だなって思った。宇宙Sixがクリエと湾岸でやってるの羨ましい!
そして「Lily white」でふぉ~ゆ~がステージに上がってきたのでびっくりした。初めての生ふぉゆ。

 

Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour(福井8/11、静岡8/20昼夜、和歌山10/1昼夜)
発表あったとき、アリーナ―かよ!!まじかよ!!血を見るぞ!!と思った。今のJUMPでアリーナツアーって何の無茶かと。
JUMPを生で見るのは7か月ぶりで、その間色んな事があったけど、ステージに立つ薮くんを一瞬見るだけで、「やばい私薮くんのことめちゃくちゃ好きだ……」ってなるのが不思議。薮宏太さんというアイドルを好きになって、本当によかったと改めて思う。薮くんは世界一のアイドル!!!!!
曲ラストでキーボードの伊野尾くんを囲んでみんなぎゅっと固まってて可愛かった「Star time」、文字通り薮様御一行だった「Born in the earth」、公演重ねるごとにカオスになっていったBESTコーナー、なんだかんだめちゃくちゃ楽しんだ。行けてよかった。
ちなみに行ったの全部地方だけど1回も宿泊してない。耐久レースかよ。*2

 

Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2017 MUSIC COLOSSEUM(横浜8/13昼)
まさかのアリーナツアーでびっくり仰天。今年は1公演のみの参戦。
それなりに他のグループの現場に行ってからの1年ぶりのキスマイツアー、MCの感想は「この人たち男子中学生かよ」でした楽しかった。*3
そしてまさかのバックがTravis Japan~~~!!!ここでトラジャを見れたのは嬉しい誤算!トラジャの活躍がとにかく素晴らしくて。ちゃんとバックダンサーの仕事をしつつ、随所随所で自己アピールもできて。Jr.コーナーでは圧倒的なダンスを見せてくれて。新しい層のファンを取り込むチャンスを、しっかりとモノにできたのがわかった。
インタビューとか読む限り、キスマイとトラジャとても仲良くなったみたいでなんだかとても嬉しい。
ちなみにこれが初のデジチケだったんですが、私だけでなく3人分の責任を背負ってると考えるとプレッシャーで震えた。今年のジャニヲタ的流行語大賞はきっと「デジチケ」。

 

関ジャニ'sエイターテインメントジャム(東京8/14)
今回もお邪魔してきました!今回は前半がバンド・後半がバンド以外と、メリハリのついた演出になっていたことが印象的だった。そのおかげなのか、前回の東京ドームよりも、私みたいなミーハーなファンでも安心して楽しめた気がします。あと丸ちゃんがとにかく爆イケ。丸ちゃん結婚してくれ。(軽率)
関ジュがついたのはちょっとびっくり。林真鳥くんが踊りながら客席のうちわを把握して、ダンスの合間合間でばっちりファンサして客を狩っていたので、やっぱりあの人やばいなと思いました。

 

■GACHI~全力 entertainment 4U~(8/19夜)
ふぉ~ゆ~主演舞台。歌ダンス演技女装爺コス寄席ロボット侍と盛りだくさんだったので、終わった後の満足感がすごかった。
越岡さんロイヤルだったし辰巳さんの色気ダダ漏れだったし福田さん演技はだったし松崎さんのダンスすごく綺麗だったし、ふぉゆは魅力のオンパレードだなと思った。ふぉゆは窓系列の希望の星。

 

■JOHNNYS’ YOU&ME IsLAND(9/13夜、9/27夜)
前回のアイランドには入ってなかったので、初アイランド。立ち位置とか予習したくてレポたくさん漁ったんだけど、「タイタニック??トニトニ??宇宙???」とはてなマークだらけになり、どんな流れで進むのかがどうしても理解できなかった。入ってみて、「考えるな、感じろ」の舞台だなと納得。
三味線やら太鼓やら殺陣がかっこよくて、一方でユニット組や無所あらゆる子にちょっかい出すのがかわいくて、かげちゃんの可能性は無限大や~~~と思った。結論、かげちゃんはヒトタラシ。
そして夢アイで初めてトラジャの「夢のHollywood」を見て、めちゃくちゃ泣いた。単にかっこよかったっていうのもあるけど、一人ひとりのスキルが圧倒的に高くて、これまでたくさんの苦難があって、MADEとも縁のあるトラジャが初めてもらったオリジナル曲ってことを考えると、色んな感情が入り混じって涙が止まらなかった。私はトラジャ担ではないけれど、トラジャには絶対に報われてほしいと思う。

 

■ABC座ジャニーズ伝説2017(10/9夜、10/17夜、10/24夜)
つくんだろうなあと思っていたけど申し込みしたチケットは全滅。途方に暮れていた私に声をかけてくださった皆さん、本当にありがとうございました。
稲葉くん誕生日公演にも入ることができました。ラストの挨拶で「今日誕生日です!稲葉光!」って言っていて、自分から主張しに行った稲葉くん見て嬉しかった。よくやったいなぴ!!!
忘れもしない去年のえび座から1年。すっかり現在地は沼の底。

 

