出口のない迷路の中

竹やぶの中に咲く 一輪の花

薮くんは世界一のアイドル!

 

 

今年もやってきました、1月31日。

薮宏太くん、28歳のお誕生日おめでとうございます!

 

薮くんのことを書き綴るのは1年ぶりということで、稚拙な文章ながら色々と書かせてください。

 

薮くん関連で、特に印象に残っているのが、I/Oth Anniversary Tour 福井公演初日。

このツアーに入る前、実はものすごく不安だった。2017年前半は別の現場に全力を注いでおり、それがあまりにも楽しかったため、私はJUMPのツアーを楽しむことができるのか、薮くんを見ても、もう何も思わないんじゃないか。そんな不安を抱きつつ、福井に降り立った8月11日。

だけどそんな不安は、コンサートが始まり、メンバーが登場した1秒後に塵となって吹っ飛んだ。ステージに立つ薮くんがめちゃくちゃ輝いて見えた。なんだろうこのカッコよさは。この人以上にステージの似合う人はいるのだろうか。忘れかけていたときめきが、一瞬にして蘇り、鳥肌が立った。

そして、本編ラストの「H.Our time」。心込めて歌っているJUMP9人の姿にぐっときていた中で、薮くんのパートに差し掛かったとき、薮くんの声がいつもと違うことに気づいた。薮くんを見てみたら、泣いているように見えたから、すごくびっくりした。

そのあとの、一人ずつの挨拶。いつもならすらすらと言葉が出てくる薮くんが、ゆっくり、一つ一つ紡いだこの言葉が、その後数日頭から離れなかった。

 

「ダンスが上手くなりたい。歌が上手くなりたい。芝居が上手くなりたい。かっこよくなりたい。そう思うのは、もっともっと僕のことを好きになってほしいから、…頑張ってます」

 

こんな言葉を聞くことができるなんて、と。

薮くんって自分のことよりもグループのことを優先して喋る傾向にある気がして。それはグループのことをたくさん愛しているという、薮くんの好きなポイントに一つではあるけれども、薮くんに対してしばらくもどかしくことでもあった。ずっと、「アイドルとして、薮くん自身はどうなりたいと思っているのか」を知りたかった。初めてそれをこの耳で聞くことができて、素直に嬉しかった。

 

薮くんはアリーナツアー期間中、挨拶は一貫してこの言葉だったという。薮くんは本当に、この言葉を「伝えたい」と思ってくれていたんだな、と思うことにしている。

 

 

 

 

同じく印象に残っていた、2017年6月初旬に発売されたPOTATO。

薮くんの紡ぐ言葉って、いつもいちいち興味を掻き立てられるのだけれど、このPOTATOは特に、思わずじっくり読み入ってしまったもの。

テーマは、「キング・オブ・アイドルとは」。薮くんは、このように語っていた。

 

「アイドルとしてのキングは、ステージの上で光を放つ人」

「ステージでは完ぺきなアイドルとして輝くっていうのが、オレにとってのキング・オブ・アイドルの条件」*1

 

薮くんの語るアイドル像は、私にとっての薮くんの姿そのものだった。それでも薮くんは、「もっともっと好きになってもらいたいから」と、ステージに立つ。その言葉の通り、福井公演の後の静岡公演も、和歌山公演も、他の現場を経てからの年末年始の東京ドームも、そのたびに私はまた、薮くんへの「好き」を更新していった。ステージに立つたびに、もっともっと好きにさせてくる薮くんのことが、私はやっぱり大好きだ。担降りなんてできるわけがないだろと、数か月前の自分を殴ってやりたい。

私にとって、薮くんは紛れもなく世界一のアイドルなのです。

 

 

アイドルを信じるなんて、不幸にしかならないのではないか、と思うことがある。私たちファンは、アイドルの断片的な部分しか見ることができない。言葉なんていくらでも偽れるし、アイドルをする上で自分のすべてを見せる必要なんかない。そんなことはわかってる。

それでも、この1年間薮くんを見てきて、アイドル薮宏太さんのことを、これからもずっと信じていきたい、という結論に至ったのである。薮くん、君にはやっぱりもう降参です。

 

 

「数多くのアイドルグループからHey! Say! JUMPを選んでくれて、9人の中から僕を選んでくれてありがとう」。*2薮くんはアリーナツアーの挨拶でそんなことを言ったけれど、私からしてみたら、選ぶとかではなかった。2年前、たった1回、ステージに立つ薮くんをこの目で見ただけでその魅力に圧倒され、好きになる以外の道がなかった。何があったって、ステージで歌って踊る薮くんを見れば、一瞬でときめきが蘇り、幸せだと感じる。 

だから、28歳の薮くんにも、もっと歳を重ねた薮くんにも、堂々とステージに立っていてほしい。これからも、ステージ上で光を放ち続けてほしい。

そんなことを願いつつ、この記事の締めとさせていただきます。

 

薮くん、アイドルでいてくれてありがとう。薮くんの代わりは誰もいません。今のこの時代、この広い世界で、たくさんのアイドルがいる中で、薮宏太さんというアイドルに出会えて、本当によかった!

 

 

.

*1:POTATO 2017年7月号より引用、一部抜粋

*2:言っている公演とそうでない公演があります。言葉はニュアンス

2017年のヲタ活まとめ


仕事納めも現場納めも済んだので、今年のヲタごとを振り返ってみる。

 

***************
【現場の振り返り】

Hey! Say! JUMP LIVE 2016-2017 DEAR.(1/1)
去年、仕事があったため京セラカウコンで年越せなかったのが悔しすぎて、今年も仕事だけど今回こそは這ってでも行ってやるからな!!という意地で入った。開演5分前に滑り込み着席でした。
雪辱は果たしたことになるけど、やっぱり京セラカウコン行けなかったのは結局悔しいままで、あの公演の代わりになるものはこの先も何もないんだなと思った。
余談ですが、この公演そこまで無所詳しくなかった時期なんだけど、Jr.出てきたとき真っ先に谷村見つけた自分に笑った。自分の谷村センサーすごい。

 

A.B.C-Zハイタッチ会
ミーハー心で参加させていただきました。
ふみきゅんがしっかり目を合わせてハイタッチしてくれたのが印象的。

 

■NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND(静岡4/29、4/30昼夜、広島6/3、6/4昼、東京6/10、6/11)
「どーもーNEWSでーす!!!4月から、コンサートツアーやりまーす!!!」
カウコンでの小山さんのこの言葉ですべてが始まった。2017年はNEWSのツアーに絶対行くんだ、MADEを見るんだと決めていたため、去年の暮れにNEWSのFC入会して、さぁ準備万端いつでもツアー発表来い!と待ち構えていたら早速でした。まだ2017年始まって1時間経ってないよ。色々熟考して、アリーナクラスの会場でもドームクラスの会場でも見たい!って思い、静岡と東京を選びました。
1月~4月中旬はヲタ活セーブしてたし、Jr.のうちわ持参してコンサート入るの初めてだし、そもそもNEWSのコンサート入るのも初めてだし、静岡初日開演2時間前くらいから死ぬほど緊張していたのはいい思い出。
このツアーは、良かったなぁ感動したなぁって思うところが多すぎてちょっと語りきれない。こんなに隅々までぬかりなく作りこまれたコンサートは初めてで(一方でノープランなMCもこれまた良き)、NEVERLANDという世界に頭のてっぺんから足のつま先までどっぷり浸かった1か月半でした。
クリエが終わった時点で、やっぱりもう一回アリーナクラスの会場入りたい!!って思い立ち、公演3日前に諸々の手配を済ませて広島にとんだときは自分の行動力にひいた。
レポブログにも書いたけれど、このNEVERLANDというツアーじゃなかったら、こんなにたくさん「入りたい!」とはきっと思わなかった。MADEをはじめとするJr.がよかったのはもちろんだけど、それを抜きにしても、このツアーは入ることができて本当によかったって思う。祝円盤化!!!!!

 

■ジャニ―ズ銀座2017(MADE単独5/18、5/19昼夜、5/20昼夜、宇宙MADE合同5/23昼、5/24夜)
今年一番行きたいと思った現場は確実にこれ。去年MADEを好きになったとき、たとえ何かほかの現場をあきらめることになったとしても、クリエだけは何が何でも絶対に行くぞと決意しました。そしたらまさかの合同クリエもあるという。単独・合同と1週間MADEの出番が続くことになったため、早すぎる夏休みを取得して日比谷に通うことにしました。後悔は1ミリもしていない。
あと○日でクリエが始まる……!!!!とあまりにも緊張しすぎていたのか、単独クリエ初日開演前は一周回って無になってた。限度を越した人間ってこうなるんだね。
初めてMADEがメインとしてステージに立つ姿を見れて、初めてMADEの歌声を聴けて、初めて「100人のっても?」\大丈夫/ができて、とんでもない近さでイケメン4人を拝めて、稲葉くんかっこよすぎて意味わかんなくて且つめちゃくちゃ自由で、しかもフォトセ売ってるから売り場で「稲葉くんのフォトセットください」って言うの楽しくて(確か5セットは買ったと思う)、もうすべてが感無量でひたすら楽しくて幸せで、単独公演最終日は終わってほしくなさすぎて家帰ってから泣いた。
からの、次の合同クリエが最高すぎて、いつまでもめそめそしてんじゃねーぞと全力でグーで殴られた感覚になった。スワンソング歌う稲葉くんかっこよかったなーーーからの黒スーツ集団10人のリアデラ大迫力すぎて腰抜けそうになった。
クリエは滅多にない機会だし、絶対に忘れたくなかったから、毎秒毎秒必死に記憶に留める努力をした。そのおかげなのか、もうクリエから半年以上経つけど、割と鮮明にいろんな場面を思い出すことができます。
全公演終了したとき、2017年悔いなしって思った。そして、クリエの記憶を冷凍保存してもうヲタ卒したいって思った。(1回目)
これが終わってからしばらく、私の時間はここで止まったままになった。