■お台場踊り場土日の遊び場 MADE公演(11/11夜、11/12朝昼夜)
まさか年に2回も単独があるなんて思わないじゃないですか。完全に予定外だった現場。
MADEの現場にはできる限り入りたいと思っていたので、初日は友人の披露宴からハシゴした。色んな人に呆れられたけど後悔してない。
すごい楽しかったし、かっこよかったし、「MADEが好きだ!!」って幸せな気持ちになったし、いなぴの顔と手と腕がきれいすぎて思わず見惚れたし、いなぴの「行くぜ湾岸!!!」がもう一回聞きたすぎるし、もし億が一いなぴの視界に入ってたら申し訳なさ過ぎて穴があったら3年くらい入っていたいし、もうこのままヲタ卒したいって思った。(2回目)
どこまでもヲタク気質な私をここまで燃え尽きさせるMADEさんすごいぞまじで。

 

■桃山ビート・トライブ(11/25昼)
やまりょちゃん・めめ主演、とみけん・佐野瑞樹さん出演の舞台。
ストーリーや演技はもちろんなんだけど、「戦国ロックバンド」と言われるだけあって、耳からの情報(音楽)が強烈で、一切飽きさせることがなくて。とにかく充実の3時間だった。
とみけんちゃんは原作にはないオリジナルの役だから、どんな感じでストーリーに組み込まれていくんだろうって気になっていたんだけど、予想以上にコミカルな役で超笑った。そして身体能力の高さに改めて脱帽。めっちゃ回ってた。

 

■嵐LIVE TOUR 2017-2018 「Untitled」(東京12/1、12/26)
ありがたいことに、今年も入ることができました。
またツアー途中だから詳しいことは書かないけれど。素晴らしいの一言。嵐先輩はエンターテイメントを極めようとしているのだろうか。
私は人のご縁と良心に生かされていると、また実感しました。

 

Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017-2018(東京12/29、12/30)
感想がまとまっていないしまだ終わっていないのでこれもまだ詳しいことは書けないやつ。
ドームという大規模な空間を生かした迫力のある演出が圧巻。

 


【その他印象的だった出来事】
■Jweb連載「MADEにおまかせ」開始(6/20~)
火曜日に楽しみができた。毎週火曜日の夜、心のすさんだ社会人ヲタはMADEの書く文章に癒されています。
定期的にMADEのことを知れるって、きっとものすごく幸せなこと。これからもこの幸せを噛みしめて、毎週の更新を楽しみにしています。

 

■ダンススクエアVol.21の発売(「徹底解剖」第7回稲葉光)
公式アカウントでの予告ツイート見て目を疑った。ダンスクの「ジャニーズJr.徹底解剖」は毎号楽しく読んでいたコーナーで。いつかMADEの番が来てほしいなぁと思っていたら、予想していたよりもはるかに早くその時がやってきた。まじか。
期待しないでおこうと予防線張って(ほんとはめちゃくちゃ期待してる)、発売日当日の朝いちで本屋に駆け込んで購入した。意を決して中身を見たら、予想の100万倍かっこいい稲葉くんが6ページも載っててぶっ飛んだ。家宝にしてます。
どうかMADE全員回りますように!

 

■「ウチの夫は仕事ができない」の放送(薮くん出演)
自担が一般的なドラマに出ている姿をリアルタイムで見るのは、実はこれが初めて。自担が会社では嫌味な言葉を吐いてるのに家に帰ったら年上女性に甘えてて、最終的に主人公を「アニキ」と慕い、最終回ではついに結婚式を挙げている姿を見れるってなんのご褒美。田所くんと共に楽しい3か月間を過ごすことができました。

 

 

【総括】
■ヲタクとしての経験値が上がった
去年までは遠征って大阪名古屋のみだったんだけど、今年は静岡広島福井和歌山と今まで遠征したことのない土地に行った。福井和歌山に関しては生まれて初めて降り立った。交通手段とか周辺のこともたくさん調べたし、この歳になって初めて一人で飛行機乗ったし、経験値は上がったと思ってる。
ちなみに今年一番気に入った地方は広島。さくっと宮島観光もできたし、グリーンアリーナ快適だったし、会場周り栄えていて飲食店もたくさんあるし、宿泊場所にも困らないから優勝。

 

■とにかく現場数が多い
ジャニヲタ4年目なんだけど、今までで一番行った現場数が多い。数えてみて血の気が引いた。41て。じゃあどれか行かなくてもよかったのかなって今年の現場一覧眺めてみるけど、どれも削れないものだからしょうがない。

 

■レポ始めました
NEWS静岡から、メモとペンを持参して現場に行くようになった。理由は、Jr.を応援するようになり、クリエとか円盤化されないし、バックでついたツアーは円盤化しても映らない部分多いだろうなと思って、自分の目で見たものをできる限り覚えておきたいから。スペック低い脳みそだからいつもすぐ忘れてしまうんですが、たとえ他の人がすでに同じレポしていても、たとえ内容が不完全でも、自分の言葉で何か書き留めておくと、芋づる式に他のこととか、その時の空気とかを思い出せるような気がするんですよね。現場数多かったけれど、今年はちゃんと記憶に残る現場が多かったと感じるのはこのおかげかも。
あとMADEのレポはまとめてブログにアップしていたりするんですが、拙いレポで申し訳ないけど、未来のMADE担がMADEの過去のことを調べる一助になればいいな、なんておこがましいと自覚しつつ思っています。

 

 

【来年の目標】
■現場を減らす
正確には、現場の取捨選択を適切にするということ。時間とお金の兼ね合いもあるし、せめて30公演以下には収めたい……。

 

■無理はしない
今年はちょっと無茶をした部分もあり、随所随所でヲタクをすることに対して疲れたことが多々ありました。人と比べて勝手に落ち込んだり。精神衛生上もよろしくなかったので、来年はもっとマイペースに、人と比べず、自分なりの応援の仕方をすることをテーマにしたい。
そして来年は慌ただしくなることが予想されるため、できる範囲でのヲタ活にしたい。後悔したくないのは今までと一緒なんだけど、できる範囲でできるだけのことをする。
そして来年はヲタごと以外でも一つ目標があるので、そちらの方にもエネルギーを使えるように。

 

■来年もクリエに行く
今までの2つの目標は一体って感じですが、クリエはできる限り行きたいな…。来年は5月ってちょっと色々微妙な時期なんだけど、MADEのクリエが私の行ける日程であることを祈ってる。

 

■遠征するのであれば北海道と九州に行く
九州に至っては降り立ったことすら一度もないので、もし遠征することになったら行ってみたいと思ってる。北海道は、遠征している方々がTwitterに載せる食べ物の写真を見ていいなーーーーーって思ったので行きたい。(目的が食かよ)
どちらも飛行機乗らなきゃいけないから今までちょっと気が引けてしまっていたけど、今年和歌山行ったとき復路だけ飛行機使って以来、ちょっとだけハードルが下がった気がする。

 

***************


今年を振り返ってみて、去年に引き続き、人の温かさが身に染みた一年間だったなと改めて思います。あらゆる場所での大小様々なご縁のおかげで、今年も思いっきり楽しむことができました。私と関わってくださった皆様、ありがとうございました。
こんなしょうもないヲタクですが、よかったら来年もよろしくお願いいたします。

それではよいお年をお迎えください。


.

*1:薮くんがとっつーのことを「ブラザー」と呼んで慕っているので私も勝手にそう呼んでる

*2:ここ数年で一番夜行バス使ったのは明らかに今年

*3:某ガヤさんが乳首狩ってた

湾岸MADE公演の記録

 

 

お台場踊り場土日の遊び場(通称:湾岸LIVE)MADE公演お疲れ様でした!

8月30日、仕事終わりに情報局からメールが届いてるのに気づいて、また何かジュニアのコンサートが決まったんだ~へ~MADE……MADE!?!?って出演者欄みてびっくりしたのはいい思い出。MADEの単独公演は年に1回、クリエしかないと思っていたので頭混乱した。

 

というわけで、MADE公演こんなかんじだったってことを記録として書き綴る。

雑です長いです。そして把握できていないところもあるので、諸々ニュアンスです。

 

◆日程:2017/11/11(土)~12(日) 全5公演

◆場所:湾岸スタジオ特設会場

 

***

■NEVER AGAINKAT-TUN

幕があくと、4人が薄暗い中ステージの中央に立ってる。白い衣装で、マントみたいなものを羽織ってる。

稲葉くんの『Listen』で曲が始まる。

のぶちゃんがラップとボイパを担当してるんだけど(間奏のラップはとみけん)、ボイパがクリエのときよりも断然上達しているのが素人でもわかっておおってなった。練習したんだろうなぁ。

ぺーぺージャニヲタはこの曲初聴でした。1日目終わって地元のTSUTAYAでアルバム借りてきて、2日目移動時間に覚えた。すごい好きな曲だと気づいた。

 

 【歌割り】

 「Bounce .Come on!〜」→福士

 「I never understand〜」→大河

 「Easy come easy go〜」→冨岡

 「Never forget everything〜」→稲葉・福士

 「ためらいの迷路で」→福士

 「彷徨う二人」→稲葉

 サビは全員

 間奏のラップは冨岡、ボイパは福士

 「Everythingもう一度〜」→稲葉

 「I never understand〜」→大河

 「優しさだけじゃ〜」→冨岡

 「You are my everything〜」→稲葉

 (今なら言える〜→福士)

 「運命は?」→全員

 「No fake」→大河

  サビは全員

 

■バンビーナ/NEWS

イントロで稲葉くんが客席を煽るんだけど、「お前ら声出せんのか!」からの「行くぜ湾岸!!!」がめっちゃテンション上がる!!最高すぎる!!!特効がほしい!!!(スタジオ燃える)

というかいなぴの強めの煽りかっこよすぎでは。

サビとかで衣装の裏地が派手な柄のマントを広げたりするんだけど、それが美しくて気品があって。どこの国から来られたんですか?って聞きたくなる。

で、セリフ担当がまさかのとみけんでまぁびっくりだよね。実際に聴いたときぶっ飛んだよね。悲鳴というかもはや断末魔だったよね。これ誰が決めたの???バンビーナやるとしてもセリフはきっと大河ちゃんだろうなって思ってたよ勝手に。

曲終わりで衣装のマントは脱ぐ。

 

 【歌割り】

 「濡れた唇〜」→冨岡・福士

 「指輪の傷跡〜」→稲葉・福士

 「なぐさめあって〜」→稲葉・冨岡

  サビは全員

 「甘すぎる声を〜」→大河

 「もっと感じさせてやるよ」→冨岡

 大サビのフェイクは大河

 

■4+FAN/NEWS

ついにこの曲がきた!!