 

■音楽喜劇「のど自慢」~上を向いて歩こう~(7/2夜)
何気にわたしふみきゅんの現場色々行ってる件。
この舞台では寺西の歌の上手さに脱帽。え、こんなに上手かったの!?ものすごいびっくりしたよ。
そしてチケット取った日が偶然とっつーゲスト回で、客席を走り回るパンク次郎さんの姿が忘れられません。爪痕残しすぎだろブラザー。*1


A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour 55(横浜8/8、8/9)
FNSうたの夏まつりでわらわらジュニアがついていたのを見て、お!?って思ったけど確信はなかったから、横アリ初日に「Take a 5 Train」でかげちゃん見つけたとき嬉しかった。にっこにこ笑顔なかげちゃんかわいすぎて脳みそ溶けた。アイドルって沼。ここでやっと、クリエで止まったままになった私の時間がやっと動き出した。ありがとうかげちゃん~~!!
本編最後が昔の映像を映しながらのざえび。そして、アンコールの一番最後がサポーターズ。いやいやこれは反則。感動せずにはいられない。ファンにも後輩にもやさしいA.B.C-Zの、これからの活躍を願わずにはいられなかった。本当に本当に、デビュー5周年おめでとう。
このコンサートで改めて、「花言葉」っていい曲だなって思った。宇宙Sixがクリエと湾岸でやってるの羨ましい!
そして「Lily white」でふぉ~ゆ~がステージに上がってきたのでびっくりした。初めての生ふぉゆ。

 

Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour(福井8/11、静岡8/20昼夜、和歌山10/1昼夜)
発表あったとき、アリーナ―かよ!!まじかよ!!血を見るぞ!!と思った。今のJUMPでアリーナツアーって何の無茶かと。
JUMPを生で見るのは7か月ぶりで、その間色んな事があったけど、ステージに立つ薮くんを一瞬見るだけで、「やばい私薮くんのことめちゃくちゃ好きだ……」ってなるのが不思議。薮宏太さんというアイドルを好きになって、本当によかったと改めて思う。薮くんは世界一のアイドル!!!!!
曲ラストでキーボードの伊野尾くんを囲んでみんなぎゅっと固まってて可愛かった「Star time」、文字通り薮様御一行だった「Born in the earth」、公演重ねるごとにカオスになっていったBESTコーナー、なんだかんだめちゃくちゃ楽しんだ。行けてよかった。
ちなみに行ったの全部地方だけど1回も宿泊してない。耐久レースかよ。*2

 

Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2017 MUSIC COLOSSEUM(横浜8/13昼)
まさかのアリーナツアーでびっくり仰天。今年は1公演のみの参戦。
それなりに他のグループの現場に行ってからの1年ぶりのキスマイツアー、MCの感想は「この人たち男子中学生かよ」でした楽しかった。*3
そしてまさかのバックがTravis Japan~~~!!!ここでトラジャを見れたのは嬉しい誤算!トラジャの活躍がとにかく素晴らしくて。ちゃんとバックダンサーの仕事をしつつ、随所随所で自己アピールもできて。Jr.コーナーでは圧倒的なダンスを見せてくれて。新しい層のファンを取り込むチャンスを、しっかりとモノにできたのがわかった。
インタビューとか読む限り、キスマイとトラジャとても仲良くなったみたいでなんだかとても嬉しい。
ちなみにこれが初のデジチケだったんですが、私だけでなく3人分の責任を背負ってると考えるとプレッシャーで震えた。今年のジャニヲタ的流行語大賞はきっと「デジチケ」。

 

関ジャニ'sエイターテインメントジャム(東京8/14)
今回もお邪魔してきました!今回は前半がバンド・後半がバンド以外と、メリハリのついた演出になっていたことが印象的だった。そのおかげなのか、前回の東京ドームよりも、私みたいなミーハーなファンでも安心して楽しめた気がします。あと丸ちゃんがとにかく爆イケ。丸ちゃん結婚してくれ。(軽率)
関ジュがついたのはちょっとびっくり。林真鳥くんが踊りながら客席のうちわを把握して、ダンスの合間合間でばっちりファンサして客を狩っていたので、やっぱりあの人やばいなと思いました。

 

■GACHI~全力 entertainment 4U~(8/19夜)
ふぉ~ゆ~主演舞台。歌ダンス演技女装爺コス寄席ロボット侍と盛りだくさんだったので、終わった後の満足感がすごかった。
越岡さんロイヤルだったし辰巳さんの色気ダダ漏れだったし福田さん演技はだったし松崎さんのダンスすごく綺麗だったし、ふぉゆは魅力のオンパレードだなと思った。ふぉゆは窓系列の希望の星。

 

■JOHNNYS’ YOU&ME IsLAND(9/13夜、9/27夜)
前回のアイランドには入ってなかったので、初アイランド。立ち位置とか予習したくてレポたくさん漁ったんだけど、「タイタニック??トニトニ??宇宙???」とはてなマークだらけになり、どんな流れで進むのかがどうしても理解できなかった。入ってみて、「考えるな、感じろ」の舞台だなと納得。
三味線やら太鼓やら殺陣がかっこよくて、一方でユニット組や無所あらゆる子にちょっかい出すのがかわいくて、かげちゃんの可能性は無限大や~~~と思った。結論、かげちゃんはヒトタラシ。
そして夢アイで初めてトラジャの「夢のHollywood」を見て、めちゃくちゃ泣いた。単にかっこよかったっていうのもあるけど、一人ひとりのスキルが圧倒的に高くて、これまでたくさんの苦難があって、MADEとも縁のあるトラジャが初めてもらったオリジナル曲ってことを考えると、色んな感情が入り混じって涙が止まらなかった。私はトラジャ担ではないけれど、トラジャには絶対に報われてほしいと思う。

 

■ABC座ジャニーズ伝説2017(10/9夜、10/17夜、10/24夜)
つくんだろうなあと思っていたけど申し込みしたチケットは全滅。途方に暮れていた私に声をかけてくださった皆さん、本当にありがとうございました。
稲葉くん誕生日公演にも入ることができました。ラストの挨拶で「今日誕生日です!稲葉光!」って言っていて、自分から主張しに行った稲葉くん見て嬉しかった。よくやったいなぴ!!!
忘れもしない去年のえび座から1年。すっかり現在地は沼の底。

 

■お台場踊り場土日の遊び場 MADE公演(11/11夜、11/12朝昼夜)
まさか年に2回も単独があるなんて思わないじゃないですか。完全に予定外だった現場。
MADEの現場にはできる限り入りたいと思っていたので、初日は友人の披露宴からハシゴした。色んな人に呆れられたけど後悔してない。
すごい楽しかったし、かっこよかったし、「MADEが好きだ!!」って幸せな気持ちになったし、いなぴの顔と手と腕がきれいすぎて思わず見惚れたし、いなぴの「行くぜ湾岸!!!」がもう一回聞きたすぎるし、もし億が一いなぴの視界に入ってたら申し訳なさ過ぎて穴があったら3年くらい入っていたいし、もうこのままヲタ卒したいって思った。(2回目)
どこまでもヲタク気質な私をここまで燃え尽きさせるMADEさんすごいぞまじで。

 

■桃山ビート・トライブ(11/25昼)
やまりょちゃん・めめ主演、とみけん・佐野瑞樹さん出演の舞台。
ストーリーや演技はもちろんなんだけど、「戦国ロックバンド」と言われるだけあって、耳からの情報(音楽)が強烈で、一切飽きさせることがなくて。とにかく充実の3時間だった。
とみけんちゃんは原作にはないオリジナルの役だから、どんな感じでストーリーに組み込まれていくんだろうって気になっていたんだけど、予想以上にコミカルな役で超笑った。そして身体能力の高さに改めて脱帽。めっちゃ回ってた。

 

■嵐LIVE TOUR 2017-2018 「Untitled」(東京12/1、12/26)
ありがたいことに、今年も入ることができました。
またツアー途中だから詳しいことは書かないけれど。素晴らしいの一言。嵐先輩はエンターテイメントを極めようとしているのだろうか。
私は人のご縁と良心に生かされていると、また実感しました。

 

Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017-2018(東京12/29、12/30)
感想がまとまっていないしまだ終わっていないのでこれもまだ詳しいことは書けないやつ。
ドームという大規模な空間を生かした迫力のある演出が圧巻。

 


【その他印象的だった出来事】
■Jweb連載「MADEにおまかせ」開始(6/20~)
火曜日に楽しみができた。毎週火曜日の夜、心のすさんだ社会人ヲタはMADEの書く文章に癒されています。
定期的にMADEのことを知れるって、きっとものすごく幸せなこと。これからもこの幸せを噛みしめて、毎週の更新を楽しみにしています。

 

■ダンススクエアVol.21の発売(「徹底解剖」第7回稲葉光)
公式アカウントでの予告ツイート見て目を疑った。ダンスクの「ジャニーズJr.徹底解剖」は毎号楽しく読んでいたコーナーで。いつかMADEの番が来てほしいなぁと思っていたら、予想していたよりもはるかに早くその時がやってきた。まじか。
期待しないでおこうと予防線張って(ほんとはめちゃくちゃ期待してる)、発売日当日の朝いちで本屋に駆け込んで購入した。意を決して中身を見たら、予想の100万倍かっこいい稲葉くんが6ページも載っててぶっ飛んだ。家宝にしてます。
どうかMADE全員回りますように!

 

■「ウチの夫は仕事ができない」の放送(薮くん出演)
自担が一般的なドラマに出ている姿をリアルタイムで見るのは、実はこれが初めて。自担が会社では嫌味な言葉を吐いてるのに家に帰ったら年上女性に甘えてて、最終的に主人公を「アニキ」と慕い、最終回ではついに結婚式を挙げている姿を見れるってなんのご褒美。田所くんと共に楽しい3か月間を過ごすことができました。

 

 

【総括】
■ヲタクとしての経験値が上がった
去年までは遠征って大阪名古屋のみだったんだけど、今年は静岡広島福井和歌山と今まで遠征したことのない土地に行った。福井和歌山に関しては生まれて初めて降り立った。交通手段とか周辺のこともたくさん調べたし、この歳になって初めて一人で飛行機乗ったし、経験値は上がったと思ってる。
ちなみに今年一番気に入った地方は広島。さくっと宮島観光もできたし、グリーンアリーナ快適だったし、会場周り栄えていて飲食店もたくさんあるし、宿泊場所にも困らないから優勝。

 

■とにかく現場数が多い
ジャニヲタ4年目なんだけど、今までで一番行った現場数が多い。数えてみて血の気が引いた。41て。じゃあどれか行かなくてもよかったのかなって今年の現場一覧眺めてみるけど、どれも削れないものだからしょうがない。

 

■レポ始めました
NEWS静岡から、メモとペンを持参して現場に行くようになった。理由は、Jr.を応援するようになり、クリエとか円盤化されないし、バックでついたツアーは円盤化しても映らない部分多いだろうなと思って、自分の目で見たものをできる限り覚えておきたいから。スペック低い脳みそだからいつもすぐ忘れてしまうんですが、たとえ他の人がすでに同じレポしていても、たとえ内容が不完全でも、自分の言葉で何か書き留めておくと、芋づる式に他のこととか、その時の空気とかを思い出せるような気がするんですよね。現場数多かったけれど、今年はちゃんと記憶に残る現場が多かったと感じるのはこのおかげかも。
あとMADEのレポはまとめてブログにアップしていたりするんですが、拙いレポで申し訳ないけど、未来のMADE担がMADEの過去のことを調べる一助になればいいな、なんておこがましいと自覚しつつ思っています。

 

 

【来年の目標】
■現場を減らす
正確には、現場の取捨選択を適切にするということ。時間とお金の兼ね合いもあるし、せめて30公演以下には収めたい……。

 

■無理はしない
今年はちょっと無茶をした部分もあり、随所随所でヲタクをすることに対して疲れたことが多々ありました。人と比べて勝手に落ち込んだり。精神衛生上もよろしくなかったので、来年はもっとマイペースに、人と比べず、自分なりの応援の仕方をすることをテーマにしたい。
そして来年は慌ただしくなることが予想されるため、できる範囲でのヲタ活にしたい。後悔したくないのは今までと一緒なんだけど、できる範囲でできるだけのことをする。
そして来年はヲタごと以外でも一つ目標があるので、そちらの方にもエネルギーを使えるように。

 

■来年もクリエに行く
今までの2つの目標は一体って感じですが、クリエはできる限り行きたいな…。来年は5月ってちょっと色々微妙な時期なんだけど、MADEのクリエが私の行ける日程であることを祈ってる。

 

■遠征するのであれば北海道と九州に行く
九州に至っては降り立ったことすら一度もないので、もし遠征することになったら行ってみたいと思ってる。北海道は、遠征している方々がTwitterに載せる食べ物の写真を見ていいなーーーーーって思ったので行きたい。(目的が食かよ)
どちらも飛行機乗らなきゃいけないから今までちょっと気が引けてしまっていたけど、今年和歌山行ったとき復路だけ飛行機使って以来、ちょっとだけハードルが下がった気がする。

 

***************


今年を振り返ってみて、去年に引き続き、人の温かさが身に染みた一年間だったなと改めて思います。あらゆる場所での大小様々なご縁のおかげで、今年も思いっきり楽しむことができました。私と関わってくださった皆様、ありがとうございました。
こんなしょうもないヲタクですが、よかったら来年もよろしくお願いいたします。

それではよいお年をお迎えください。


.

*1:薮くんがとっつーのことを「ブラザー」と呼んで慕っているので私も勝手にそう呼んでる

*2:ここ数年で一番夜行バス使ったのは明らかに今年

*3:某ガヤさんが乳首狩ってた

湾岸MADE公演の記録

 

 

お台場踊り場土日の遊び場(通称:湾岸LIVE)MADE公演お疲れ様でした!

8月30日、仕事終わりに情報局からメールが届いてるのに気づいて、また何かジュニアのコンサートが決まったんだ~へ~MADE……MADE!?!?って出演者欄みてびっくりしたのはいい思い出。MADEの単独公演は年に1回、クリエしかないと思っていたので頭混乱した。

 

というわけで、MADE公演こんなかんじだったってことを記録として書き綴る。

雑です長いです。そして把握できていないところもあるので、諸々ニュアンスです。

 

◆日程:2017/11/11(土)~12(日) 全5公演

◆場所:湾岸スタジオ特設会場

 

***

■NEVER AGAINKAT-TUN

幕があくと、4人が薄暗い中ステージの中央に立ってる。白い衣装で、マントみたいなものを羽織ってる。

稲葉くんの『Listen』で曲が始まる。

のぶちゃんがラップとボイパを担当してるんだけど(間奏のラップはとみけん)、ボイパがクリエのときよりも断然上達しているのが素人でもわかっておおってなった。練習したんだろうなぁ。

ぺーぺージャニヲタはこの曲初聴でした。1日目終わって地元のTSUTAYAでアルバム借りてきて、2日目移動時間に覚えた。すごい好きな曲だと気づいた。

 

 【歌割り】

 「Bounce .Come on!〜」→福士

 「I never understand〜」→大河

 「Easy come easy go〜」→冨岡

 「Never forget everything〜」→稲葉・福士

 「ためらいの迷路で」→福士

 「彷徨う二人」→稲葉

 サビは全員

 間奏のラップは冨岡、ボイパは福士

 「Everythingもう一度〜」→稲葉

 「I never understand〜」→大河

 「優しさだけじゃ〜」→冨岡

 「You are my everything〜」→稲葉

 (今なら言える〜→福士)

 「運命は?」→全員

 「No fake」→大河

  サビは全員

 

■バンビーナ/NEWS

イントロで稲葉くんが客席を煽るんだけど、「お前ら声出せんのか!」からの「行くぜ湾岸!!!」がめっちゃテンション上がる!!最高すぎる!!!特効がほしい!!!(スタジオ燃える)

というかいなぴの強めの煽りかっこよすぎでは。

サビとかで衣装の裏地が派手な柄のマントを広げたりするんだけど、それが美しくて気品があって。どこの国から来られたんですか?って聞きたくなる。

で、セリフ担当がまさかのとみけんでまぁびっくりだよね。実際に聴いたときぶっ飛んだよね。悲鳴というかもはや断末魔だったよね。これ誰が決めたの???バンビーナやるとしてもセリフはきっと大河ちゃんだろうなって思ってたよ勝手に。

曲終わりで衣装のマントは脱ぐ。

 

 【歌割り】

 「濡れた唇〜」→冨岡・福士

 「指輪の傷跡〜」→稲葉・福士

 「なぐさめあって〜」→稲葉・冨岡

  サビは全員

 「甘すぎる声を〜」→大河

 「もっと感じさせてやるよ」→冨岡

 大サビのフェイクは大河

 

■4+FAN/NEWS

ついにこの曲がきた!!

掛け声はもちろん「M!A!D!E!」。楽しい。

 

Dear WOMANSMAP

この曲の初めで、1人ずつ挨拶。大河→稲葉→福士→冨岡の順番で。

大河くんは「お嬢様、今日はMADEにおまかせ〜♡」(あざとかわいい)。稲葉くんはクリエに引き続き「やっほー」\やっほー/やってたけどこれ好きだね???