掛け声はもちろん「M!A!D!E!」。楽しい。

 

Dear WOMANSMAP

この曲の初めで、1人ずつ挨拶。大河→稲葉→福士→冨岡の順番で。

大河くんは「お嬢様、今日はMADEにおまかせ〜♡」(あざとかわいい)。稲葉くんはクリエに引き続き「やっほー」\やっほー/やってたけどこれ好きだね???

お嬢様へ「ようこそ」という意味を込めてこの曲をやりますってことで、曲が始まる。

『心からありがとう』のところで4人そろってぺこりと一礼するのがかわいい。

曲の最後の方で外周側に客席降り。下手側が大河福士、上手側が冨岡稲葉。

サビのみでした。

 

■Magic PowerHey! Say! JUMP

それぞれお立ち台で。クリエでやったときの振り付けでファンと一緒に踊る。稲葉くんちゃんと「まーえ!うしろ!」って言いながら踊ってたのかわいい。踊りながら真顔でガン見してごめん。

これもサビのみ。

 

■Happiness/嵐

Yeah Yeah Yeah!を最初後列のファンが言って、次に前列のファンが言う。稲葉くんまじぱに引き続き最初は上手側前列のお立ち台にいて、後列のファンが言うところでは「まだ!まだだよ!」みたいな表情してジェスチャーしてたの超かわいかったし超顔がきれいだったしなんかもうしんどい。

これもサビのみ。

 

■前向きスクリーム/関ジャニ∞

8-9列通路に移動。みんなで\ハイハイハイハイ/するの超楽しい。

これもサビのみ。

 

KAGUYA/NEWS

ステ―ジに戻って、傘を使ったパフォーマンス。

『恋してるノンフィクション』で右側向いてシーってポーズする振りのところが美しすぎてかっこよすぎて息をのんだ。

 

 【歌割り】

 「今は昔〜いふものありけり」→大河・稲葉

 「三月ばかり〜なりぬれば」→冨岡・福士

 「風の噂に〜」→大河・稲葉

 「月のように〜」→冨岡・福士

 

■Wonder/NEWS

大河「まだまだいくぞー!」で曲が始まる。クリエに引き続きのWonder!!!やっぱり私Wonder超好き。

歌割りと構成は今年のクリエと同じ。

 

■CANDY~Can U be my BABY~/中島健人 ※冨岡・福士

セクゾをかじっていない自分のジャニヲタ人生、まさか\Love ケンティー/って叫ぶ日が来るとは思いもしなかった。ケンティーさんとノブキーさんのユニット曲。

「Loveケンティー」「Loveノブキー」って書いてあるキャンディーの形した板を持って歌うんだけど、超―――――かわいいの。なにこの平和な空間。

 

■夢物語/タッキー&翼 ※秋山・稲葉

稲葉「こっちだよーーー」って後ろから声がすると思ったら大河ちゃんといなぴがメンカラの衣装着て後ろ通路にいた。

Aメロの掛け声は \たいが/ と \ひかる/ 。

『君との距離を測るんだ』のところで大河ちゃんと稲葉くんが向かい合ったり、最後の『恋の花』で両手をL字にする振りのところ二人で片方ずつやってたり可愛いが渋滞してた。

曲終わって、とみけんとのぶちゃんもメンカラ衣装着て後ろ通路に登場。

 

■エナジーソング~絶好調超!!!!~/嵐

稲葉「それでは皆さん、お手を拝借!」で曲が始まる。たぶんクリエと同じ尺だったと思う。

『この4人とみんなが集まったら』\ハイ!ハイ!ハイハイハイ!/  楽しい!!!!!

曲終わりは『それじゃMCです!』。なるほど、と思った。

 

■MC

細かい内容は書ききれないので、ざっくりとメモ。

・最初は客席に散らばってしゃべる。それぞれ「今日ここ行くわ~」と気分で。稲葉くんエナソンラストで後ろ通路にいるから、「それでは皆さんお座りください」のとき多分毎回通路に腰かけて見えなくなってたww

・8-9列通路で後半にやるとある曲(いちいち近づけるだの近づけないだの言うからバレバレ)のセリフをかけてじゃんけん。勝ったのは、11日昼公演→のぶ、11日夜公演→とみけん、12日朝公演→いなぴ、12日昼公演→大河、12日夜公演→いなぴ。

・その後ステージに戻って、見学紹介(11/11昼がふみきゅんとのんちゃん、11/11夜がしめちゃんしずや、11/12朝がのえる)とか。 

・「MADEのごきげんよう」企画。ホワイトボードとパイプ椅子とかを裏から持ってきて準備。サイコロを振って、出た目の話題についてトークをするというもの。司会・ゲスト・マスコットの役割は公演ごとのローテーション。

・個人的に沸いたのは、11/12昼公演のMCでいなぴがぼそっと「『かわいい』より『かっこいい』って言って」って言ったこと。かっこいいって言われたい稲葉くんかわいい。

・企画が終わったら、大河ちゃんとのぶちゃんがまず着替えのため退場して、いなぴととみけんでMC。大河ちゃんのぶちゃん戻ってきたらいなぴととみけんが着替えのため退場して大河ちゃんのぶちゃんでMC。着替えてきた衣装は黒いスーツ風のセットアップ。黒が基調になっていて、シンプルなかっこよさ。

 

■少年隊メドレー(FUNKY FLUSHIN’ ~ What your name ~ ABC ~ The longest night 湾岸スキーヤー

稲葉くんがダンスクで言っていた「大人MADE」ってこういうことかなと思った。

メドレー始まる前に、大河くんから「立ってって言うまで座ってみていてほしい」と。傾斜のない会場で、どの席からも全身を見ることができるの本当にありがたすぎる。

みんな衣装似合ってる。全員足長いな。そして足を横に蹴り上げる振りのとき稲葉くんあまりにも足長くて何か月ぶりかわかんないけどひいた。何回目。

途中からスタンドマイクで。湾岸スキーヤーの落ちサビあたり?で4人向かい合って歌うの。黒スーツでスタンドマイクで。どこのディナーショーですか。超かっこいい。

 

■サワレナイ/嵐

2016年の単独クリエに行っていないこともあり、初聴。調べたら嵐の初期の曲なんだね。大河くんセレクトなのかな?

メドレーに引きつづきスタンドマイクで。歌詞も曲調も大人っぽくて、この曲MADEにすごい合ってるなと思った。ぜひまた聴きたい!

それにしても嵐さんこんないい曲あったんだね…。

 

 【歌割り】

 「HiKaReTe-YuKuHoDo」→冨岡

 「SeTuNaKu-OTeAGe」→大河

 「HaDaKaWo-DaiTeMo」→福士

 「MiTaSaReNai」→稲葉

  ※Aメロとかも分かれてたと思うけど把握できず

 

■EMMA/NEWS

はいきたー!!ってなったよね。MADEのEMMA大好き。もうEMMAはMADEの持ち歌にしていいよ。(各方面に怒られる)

歌割り構成は今年のクリエと一緒。

 

■福士ボイパコーナー

数か月の間に何があったってくらい上手くなっててびっくり。

途中ジェスチャーで客席上手側→下手側→全体に歓声を求めるのがかわいい。

確か11/12昼公演、上手側に歓声求めたら「フゥーーー」じゃなくてなぜか「キャー――」が返ってきて、のぶちゃんびっくりしてたのが超面白かったwww

 

WORLD QUEST/NEWS ※秋山・冨岡

大河くんととみけんが赤い衣装で出てくる。

これが大河くんの「ミラクルおこっせー!」か!え、なにこれかっこいい!

 

■LIS’N/増田貴久

とみけんの冒頭のラップでキター!って思った。ああもうクリエ懐古………。

最初大河くん・とみけんで歌ってたけど、途中でいなぴ・のぶぅに交代。

稲葉くんとのぶぅは青い衣装で登場。稲葉くんがノースリーブの衣装で出てきたとき、えっ!?ってなった。ノースリーブの衣装着るイメージあまりなくない?わたしだけ?意外だと思ったけどすごく似合っていて。白い二の腕が妙に艶めかしくて勝手に動揺したよね。しかも長めの丈で裾がひらひらいてるから裾を翻すのがめちゃくちゃかっこよくてなんかもうほんとすごかったの。(語彙力)

 

■NEXTACTION feat.藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)山下智久 ※稲葉・福士

あとからガヤぴっぴも歌ってる曲ってこと知ったよね。初聴でした。

いなぴとのぶちゃんにすごく合ってるな~と感心しながら見てた。この二人喋るととにかくふわっとするのに、こういう強めな曲にぴったりはまるのがすごい。振り幅の大きさ。

人様のレポを拝見したところ、ぴーやま先輩のパートをいなぴ、ガヤぴっぴのパートをのぶぅが歌ってたとか。

 

■イン・ザ・ルーム/嵐

この曲あんまり聴いたことなかったんだけど、オシャレな曲だなぁと。こういうのも「大人MADE」ってことなんだろうな。途中のぶぅがラップしているときに3人がステージ下手側の階段の手すりに肘かけてるのが超スタイリッシュMADEさん。

 

 【歌割り】

 「ルージュ〜纏って」→大河

 「野暮ったい〜詰まって」→全員

 「どんな夢が見たい?」→稲葉

 「瞳逸らさないで」→全員 

 「もっと近づきたい」→冨岡

 「唇が求めてる」→全員

 ラップ部分は福士。それ以外は多分全員。

 

■Black of night関ジャニ∞

この曲知らなかったんだけど、MADE湾岸で一番印象に残ったのはこれ。

仰向けで無重力みたいな動きをしたり、4人で固まってフォーメーション取ってたり、多分4人で息を合わせないと上手くいかない振付。そこをきっちり揃えてきていて、なんだかMADEの底力を見たような気がした。とにかくダンスがすっっっごくよかったの。やっぱりMADEのチームワークを活かしたダンスはかっこいい!