お嬢様へ「ようこそ」という意味を込めてこの曲をやりますってことで、曲が始まる。

『心からありがとう』のところで4人そろってぺこりと一礼するのがかわいい。

曲の最後の方で外周側に客席降り。下手側が大河福士、上手側が冨岡稲葉。

サビのみでした。

 

■Magic PowerHey! Say! JUMP

それぞれお立ち台で。クリエでやったときの振り付けでファンと一緒に踊る。稲葉くんちゃんと「まーえ!うしろ!」って言いながら踊ってたのかわいい。踊りながら真顔でガン見してごめん。

これもサビのみ。

 

■Happiness/嵐

Yeah Yeah Yeah!を最初後列のファンが言って、次に前列のファンが言う。稲葉くんまじぱに引き続き最初は上手側前列のお立ち台にいて、後列のファンが言うところでは「まだ!まだだよ!」みたいな表情してジェスチャーしてたの超かわいかったし超顔がきれいだったしなんかもうしんどい。

これもサビのみ。

 

■前向きスクリーム/関ジャニ∞

8-9列通路に移動。みんなで\ハイハイハイハイ/するの超楽しい。

これもサビのみ。

 

KAGUYA/NEWS

ステ―ジに戻って、傘を使ったパフォーマンス。

『恋してるノンフィクション』で右側向いてシーってポーズする振りのところが美しすぎてかっこよすぎて息をのんだ。

 

 【歌割り】

 「今は昔〜いふものありけり」→大河・稲葉

 「三月ばかり〜なりぬれば」→冨岡・福士

 「風の噂に〜」→大河・稲葉

 「月のように〜」→冨岡・福士

 

■Wonder/NEWS

大河「まだまだいくぞー!」で曲が始まる。クリエに引き続きのWonder!!!やっぱり私Wonder超好き。

歌割りと構成は今年のクリエと同じ。

 

■CANDY~Can U be my BABY~/中島健人 ※冨岡・福士

セクゾをかじっていない自分のジャニヲタ人生、まさか\Love ケンティー/って叫ぶ日が来るとは思いもしなかった。ケンティーさんとノブキーさんのユニット曲。

「Loveケンティー」「Loveノブキー」って書いてあるキャンディーの形した板を持って歌うんだけど、超―――――かわいいの。なにこの平和な空間。

 

■夢物語/タッキー&翼 ※秋山・稲葉

稲葉「こっちだよーーー」って後ろから声がすると思ったら大河ちゃんといなぴがメンカラの衣装着て後ろ通路にいた。

Aメロの掛け声は \たいが/ と \ひかる/ 。

『君との距離を測るんだ』のところで大河ちゃんと稲葉くんが向かい合ったり、最後の『恋の花』で両手をL字にする振りのところ二人で片方ずつやってたり可愛いが渋滞してた。

曲終わって、とみけんとのぶちゃんもメンカラ衣装着て後ろ通路に登場。

 

■エナジーソング~絶好調超!!!!~/嵐

稲葉「それでは皆さん、お手を拝借!」で曲が始まる。たぶんクリエと同じ尺だったと思う。

『この4人とみんなが集まったら』\ハイ!ハイ!ハイハイハイ!/  楽しい!!!!!

曲終わりは『それじゃMCです!』。なるほど、と思った。

 

■MC

細かい内容は書ききれないので、ざっくりとメモ。

・最初は客席に散らばってしゃべる。それぞれ「今日ここ行くわ~」と気分で。稲葉くんエナソンラストで後ろ通路にいるから、「それでは皆さんお座りください」のとき多分毎回通路に腰かけて見えなくなってたww

・8-9列通路で後半にやるとある曲(いちいち近づけるだの近づけないだの言うからバレバレ)のセリフをかけてじゃんけん。勝ったのは、11日昼公演→のぶ、11日夜公演→とみけん、12日朝公演→いなぴ、12日昼公演→大河、12日夜公演→いなぴ。

・その後ステージに戻って、見学紹介(11/11昼がふみきゅんとのんちゃん、11/11夜がしめちゃんしずや、11/12朝がのえる)とか。 

・「MADEのごきげんよう」企画。ホワイトボードとパイプ椅子とかを裏から持ってきて準備。サイコロを振って、出た目の話題についてトークをするというもの。司会・ゲスト・マスコットの役割は公演ごとのローテーション。

・個人的に沸いたのは、11/12昼公演のMCでいなぴがぼそっと「『かわいい』より『かっこいい』って言って」って言ったこと。かっこいいって言われたい稲葉くんかわいい。

・企画が終わったら、大河ちゃんとのぶちゃんがまず着替えのため退場して、いなぴととみけんでMC。大河ちゃんのぶちゃん戻ってきたらいなぴととみけんが着替えのため退場して大河ちゃんのぶちゃんでMC。着替えてきた衣装は黒いスーツ風のセットアップ。黒が基調になっていて、シンプルなかっこよさ。

 

■少年隊メドレー(FUNKY FLUSHIN’ ~ What your name ~ ABC ~ The longest night 湾岸スキーヤー

稲葉くんがダンスクで言っていた「大人MADE」ってこういうことかなと思った。

メドレー始まる前に、大河くんから「立ってって言うまで座ってみていてほしい」と。傾斜のない会場で、どの席からも全身を見ることができるの本当にありがたすぎる。

みんな衣装似合ってる。全員足長いな。そして足を横に蹴り上げる振りのとき稲葉くんあまりにも足長くて何か月ぶりかわかんないけどひいた。何回目。

途中からスタンドマイクで。湾岸スキーヤーの落ちサビあたり?で4人向かい合って歌うの。黒スーツでスタンドマイクで。どこのディナーショーですか。超かっこいい。

 

■サワレナイ/嵐

2016年の単独クリエに行っていないこともあり、初聴。調べたら嵐の初期の曲なんだね。大河くんセレクトなのかな?

メドレーに引きつづきスタンドマイクで。歌詞も曲調も大人っぽくて、この曲MADEにすごい合ってるなと思った。ぜひまた聴きたい!

それにしても嵐さんこんないい曲あったんだね…。

 

 【歌割り】

 「HiKaReTe-YuKuHoDo」→冨岡

 「SeTuNaKu-OTeAGe」→大河

 「HaDaKaWo-DaiTeMo」→福士

 「MiTaSaReNai」→稲葉

  ※Aメロとかも分かれてたと思うけど把握できず

 

■EMMA/NEWS

はいきたー!!ってなったよね。MADEのEMMA大好き。もうEMMAはMADEの持ち歌にしていいよ。(各方面に怒られる)

歌割り構成は今年のクリエと一緒。

 

■福士ボイパコーナー

数か月の間に何があったってくらい上手くなっててびっくり。

途中ジェスチャーで客席上手側→下手側→全体に歓声を求めるのがかわいい。

確か11/12昼公演、上手側に歓声求めたら「フゥーーー」じゃなくてなぜか「キャー――」が返ってきて、のぶちゃんびっくりしてたのが超面白かったwww

 

WORLD QUEST/NEWS ※秋山・冨岡

大河くんととみけんが赤い衣装で出てくる。

これが大河くんの「ミラクルおこっせー!」か!え、なにこれかっこいい!

 

■LIS’N/増田貴久

とみけんの冒頭のラップでキター!って思った。ああもうクリエ懐古………。

最初大河くん・とみけんで歌ってたけど、途中でいなぴ・のぶぅに交代。

稲葉くんとのぶぅは青い衣装で登場。稲葉くんがノースリーブの衣装で出てきたとき、えっ!?ってなった。ノースリーブの衣装着るイメージあまりなくない?わたしだけ?意外だと思ったけどすごく似合っていて。白い二の腕が妙に艶めかしくて勝手に動揺したよね。しかも長めの丈で裾がひらひらいてるから裾を翻すのがめちゃくちゃかっこよくてなんかもうほんとすごかったの。(語彙力)

 

■NEXTACTION feat.藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)山下智久 ※稲葉・福士

あとからガヤぴっぴも歌ってる曲ってこと知ったよね。初聴でした。

いなぴとのぶちゃんにすごく合ってるな~と感心しながら見てた。この二人喋るととにかくふわっとするのに、こういう強めな曲にぴったりはまるのがすごい。振り幅の大きさ。

人様のレポを拝見したところ、ぴーやま先輩のパートをいなぴ、ガヤぴっぴのパートをのぶぅが歌ってたとか。

 

■イン・ザ・ルーム/嵐

この曲あんまり聴いたことなかったんだけど、オシャレな曲だなぁと。こういうのも「大人MADE」ってことなんだろうな。途中のぶぅがラップしているときに3人がステージ下手側の階段の手すりに肘かけてるのが超スタイリッシュMADEさん。

 

 【歌割り】

 「ルージュ〜纏って」→大河

 「野暮ったい〜詰まって」→全員

 「どんな夢が見たい?」→稲葉

 「瞳逸らさないで」→全員 

 「もっと近づきたい」→冨岡

 「唇が求めてる」→全員

 ラップ部分は福士。それ以外は多分全員。

 

■Black of night関ジャニ∞

この曲知らなかったんだけど、MADE湾岸で一番印象に残ったのはこれ。

仰向けで無重力みたいな動きをしたり、4人で固まってフォーメーション取ってたり、多分4人で息を合わせないと上手くいかない振付。そこをきっちり揃えてきていて、なんだかMADEの底力を見たような気がした。とにかくダンスがすっっっごくよかったの。やっぱりMADEのチームワークを活かしたダンスはかっこいい!

そしてラスサビあたりでの稲葉くんがすごく感情の入っている表情していて、なんだか思わず見入ってしまった。

歌割り把握できなかったのは、入った公演全部ダンスを見ることにあまりに集中しすぎてしまったから。これ何回もリピートしてじっくり見たいからまるっと映像に残してくれないと一揆起こす。(嘘)

 

■BLACK FIRE/NEWS

前曲が終わって一瞬無音になって、大河くんの「TONIGHT~」で始まる。きたー!NEVERLANDの世界からようこそ!