そしてラスサビあたりでの稲葉くんがすごく感情の入っている表情していて、なんだか思わず見入ってしまった。

歌割り把握できなかったのは、入った公演全部ダンスを見ることにあまりに集中しすぎてしまったから。これ何回もリピートしてじっくり見たいからまるっと映像に残してくれないと一揆起こす。(嘘)

 

■BLACK FIRE/NEWS

前曲が終わって一瞬無音になって、大河くんの「TONIGHT~」で始まる。きたー!NEVERLANDの世界からようこそ!

冒頭の大河ちゃんといなぴがかっこよくて鳥肌もの。これめっちゃテンション上がるやつ。

この曲からファンも立つ。

 

 【歌割り】

 「TONIGHT〜」→大河

 「目には見えないLIGHT〜」→稲葉

 「SO BRIGHT!!」→全員

 「BLACK FIRE」→冨岡

 「LOVE&HATE~」→稲葉・福士

 「HEART&MIND〜」→大河・冨岡

 

 「BLACK FIRE」(ラスト)→福士

 

■LIFE~目の前の向こうへ~/関ジャニ∞

この曲はジャニヲタになる前からよく聞いてた曲なので、MADE公演で聴けたのが嬉しかった。

ステージから8-9列通路へ移動。

この曲からいよいよラストスパート。『まだまだ終わらないから』っていう歌詞にすごいメッセージ性を感じた。

 

■Love Situation/嵐

MCのじゃんけんで勝った人がセリフ言うやつ。途中で全員後ろ通路に移動。

11/12夜公演は稲葉くんだったんだけど、ウィスパーで「チカヅキタイ」言ってきたから死にましたありがとうございます。なんでウィスパーにしたの?夜公演だから???

そういえば11/12朝公演で見学席ののえるくんもこの曲で腕ぶんぶん振っててノリノリでした。ええ子や。

 

■Weeeek/NEWS

確か後ろ通路・お立ち台×2・ステージに散らばってたと思う。

終盤でこの曲とかもうねばらんを思い出す以外ないよね。ねばらん円盤化はまだですか!!!!!

途中で全員ステージに戻ってくる。

 

■U R not alone/NEWS

「僕たちも大好きな曲です」ってとみけんが紹介。

ねばらんのときも思ったけど、ほんとエネルギーに満ちた曲だよね。歌詞からも曲調からも強いエネルギーを感じる。この曲を歌うMADEはすごく頼もしく見えた。

11/12夜公演、大河ちゃん曲始まったときから泣きそうで、途中泣いちゃってたのが忘れられない。

ラスサビで上から銀色っぽい紙が降ってくる。そして、会場の周りの暗幕がサーーーっと取られて、壁がオレンジ色になる。あたたかくてキラキラした空間に佇むMADE、素敵な景色だった。

構成はAメロ→Bメロ→サビ→ラスサビ。

最後の挨拶担当はのぶぅ。

 

---アンコール---

■Disco Star相葉雅紀

ディスコスター様!!!!!これ超楽しかった!デジコンも2016年のクリエも行っていない私はこれが初の生のDisco Starだったわけです。これこんなに楽しいんだね。腕が筋肉痛なのは80%この曲のせい。

アンコールでは4人それぞぞれ上着を脱いで登場。いなぴはもちろんタンクトップ。(ノースリ着てたから)

 

■a Day in Our Life/嵐

曲の最初に、とみけんとのぶちゃんが同時にアクロバットしてたのが大迫力!

ラップはとみけんだったかな。

途中で一人ずつ前に出てきてコール→一言(ケンティー→のぶき→ひかる→たいが だったと思う)。いなぴは「100人のっても?」\大丈夫/。

 

曲が終わって、とみけんが挨拶。最後にこれ。

「俺たちの名前は?せーの!」\MADE~!!!/

そして、『きっとまた巡り会うSomeday』って言って捌けていくの天才か。こういうところだよね。MADE大好き。

 

---ダブルアンコール--- ※11/12夜公演のみ

■4+FAN/NEWS

やっぱりダブルアンコきた!

体感として今までの4-FANで一番客の声も大きかった気がする。騒ぎ倒して終われるの最高だった。まぁ声枯れるよね。

 

*****

 

正直10/14から湾岸始まったときレポとか軽く見ていて、ハイタッチタイムとかなにこれ怖い…とか思ったりしていたんですが、MADEはとにかくパフォーマンスで魅せてくれたのが大満足だった。これはきっとMADEの自信なんだろうな。やっぱりMADEの強みは今まで培ってきたパフォーマンス力と、あらゆる曲を使いこなせてどのファンでも楽しませてくれる演出構成力だと思った。8月28日とかそこらへんに11月にコンサートあるよって知らされて、構成とか演出とか考えて、えび座に出て、きっと冬のお仕事のリハもあって、そんな忙しい中でちゃんと中身の濃いものに仕上げてきたのはさすがとしか。

そしてとにかく、メンバーの名前とグループの名前を思う存分叫ぶことができるのが幸せで仕方なかった。MADEのつくるあったかくて幸せな空間、2日間楽しませてもらいました。充実した2日間をありがとう。

 

次に単独公演があるのは、MADE結成10周年YEARに突入した頃かな。10周年、どんな景色になるんだろう。今からとっても楽しみ。

 

以上。

 .