冒頭の大河ちゃんといなぴがかっこよくて鳥肌もの。これめっちゃテンション上がるやつ。

この曲からファンも立つ。

 

 【歌割り】

 「TONIGHT〜」→大河

 「目には見えないLIGHT〜」→稲葉

 「SO BRIGHT!!」→全員

 「BLACK FIRE」→冨岡

 「LOVE&HATE~」→稲葉・福士

 「HEART&MIND〜」→大河・冨岡

 

 「BLACK FIRE」(ラスト)→福士

 

■LIFE~目の前の向こうへ~/関ジャニ∞

この曲はジャニヲタになる前からよく聞いてた曲なので、MADE公演で聴けたのが嬉しかった。

ステージから8-9列通路へ移動。

この曲からいよいよラストスパート。『まだまだ終わらないから』っていう歌詞にすごいメッセージ性を感じた。

 

■Love Situation/嵐

MCのじゃんけんで勝った人がセリフ言うやつ。途中で全員後ろ通路に移動。

11/12夜公演は稲葉くんだったんだけど、ウィスパーで「チカヅキタイ」言ってきたから死にましたありがとうございます。なんでウィスパーにしたの?夜公演だから???

そういえば11/12朝公演で見学席ののえるくんもこの曲で腕ぶんぶん振っててノリノリでした。ええ子や。

 

■Weeeek/NEWS

確か後ろ通路・お立ち台×2・ステージに散らばってたと思う。

終盤でこの曲とかもうねばらんを思い出す以外ないよね。ねばらん円盤化はまだですか!!!!!

途中で全員ステージに戻ってくる。

 

■U R not alone/NEWS

「僕たちも大好きな曲です」ってとみけんが紹介。

ねばらんのときも思ったけど、ほんとエネルギーに満ちた曲だよね。歌詞からも曲調からも強いエネルギーを感じる。この曲を歌うMADEはすごく頼もしく見えた。

11/12夜公演、大河ちゃん曲始まったときから泣きそうで、途中泣いちゃってたのが忘れられない。

ラスサビで上から銀色っぽい紙が降ってくる。そして、会場の周りの暗幕がサーーーっと取られて、壁がオレンジ色になる。あたたかくてキラキラした空間に佇むMADE、素敵な景色だった。

構成はAメロ→Bメロ→サビ→ラスサビ。

最後の挨拶担当はのぶぅ。

 

---アンコール---

■Disco Star相葉雅紀

ディスコスター様!!!!!これ超楽しかった!デジコンも2016年のクリエも行っていない私はこれが初の生のDisco Starだったわけです。これこんなに楽しいんだね。腕が筋肉痛なのは80%この曲のせい。

アンコールでは4人それぞぞれ上着を脱いで登場。いなぴはもちろんタンクトップ。(ノースリ着てたから)

 

■a Day in Our Life/嵐

曲の最初に、とみけんとのぶちゃんが同時にアクロバットしてたのが大迫力!

ラップはとみけんだったかな。

途中で一人ずつ前に出てきてコール→一言(ケンティー→のぶき→ひかる→たいが だったと思う)。いなぴは「100人のっても?」\大丈夫/。

 

曲が終わって、とみけんが挨拶。最後にこれ。

「俺たちの名前は?せーの!」\MADE~!!!/

そして、『きっとまた巡り会うSomeday』って言って捌けていくの天才か。こういうところだよね。MADE大好き。

 

---ダブルアンコール--- ※11/12夜公演のみ

■4+FAN/NEWS

やっぱりダブルアンコきた!

体感として今までの4-FANで一番客の声も大きかった気がする。騒ぎ倒して終われるの最高だった。まぁ声枯れるよね。

 

*****

 

正直10/14から湾岸始まったときレポとか軽く見ていて、ハイタッチタイムとかなにこれ怖い…とか思ったりしていたんですが、MADEはとにかくパフォーマンスで魅せてくれたのが大満足だった。これはきっとMADEの自信なんだろうな。やっぱりMADEの強みは今まで培ってきたパフォーマンス力と、あらゆる曲を使いこなせてどのファンでも楽しませてくれる演出構成力だと思った。8月28日とかそこらへんに11月にコンサートあるよって知らされて、構成とか演出とか考えて、えび座に出て、きっと冬のお仕事のリハもあって、そんな忙しい中でちゃんと中身の濃いものに仕上げてきたのはさすがとしか。

そしてとにかく、メンバーの名前とグループの名前を思う存分叫ぶことができるのが幸せで仕方なかった。MADEのつくるあったかくて幸せな空間、2日間楽しませてもらいました。充実した2日間をありがとう。

 

次に単独公演があるのは、MADE結成10周年YEARに突入した頃かな。10周年、どんな景色になるんだろう。今からとっても楽しみ。

 

以上。

 .

広告を非表示にする

稲葉光くんの魅力を伝えたい

  

稲葉くんハッピーバースデー!

私がいなぴを好きになった最初のきっかけは去年10月22日に入ったえび座でした。突然新たな沼を見つけてしまった衝撃的な日から1年弱、やっと誕生日を祝えた!めでたい!!しかも今年はABC座の公演日。さらにめでたい!!*1

 

ということで、せっかくの機会ということにして、今回はちょっと稲葉くんについて書きたいことを色々と書こうかなと思い、気の赴くままにキーボードを叩いています。

 

まずは、稲葉光くんってどんなところが魅力的なのか?私はとにかくそれを伝えたい。言わせてくれ。

雑な文章になりますが、私が稲葉くんの好きなところについて、思いつくままザーーーっと書かせてください。

 

もし、誰についてのことかよくわかんないけどなんかこの記事にたどり着いちゃったみたいな人がいた場合の基礎情報。稲葉光くんはジャニーズJr.のグループMADEのリーダー。誕生日は1990年10月17日。血液型はO型。茨城県出身。メンバーカラーは緑。

 

 

 ①顔

四の五の言わずに顔がかっこいい。

 

え、どう考えても最高すぎない?私が他の細かいことなんかどうでもいいからまず顔がかっこいいって言える人は稲葉くんだけかもしれない。

f:id:seika2083:20171015190216j:plain

美人。

この顔の良さが早く世間に見つかってほしい。

 

②ダンス

楽しい曲では誰よりも楽しそうに、美しい曲では一つ一つの動きに心を込めて、大人っぽい曲ではとんでもない色気を爆発させて、1回のコンサートでまるで稲葉光という人間が5,6人はいるんじゃないかと思わせてくるようなダンスが好き。影武者説あると思ってる。

f:id:seika2083:20171015230953j:plain

f:id:seika2083:20171015231048j:plain

f:id:seika2083:20171015234516j:plain

稲葉くんのダンスを見てると、なんだかすごく幸せな気持ちになる。私は専門家じゃないし、上手い下手は全くわからないけど、稲葉くんのダンスは「魅力的」だなと思う。目が離せない。

どうしても静止画じゃ伝わり切らないので、ぜひDVDとか現場とかで見てみてください。*2

 

③頭おかしいところ

例えるなら、頭のネジ抜け落ちてるとかじゃなくて、ネジをはめる場所を5個くらい間違えちゃったみたいな感じ。クリエのMC思い返してみるけど最高だった超楽しかった。

twitter.com

twitter.com

 ただイケメンなだけでは私はそのアイドルを好きにならない傾向にあるので、こういうこともあって今に至る気がする。

 

④スタイルの良さ

身長182cmの高身長、そして長い手足。稲葉くんにまだモデルのお仕事が来てないの意味わかんないってダンスクのお写真見て思った。本当に意味わからない。

 

⑤手

急に細かいところ。わたし稲葉くんの手が大好きで。いやそもそも手フェチっていうのもあるけど!

f:id:seika2083:20171015192648j:plain

指が細長くて、爪もすっごくきれいなんだよ。手だけ見えても「あ、いなぴだ」ってわかるような特徴的な手だよね。

で、ダンス中の手というか腕の動きが好き。上手く言葉で表現できないんだけど、すごくきれいだなって。美しいなって。f:id:seika2083:20171015192414j:plain

f:id:seika2083:20171015192432j:plain

f:id:seika2083:20171015230708j:plain

こんなん。(雑)

 

⑥なんだかんだしっかリーダーなところ

うっかリーダーって言われてるしこの人へらへらしてるなーって思う時もあったけど、実はしっかり周りを見て考えているし、ステージでの咄嗟の対応も得意。かと思いきやうっかリーダーだったり。かわいい。

 そして、MADEの雰囲気が良くなかった時期、「言葉に気を付けよう」って稲葉くんが言ったことで、今のMADEの穏やかな空気感が生まれたのだという。*3

やっぱりMADEのリーダーは稲葉くんだと思ってる。

 

 

 本当はもっと色々あるけどそれを全部書いてたら多分2ヶ月経っても書ききれない。

 

さてさて、稲葉くん誕生日に書くのは本当はここまでの予定だったけれど、そうにもいかなくなった予想外の出来事があり。
それが、2017年9月27日ダンススクエア Vol.21発売です。

これをきっかけに、いろいろと考えさせられ、そしてさらにいなぴのことを好きになったわけです。なので、もう少し書かせてください。

 

昼休み中、Twitterでダンスクの連載「ジャニーズJr.徹底解剖」*4が稲葉くんの番になったという情報を得て、さぁ仕事戻るか〜と会社のエレベーターに乗り込もうとしていたわたしは足が震えて歩けなくなった。まじか、と。

わたしが始めてダンスクを購入したのは、Vol.16、MADEが始めて単独で巻末特集を飾った回で、「徹底解剖」は宇宙Six江田ちゃん。江田ちゃんの記事を読んで、なんだこの最高な企画はと思った。入所当時の話から、ターニングポイントのこと、そしてこれからのこと、詳細すぎるプロフィール。その人のありとあらゆることを知ることができる。ファンなら誰でも読みたいものだろうと。*5

 

わたしが稲葉くんそしてMADEを好きになって、単純に興味を持ったことは、「今まで何を思って続けてきたか」ということ。14年間とか15年間とかって人生の半分以上。これを自分に置き換えて考えてみたら、果てしなく長い時間で。そして、26とかそのくらいになると、色んな選択を迫られることもあって。自分の人生に真剣に向き合わないといけない時期なのかもしれないな、と私も去年あたりから日々感じている。

そんな中で、彼らはどうして同じ場所で頑張っているのか。ほんとに、ただ単純に。すごく気になっていて。

それが、このダンスクでわかるかもしれない。そう思うと、楽しみ通り越して吐き気がした。

 

9月27日朝一で本屋に駆け込んでダンスクを手に入れて、読んで、あふれ出てきた感想をひとまずパソコンに書き殴った。まとめつつ、ここに書いておこうと思う。

 

このダンススクエアでわかったことは、稲葉くんはそれぞれのポイントで、自分の意思で道を選択し、時に人に相談し、決断し、自分の足で歩いてきた人なのだということ。

 

私がJr.を応援したいと思ったのはこれが初めてだったけど、厳しい世界だってことはもちろんわかってたし、考えたくないけど「いついなくなってしまうか」なんて私たちファンには到底わかりえないこと。ファンはその人の一瞬一瞬に幸せを感じながらも、きっとどこかで不安を抱えているだろう。私も例外じゃない。

ダンスクでこの文章を読んだとき、目の前が急に明るくなるような感覚がした。

 

「まだまだやりたいことがいっぱいあるから、学校を卒業してからは、仕事を辞めたいと思ったことはありません」。*6

 

好きなジャニーズJr.から聞ける言葉の中で、わたしにとってこれ以上の言葉はないと思った。

この前向きな言葉がすごく嬉しくて。気づいたら、家以外でダンスク読んでたら不審者と思われるんじゃないかなと思うくらい笑ってた。

 

何かを続ける理由ってきっと人それぞれで。稲葉くんがなんのために続けているのかって、一言で言うと「自分がそうしたいと思うから」なんじゃないかな。

これはきっと、すごく強くて揺るぎない動機。自分の意思でステージに立ち、充実した表情を見せてくれる。だからステージに立つ稲葉くんは、誰よりも楽しそうなのかもしれない。私はそんな稲葉くんを見るのがすごく楽しいと思うし、幸せだと感じる。2016年10月22日のえび座昼公演、きらっきらの笑顔で踊る人を見つけた時のことは忘れられない。わたしが稲葉くんを好きになった理由って、すべてはこれに行き着くんじゃないかなって。1年経ってようやく点と点が繋がった。

 

やりたいことをたくさん抱えてしっかりと前を見据えている稲葉くんはとても輝いているし、かっこいい。そんな同い年の人がいることを知って、いるフィールドはまるで違うくせに、なんだかわたしも頑張らなければいけないな、と思った。ダンスク発売日以来、ネガティブ気質な私は、今までよりもずっとずっと前向きに仕事することができている。稲葉くんの前向きさは、私のパワーになっている。

 

 

知りたいことを知ることができて、私は今とても満足している。

でも、これで終わりではなくて。ダンスクを読んだ今、今度は稲葉くんが「やりたいこと」をどうやって達成していくんだろう、達成した時それはどんな景色を見ることができるんだろう、そういったことに興味がある。だから、たくさんのチャンスを掴んでほしい。待つのではなく、掴みに行ってほしい。 

迷うことが多々ある私だけれど、これからも稲葉くんを見守らせていただきたい所存でございます。

 

これからも、稲葉くんの「やりたい」ことをたくさん達成できますように。実り多い一年間になることを願っています。

改めて、お誕生日おめでとう!! 

 

 最後に。

皆さんダンススクエアVol.21をぜひご覧ください。(宣伝)*7

 

 以上。

 

*補足

この記事で使用したお写真について

・滝沢歌舞伎2015 パンフレットオフショ

・ABC座2016 ステージフォト第一弾

・NEWS LIVE TOUR 2015 White「ロメオ2015」

・NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO「LIS'N」「愛のエレジー」「Wonder」

・嵐 LIVE TOUR 2016-2017 Are you happy?「Amore」

 

 

.

*1:ABC座2016は出演していたものの休演日で、ダンススクエアVol.16の撮影をしていたとのこと

*2:個人的にはWhiteの「ロメオ2015」とQUARTETTOの「Wonder」が好き。早くNEVERLAND円盤化……

*3:ダンススクエアVol.21より

*4:ジャニーズJr.をマルハダカにするリレー連載

*5:余談だけど、色んな人のを読みたすぎて後々Vol.15もわざわざ入手した

*6:ダンススクエアVol.21より引用

*7:SHOCKのこととかトラジャとSnowManそれぞれ座談会とかまとくんこじゃくんのえたんの対談とか宇宙Sixの座談会もあるので内容盛りだくさん。おすすめ

NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND 感想など

 

NEVERLANDの感想やらなにやらを記録として書き連ねます。後から読み返して、ああこんなかんじだったなって思い出せるように。大体MADEをはじめとしたJr.のことが中心です。私が見た範囲でのことを書きます。まとまっていません。そして曲によって文章量に圧倒的差があるのはご了承ください。(本当は立ち位置もどこかに記録しておきたいけど、それは気が向いたら)

 

◇基本情報

【日程】

北海道(2017/4/1~2)、福岡(4/8~4/9)、宮城(4/15~16)、静岡(4/29~30)、大阪(5/6~7)、名古屋(5/13~14)、和歌山(5/27~28)、広島(6/3~4)、東京(6/10~11)

【ツアーバック】

MADE(秋山、稲葉、冨岡、福士)、野澤、渡辺(大)、福谷、植田、今野(貴)、影山、椿、新藤、林(拓)、荻野、西村、高橋(汐) 計16名

 

※Jr.がついてる曲には「」をつけてます

※東京ドームでの追加曲に「」をつけてます

 

-------------

■冒頭~NEVERLAND ☆

メンステから汽車でJr.が出てきたその瞬間から異世界だった。セットの凝り方がとてつもなさすぎてびっくりした。Jr.全員、車掌さんの格好。センステに到着し、曲が始まる。

それぞれ汽車のセットを傍らに、センステ周りをぐるっと囲むJr.。そして、センステ中央がせり上がり、NEWSが出てくる。

私「すごい!!テレビで見た人たちだ!!!!!」私の感想の小並感はいい加減どうにかしたほうがいい。

Bメロでセンステが回り始める。2番の途中で、稲葉くんはゴシさんから剣みたいな火が出てるやつ(伝われ)を受け取って、スタッフに渡す係していた。

曲の途中でJr.はセンステからバクステ側に移動してはける。

 

■アン・ドゥ・トロワ

そのままセンステで曲が始まる。ペンラの自動制御で黄色い光が点滅し始めるのがきれい!

最後のほうでメンステに移動。曲終わり、4人で手で「NEWS」って文字を作って、一旦はける。

 

その後、NEVERLANDの世界についての説明映像が流れる。

 

■EMMA

イントロが流れた瞬間のキャーーーーーがすごい!!MADEのクリエの一曲目をEMMAにしてのは正解だったんだろうなと思った。ここで会場の温度が一気に上がる!

クリエ後の公演入ったらクリエロスがひどかったよ…泣きそうになったよ…

 

KAGUYA

縦花に移動。あのリフターっていうかいろんなところ空中で回るセットすごいね!?最初見たときびっくりしたわ!!小山さん大丈夫なの!?(そこ)

ラスサビ前で「君の名は”KAGUYA”」って言うところ、小山さんスタンドに向けてバーンしながら言ってるけど、あれバーンの先にいた人は生きてるの?

 

■恋祭り

タオルまわせーな曲!!わっしょい!!そしてこれもちょっとクリエ懐古。

 

D.T.F ☆

センステからJr.登場!それぞれ色違いのたすきみたいなのかけてた。MADEはメンカラだったかと。

4人ずつのグループに分かれてダンス。稲葉・冨岡・野澤・植田グループは4人で縦に抱きついたり、のんちゃんの股下をくぐったりくぐらずずっと股下にいてのんちゃんにはたかれてたり稲葉くん潰されてたり。かわいいが渋滞しててしんどい。

「Hey!ちょっとよそ見すんなよ」のところで二人ずつペアになって、あっちむいてほい。勝った方が負けた方に顎くいみたいなのをする。稲葉くんはとみけんとペアだったんだけど、顎くいというかもはやとみけんの顎がっつり掴んでたりなぜか首絞めたりビンタしたり……こうして文字にしてみるととみけんちゃん不憫すぎて愛しい。

全力で「DT!F!D!T!F!!」してたりサビでぴょんぴょん跳ねてたり、稲葉くん平和!!平和の象徴!!!