稲葉光くんの魅力を伝えたい

  

稲葉くんハッピーバースデー!

私がいなぴを好きになった最初のきっかけは去年10月22日に入ったえび座でした。突然新たな沼を見つけてしまった衝撃的な日から1年弱、やっと誕生日を祝えた!めでたい!!しかも今年はABC座の公演日。さらにめでたい!!*1

 

ということで、せっかくの機会ということにして、今回はちょっと稲葉くんについて書きたいことを色々と書こうかなと思い、気の赴くままにキーボードを叩いています。

 

まずは、稲葉光くんってどんなところが魅力的なのか?私はとにかくそれを伝えたい。言わせてくれ。

雑な文章になりますが、私が稲葉くんの好きなところについて、思いつくままザーーーっと書かせてください。

 

もし、誰についてのことかよくわかんないけどなんかこの記事にたどり着いちゃったみたいな人がいた場合の基礎情報。稲葉光くんはジャニーズJr.のグループMADEのリーダー。誕生日は1990年10月17日。血液型はO型。茨城県出身。メンバーカラーは緑。

 

 

 ①顔

四の五の言わずに顔がかっこいい。

 

え、どう考えても最高すぎない?私が他の細かいことなんかどうでもいいからまず顔がかっこいいって言える人は稲葉くんだけかもしれない。

f:id:seika2083:20171015190216j:plain

美人。

この顔の良さが早く世間に見つかってほしい。

 

②ダンス

楽しい曲では誰よりも楽しそうに、美しい曲では一つ一つの動きに心を込めて、大人っぽい曲ではとんでもない色気を爆発させて、1回のコンサートでまるで稲葉光という人間が5,6人はいるんじゃないかと思わせてくるようなダンスが好き。影武者説あると思ってる。

f:id:seika2083:20171015230953j:plain

f:id:seika2083:20171015231048j:plain

f:id:seika2083:20171015234516j:plain

稲葉くんのダンスを見てると、なんだかすごく幸せな気持ちになる。私は専門家じゃないし、上手い下手は全くわからないけど、稲葉くんのダンスは「魅力的」だなと思う。目が離せない。

どうしても静止画じゃ伝わり切らないので、ぜひDVDとか現場とかで見てみてください。*2

 

③頭おかしいところ

例えるなら、頭のネジ抜け落ちてるとかじゃなくて、ネジをはめる場所を5個くらい間違えちゃったみたいな感じ。クリエのMC思い返してみるけど最高だった超楽しかった。

twitter.com

twitter.com

 ただイケメンなだけでは私はそのアイドルを好きにならない傾向にあるので、こういうこともあって今に至る気がする。

 

④スタイルの良さ

身長182cmの高身長、そして長い手足。稲葉くんにまだモデルのお仕事が来てないの意味わかんないってダンスクのお写真見て思った。本当に意味わからない。

 

⑤手

急に細かいところ。わたし稲葉くんの手が大好きで。いやそもそも手フェチっていうのもあるけど!

f:id:seika2083:20171015192648j:plain

指が細長くて、爪もすっごくきれいなんだよ。手だけ見えても「あ、いなぴだ」ってわかるような特徴的な手だよね。

で、ダンス中の手というか腕の動きが好き。上手く言葉で表現できないんだけど、すごくきれいだなって。美しいなって。f:id:seika2083:20171015192414j:plain

f:id:seika2083:20171015192432j:plain

f:id:seika2083:20171015230708j:plain

こんなん。(雑)

 

⑥なんだかんだしっかリーダーなところ

うっかリーダーって言われてるしこの人へらへらしてるなーって思う時もあったけど、実はしっかり周りを見て考えているし、ステージでの咄嗟の対応も得意。かと思いきやうっかリーダーだったり。かわいい。

 そして、MADEの雰囲気が良くなかった時期、「言葉に気を付けよう」って稲葉くんが言ったことで、今のMADEの穏やかな空気感が生まれたのだという。*3

やっぱりMADEのリーダーは稲葉くんだと思ってる。

 

 

 本当はもっと色々あるけどそれを全部書いてたら多分2ヶ月経っても書ききれない。

 

さてさて、稲葉くん誕生日に書くのは本当はここまでの予定だったけれど、そうにもいかなくなった予想外の出来事があり。
それが、2017年9月27日ダンススクエア Vol.21発売です。

これをきっかけに、いろいろと考えさせられ、そしてさらにいなぴのことを好きになったわけです。なので、もう少し書かせてください。

 

昼休み中、Twitterでダンスクの連載「ジャニーズJr.徹底解剖」*4が稲葉くんの番になったという情報を得て、さぁ仕事戻るか〜と会社のエレベーターに乗り込もうとしていたわたしは足が震えて歩けなくなった。まじか、と。

わたしが始めてダンスクを購入したのは、Vol.16、MADEが始めて単独で巻末特集を飾った回で、「徹底解剖」は宇宙Six江田ちゃん。江田ちゃんの記事を読んで、なんだこの最高な企画はと思った。入所当時の話から、ターニングポイントのこと、そしてこれからのこと、詳細すぎるプロフィール。その人のありとあらゆることを知ることができる。ファンなら誰でも読みたいものだろうと。*5