途中でいなとみのんうえがバクステ側にいるとき、まっすーがきてまっすーの真似して仁王立ちというか静止してたり仲良し仲良し。

「ブン回せ手を振れ振れ」のところの影ちゃん、腕ぐるんってしてバッてやる振りがなんか危なっかいくてとてもかわいい。

そして曲終わりでみんなでバクステ側移動して、記念撮影!MADEは大抵ちゃんと写りこんでたよ。

 

■4+FAN ☆

この曲でNEWSが一人ひとり挨拶するんだけど、稲葉くんしゃべってるメンバーの方を指さしたり、バクステ側のスタンドを煽ってたり、終始元気いっぱい!

 

■あやめ/シゲ先生ソロ ☆

シゲ先生の世界観って本当に独特。このツアーで「来年のMADEクリエではこの曲やってほしいな」とか思ったりすることあるんだけど(気が早い)、このあやめはシゲ先生にしか表現できない曲だなって思った。

Jr.は白いぺらぺらの衣装着て、最初のサビ終わったタイミングでメンステに出てくる。

稲葉くんがなんだか儚げで。目が虚ろだったり、「無」な雰囲気だったり、「ノックノック」のところの感情が表に出たような表情だったり、最後倒れるところでの苦しそうな表情だったり、まるでさっきまでとは別人。やっぱりこの人絶対5人くらいいる。

 

■Brightest ☆※冒頭16人、途中MADEのみ

メンステで残るJr.が、あやめ終わりからBrightest冒頭までセンステに移動しながらパフォーマンス。あやめでも思ってたけど稲葉くん腹ちらしすぎでは。でんぐり返しするところこれでもかってくらいベロンってお腹と背中見えてたけどいいの!?結構はらはらしたwww

メンステまで移動して、Jr.ははける。NEWSがメンステ上段で歌い始めて、途中ステージが暗転した瞬間にNEWSの黒子としてMADEがメンステ上段に登場。間奏部分のみ踊って、その後すぐにはけてた。MADEはやっぱりでかい。

 

シリウス

この曲QUARTETTOの中でWonderと同じくらい大好きで、聴けたのがすごく嬉しかった。

 

■Snow Dance

リフターの位置把握してなかったから、いきなり増田さんが目の前にきてびっくり。この曲、増田さんの丁寧な歌い方が素敵だなぁと思った。

 

スノードロップ ○

ドームの追加曲。初めて聴いたけどとてもいい曲!

 

■Touch ☆

黄色基調の衣装でJr.が登場。最初の方は、4人ずつグループになってダンス。

稲葉くんははるはるとなんか色々していることが多くて、パーカー直してもらってたり、もたれかかったり。あと広島初日で稲葉冨岡渡辺新藤グループのところにまっすーがきて、なんか色々してたら(さっきから表現が雑)みんなで1列になるところで入るの遅れかけて慌ててたのがかわいかったwww*1

オーラスで突然気になったんだけど、大河くんだけ蛍光黄緑の靴はいてるからものすごく目立ってて。足元だけ見たら稲葉くんかと思った。*2

曲終わりでまっすーがカメラに向かって「タッチ」ってするから、それ見て笑ってる大河くんがモニターにばっちり映ってた。DVDでも映りこんでると思うので要チェック。

 

■ニャン太/小山さんソロ

やっぱりドームで小山さん泣いちゃった;;むしろそれまでよく泣くの耐えて歌えてたよなぁと……。

 

■恋を知らない君へ

この曲好きすぎて普通に泣きそうになった。改めてゴシさんの高音を生で聴くと鳥肌もの。

 

■フルスイング

まさかオーラス前日に小山さん泣いちゃうとは思わないじゃんか~~~;;もらい泣き不可避……(DVDで美恋魂のフルスイング見てめちゃくちゃ泣いた人)

 

■恋のABO ☆

アリーナではJr.がセンステ横から登場して、MADEはNEWSに衣装のコート着せる。稲葉くんはまっすーに着せてた。ドームではそれがなくて、NEWSはスタッフからコート受け取って、Jr.は曲始まる前にバクステ側から登場。そしてNEWSと一緒にセンステに移動してから曲開始。

Bメロの稲葉のお尻芸(言い方)がかわいすぎて!公演によって拒否したり素直にお尻見せてたり準備してたのにまっすー無視して「なんでですか!」みたいになったり!収録回で「稲葉のお尻をバーン!!」やってて私歓喜。増田さんありがとう!!!!!

あとこの曲、はるはるのキレが他の人と段違いすぎてすごかった。足ばっきばき。ほめてる。

この曲の稲葉くんはただの足長お祭りお兄さん。

 

■サマラバ ☆

和歌山公演以降の追加曲。

Jr.4人ずつのグループになって、NEWSのメンバーもそれぞれのグループのもとに。

ぴょこぴょこ跳ねる稲葉くん!アリーナのとき、ラスサビで真っ先にメンステ走って、ステージサイドのスタンドのそばに行って元気よくお手振りしてて。かわいい~できる子~と思いながら見てた。(何目線)

 

■NYARO

結局この曲にジュニアがついたのは初日の北海道だけだよね?次の曲の準備が間に合わないからだろうなぁ…。クリエの時から思ってたけどこの曲歌うともれなくみんなかわいいの本当にすごい。

 

■ORIHIME ☆

スモークが炊かれたセンステで、とみけんちゃんが一人踊り始めて息止まった。

事前に情報は色々把握してから私的初日の静岡に行ったわけだけど、想像の100万倍すごかった。とみけんと新藤くんの伸びやかなダンスがすっごく綺麗で。そして二人ともダンスの系統が似てるのか、息ぴったりで。見とれてしまった。思わずその世界に引き込まれた。

アリーナでは、最後、織姫(新藤)と彦星(冨岡)は再び会おうとするけど、センステに阻まれて会えなくなってしまう。それを目の当たりにした織姫と彦星はそれぞれ、うつむいたり空を見上げたり。胸が苦しくなる、切ない終わり方だった。

ドームではセンステはせり上がらなくて、織姫と彦星は向かい合って、手を伸ばして曲が終わる。今まで会えなかった織姫と彦星がやっと会えたってことなのかな…って思ったけど、きっとこれにはいろんな解釈があると思う。

広い空間、天の川みたい光ってて幻想的なステージで踊るいつとみに、感動しっぱなしだった。織姫が新藤くん、彦星がとみけんって適任だと思うけど、なんでこの二人になったのかについて誰か教えてほしい。

いつとみ以外のJr.は最初のサビが終わった後にセンステに出てきて、それぞれペアになって踊って、大サビが終わるころにはける。大サビ前で振り向くような形になるところと西村くんと向き合って指をさす稲葉くんが凛々しくてすごくかっこいい。

 

■MC

オーラスのこやますてごVer.のあやめ披露で死ぬほど笑った。曲も流れるわスタッフ協力のもと照明もセットもそのまんまだわラスサビでJr.全員出てくるわカオスすぎて、そしてそれをメンステでずっと眺めてるシゲ先生の図が超シュールで、なにこれ最高か。

Jr.は次の衣装に着替えてた状態で出てきたんだけど、福谷くんだけ着替え間に合ってなかったってお友達に聞いて笑った。出ようって言ったの誰。(大河くんかいなぴと予想)

これほんとノーカットで収録してほしい…!

 

■FOREVER MINE/増田さんソロ

増田さんの歌声っていいな…ってシンプルに思った。歌い方が丁寧で心がこもっていて、すごく癒される。

 

■Silent Love ☆※MADEのみ

NEWSとMADEの8人しかいないセンステ!!平均年齢27.75歳*3の8人が作り出す世界観はさすがとしか。この曲の8人多分みんないけない恋してる。

この曲のMADEはそれぞれ踊り方に個性が出てたなっていう印象。のぶきの踊り方がね、表現豊かなんだけどすごくはっきりしていて。個人的にこの曲で一番好きなののぶきのダンスだなって思った。稲葉くんはさりげなくお色気ダダ漏れ。大河くんは感情がすごく入ったダンス。とみけんはしなやかできれいなダンス。

あと特にこの曲でなんだけど、双眼鏡で稲葉くん見てたら映りこむ大河くんが視線泥棒すぎて。たまにNEWSって5人だったっけって錯覚したわ。すごい。

アウトロではMADE先頭で8人でメンステに移動。最後の最後まで気持ちがこもっていて素敵だった。

 

■ミステリア ☆

アリーナではSilent Love終わったあとに8人でメンステに移動してMADEはそのままはけてたんだけど、ドームではミステリア冒頭のみ踊ってはけてた。そしてサビ途中でメンステに再登場。アリーナではメンステ上段で、ドームでは上段ではなくて、かげうえいつはるの後ろで、のぶたいとみいなの順番で。

静岡で上手メンステ寄りのスタンドに入ったとき、膝ついて仰向けになってから上半身だけ起き上がる稲葉くん、首元がどことなくえろく見えて、なんか見てはいけないもの見てしまった気分になって勝手に動揺した。あと曲の最後上半身起き上がったときに親指で唇拭ってて、いやいや色気!!!!!!って。わたし静岡公演終わってからこの曲の稲葉くん1週間くらい引きずったわ。それにしても片足上げてその反動で起き上がるところ、稲葉くんサルエルパンツ履いてあの足の長さってもはや一周回って引くレベル。

この曲は影山・植田・新藤・渡辺がメインバックってことでいいのかな?NEWSの真後ろだから、DVDでの映りこみを期待してる。

こういう世界観の曲大好き!!アルバム最初に聴いた時からミステリアが一番好きだと思った。歌詞の感じとか曲の雰囲気?みたいなのがちょっとだけチャンカパーナに通ずるところがあるなと思ったんだけど私だけかな。

 

■BYAKUYA ☆○

まさかBYAKUYA聴けるとは思わなかった。B少年の十八番みたいになっていたところで(祭とクリエ)、MADEが大人の色気で圧倒して(クリエ)、満を持してついに本家のお通りだぞ的な。何この一連のストーリー。すごい。NEWS先輩かっこよすぎるだろ。

途中でNEWSを先頭にメンステからセンステに移動して、ラスサビはセンステで。特効も使って大迫力!