 

わたしが稲葉くんそしてMADEを好きになって、単純に興味を持ったことは、「今まで何を思って続けてきたか」ということ。14年間とか15年間とかって人生の半分以上。これを自分に置き換えて考えてみたら、果てしなく長い時間で。そして、26とかそのくらいになると、色んな選択を迫られることもあって。自分の人生に真剣に向き合わないといけない時期なのかもしれないな、と私も去年あたりから日々感じている。

そんな中で、彼らはどうして同じ場所で頑張っているのか。ほんとに、ただ単純に。すごく気になっていて。

それが、このダンスクでわかるかもしれない。そう思うと、楽しみ通り越して吐き気がした。

 

9月27日朝一で本屋に駆け込んでダンスクを手に入れて、読んで、あふれ出てきた感想をひとまずパソコンに書き殴った。まとめつつ、ここに書いておこうと思う。

 

このダンススクエアでわかったことは、稲葉くんはそれぞれのポイントで、自分の意思で道を選択し、時に人に相談し、決断し、自分の足で歩いてきた人なのだということ。

 

私がJr.を応援したいと思ったのはこれが初めてだったけど、厳しい世界だってことはもちろんわかってたし、考えたくないけど「いついなくなってしまうか」なんて私たちファンには到底わかりえないこと。ファンはその人の一瞬一瞬に幸せを感じながらも、きっとどこかで不安を抱えているだろう。私も例外じゃない。

ダンスクでこの文章を読んだとき、目の前が急に明るくなるような感覚がした。

 

「まだまだやりたいことがいっぱいあるから、学校を卒業してからは、仕事を辞めたいと思ったことはありません」。*6

 

好きなジャニーズJr.から聞ける言葉の中で、わたしにとってこれ以上の言葉はないと思った。

この前向きな言葉がすごく嬉しくて。気づいたら、家以外でダンスク読んでたら不審者と思われるんじゃないかなと思うくらい笑ってた。

 

何かを続ける理由ってきっと人それぞれで。稲葉くんがなんのために続けているのかって、一言で言うと「自分がそうしたいと思うから」なんじゃないかな。

これはきっと、すごく強くて揺るぎない動機。自分の意思でステージに立ち、充実した表情を見せてくれる。だからステージに立つ稲葉くんは、誰よりも楽しそうなのかもしれない。私はそんな稲葉くんを見るのがすごく楽しいと思うし、幸せだと感じる。2016年10月22日のえび座昼公演、きらっきらの笑顔で踊る人を見つけた時のことは忘れられない。わたしが稲葉くんを好きになった理由って、すべてはこれに行き着くんじゃないかなって。1年経ってようやく点と点が繋がった。

 

やりたいことをたくさん抱えてしっかりと前を見据えている稲葉くんはとても輝いているし、かっこいい。そんな同い年の人がいることを知って、いるフィールドはまるで違うくせに、なんだかわたしも頑張らなければいけないな、と思った。ダンスク発売日以来、ネガティブ気質な私は、今までよりもずっとずっと前向きに仕事することができている。稲葉くんの前向きさは、私のパワーになっている。

 

 

知りたいことを知ることができて、私は今とても満足している。

でも、これで終わりではなくて。ダンスクを読んだ今、今度は稲葉くんが「やりたいこと」をどうやって達成していくんだろう、達成した時それはどんな景色を見ることができるんだろう、そういったことに興味がある。だから、たくさんのチャンスを掴んでほしい。待つのではなく、掴みに行ってほしい。 

迷うことが多々ある私だけれど、これからも稲葉くんを見守らせていただきたい所存でございます。

 

これからも、稲葉くんの「やりたい」ことをたくさん達成できますように。実り多い一年間になることを願っています。

改めて、お誕生日おめでとう!! 

 

 最後に。

皆さんダンススクエアVol.21をぜひご覧ください。(宣伝)*7

 

 以上。

 

*補足

この記事で使用したお写真について

・滝沢歌舞伎2015 パンフレットオフショ

・ABC座2016 ステージフォト第一弾

・NEWS LIVE TOUR 2015 White「ロメオ2015」

・NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO「LIS'N」「愛のエレジー」「Wonder」

・嵐 LIVE TOUR 2016-2017 Are you happy?「Amore」

 

 

.

*1:ABC座2016は出演していたものの休演日で、ダンススクエアVol.16の撮影をしていたとのこと

*2:個人的にはWhiteの「ロメオ2015」とQUARTETTOの「Wonder」が好き。早くNEVERLAND円盤化……

*3:ダンススクエアVol.21より

*4:ジャニーズJr.をマルハダカにするリレー連載

*5:余談だけど、色んな人のを読みたすぎて後々Vol.15もわざわざ入手した

*6:ダンススクエアVol.21より引用

*7:SHOCKのこととかトラジャとSnowManそれぞれ座談会とかまとくんこじゃくんのえたんの対談とか宇宙Sixの座談会もあるので内容盛りだくさん。おすすめ