 

■さくらガール ☆※ドーム公演冒頭のみ

BYAKUYAから一転、みんな笑顔で。稲葉くん平和の象徴!!(2回目)

 

■I’m coming/ゴシさんソロ

これが噂の手越ワールド!!なんかもう…なんというかすごかったです。(語彙力)

これ静岡のとき思ったんだけど、MCで「親子席とかにもたくさん来てくれて~」みたいな話をしてからこの曲やるって。親子席は気まずくないのかと思ってしまったんだけどどう?

あとこんなこと思って本当に申し訳ないんだけど、ドーム公演のとき、桜の花びらがきれいに舞っている中センステの中央からベッドとゴシさんが出てくる様子はちょっと面白かった。

 

■BLACK FIRE

ベッドに仰向けになりながらゴシさんが歌い始めるから、そう始まるか!!と。この曲のシゲ先生のシャウトがかっこよくて大好き。本当はこの曲で騒ぎ倒したかった。(自重した)

 

■バンビーナ ☆

これ!!増田さんがもっと感じさせてやるよってセリフ吐く曲だ!!!(美恋魂のDVDの知識)まさかこの曲聴けるとは思わなかったな。

Jr.の衣装の黒いトップスは型違いなのか、人によってタンクトップだったり長袖だったり。稲葉くん萌え袖かっていうレベルで袖長いから腕がさらに長く見えて、そしてうなじ部分がなんかだるだるというかゆるゆるで、踊ってると時々ちらちらうなじの方見えて、あからさまに見せてるわけじゃないところがなんか性的だったしミステリアに引き続き見てはいけないもの見てしまったような気分になった。そろそろ私は何を言っているの。

まぁあかんやつだとは予想してたけど案の定あかんやつだったよね。腰の回し方がえろい。どえろい。

ドーム公演ではうえしょーくんとはるはるだけセットの中段でそれぞれ1塁側・3塁側で踊ってて、すごく目立ってた!かっこいい!

 

■ANTHEM ○

NEWSがメンステで。サッカーの曲だよね?

 

チャンカパーナ ☆

アリーナとドームで大幅に変わったもの。分けて書く。

【アリーナ】

NEWSはスタトロ。Jr.はAメロ途中くらいでメンステに出てきて、1列になってダンス。

わたしいつぞやのカウコン録画で稲葉くんがチャンカパーナ踊る姿が映りこんでるの見て、なんだこれめちゃくちゃかわいい!!って思って。いつかチャンカパーナ踊る稲葉くんを思う存分見たいなって思ってたから、それが叶って嬉しい!おっきく口開けて歌詞を口ずさみながら、長い手足を思いっきり使って踊る稲葉くんがかわいい~~~やっぱりこの人は平和の象徴!!(3回目)

そして「美しい恋にするよ」のところのMADE劇場が毎回楽しみでした。基本的に稲葉くんが壊れてた気がする。突然でんぐり返し2回してからのぶきに「約束するよチャンカパーナ」言ってたのは爆笑したし意味わからなかった。*4

衣装はバンビーナと同じ。

 

【ドーム】

あれ?メンステに出てこない?と思ったら、なんか1塁側メンステ側でフロート移動し始めるNEWS先輩の後ろにわらわらいるんだけど!?ってびっくりした。しかもMADEがフロート乗ってる!!!そこそこ色んなグループのコンサート入ったけど、こんな演出見たことない。バックのJr.が一緒に外周回るなんて。フロート乗るMADEを見れるなんて。NEWS先輩~~~~~!!!!!(号泣)

順番的には、まずNEWSのフロート。そのあとにMADE以外のJr.がフラッグ持って徒歩移動。そのあと、いなのぶのフロート、とみたいのフロート。そういえばみんなフラッグ持つ中で汐音くんと西村くんだけ何かに乗って漕いでたのは一体何。

Jr.はツアーパーカーの中に、それぞれ色違いのロングパーカーみたいなの着てた。MADEは稲葉(薄ピンク)→冨岡→大河→福士(赤)のグラデーション。

 

■チュムチュム ☆

【アリーナ】

Jr.はメンステからセンステに移動して、センステを囲むようにしてダンス。

静岡公演、アウトロで突然踊りながら移動し始めてのぶきと場所チェンジしてた稲葉くん最高に意味不明。

 

【ドーム】

チャンカパーナに引き続き、外周を移動中。

 

■渚のお姉サマー ☆○

チャンカパーナ・チュムチュムに引き続き、外周を移動中。

 

■Weeeek ☆

【アリーナ】

Jr.はこの曲でツアーパーカーを着る。MADEのパーカーは稲葉くんが配るんだけど、放り投げたり畳んで一つずつ置いたりのぶきにだけ渡さなかったり、これも色々あったようで楽しい。

途中、NEWSが「ジュニアに注目――――!」ってなって、16人でポンポン使って「N」「E」「W」「S」「♡」の文字を作る。

そして途中でとみけんが縦花でバク転バク宙!!これがすっごく盛り上がって、客席からの歓声と拍手がすごかった!

 

【ドーム】

Jr.がメンステからポンポン持って出てくる。

そのあとポンポンで「NEWS」って文字作ったりするところは同じ。これオーラス翌日のWS見て気づいたんだけど、他の子と比較しても稲葉くんの移動量が何気にすごくて、最年長結構大変なことしてたんだなと笑ったwww

とみけんのアクロもアリーナと同じく縦花で!5万5千人の視線を独り占めするとみけんさんかっこいい!!

 

ポコポンペコーリャ ☆

途中センステで、魔法にかかって眠ってしまうNEWS。「寝ちゃったよ、どうしようー!!」ってJr.がそれぞれ演技してるんだけど、MADEのリアクションがめちゃくちゃオーバーで超面白い。そして、魔法を解くために、Jr.が魔法のダンスを。

稲葉くん元気よく「こうしん!」「ちょきちょき」「はーと」とか大きく口を開けて言いながら踊るの。かわいすぎて手が震えた。あと稲葉くんの隣が影ちゃんで、稲葉くんがしゃかりきすぎるせいなのかよくわかんないけど、影ちゃんなんか遅れそうだったりどことなくバタバタしてたり”ちょきちょき”がなんかふにゃふにゃだったり、でも”行進”だけ張り切ってたり、それがあまりにもかわいくて何これ!!!それと福谷くんはるはるの同級生コンビもなんか色んな事してて面白かったんだけど詳しくはどなたかのレポで…。(ふくはる劇場1回しか見れてない)

魔法のダンスのテンポがだんだん速くなると、稲葉くんダンスが超適当www

NEWSが起きて、みんなでダンス。その後にNEWSからのプレゼントってことでみんなペンラ出してーって。ない人は拳でーって。そのときに張り切って拳を天高く上げる稲葉くん。福谷くんはネバーランドの鍵持参してて、それを上に上げてた。ペンラが点灯される瞬間に影ちゃんが両手両腕で思いっきりバッ!!ってやってるのがすごくかわいい!

ペンラが一斉に点灯されて、Jr.紹介。ちゃんとモニターに一人ひとり名前が出るの!NEWS先輩~~~~~~!!!!!!!!(合掌)

バクステ側にJr.はける前、16人1列になって一礼するんだけど、ドーム公演の衣装のロングパーカーがグラデーションになっててすっごく綺麗だった!

 

■流れ星 ☆

Jr.は冒頭の汽車のセットでメンステに移動。これがみんないい顔していたの。やりきったというか、すごく清々しい表情していて。なんだかそれだけで胸いっぱいになってしまったよ。お疲れさまでした。

この曲終わりで、NEWSもメンステにはける。

 

■UR not alone

NEWSがツアーTを着て、メンステに出てくる。「声を聴かせてくれ」って。なんてあったかい空間なんだろう。

 

この曲、すごいエネルギーを持った曲だなって思った。

音の並びがとてもシンプルで、耳に入りやすくて、誰でも口ずさむことができる。だからこそ、歌詞の意味が心にすごく響いたの。

 

“ああどうか 力を貸してくれないか”

NEVERLANDは演者のみで作るものではなかったんだなと。NEWSがいて、Jr.がいて、スタッフがいて、ファンがいて、初めてNEVERLANDは完成した。物理的にではないけれど、この曲によってこの空間が一つになったような、そんな強いパワーを感じた。

 

わたしはJr.担としてこのコンサートに入ったわけだけど、この曲はすごく胸に刺さった。この曲でJr.は登場しないけれど、みんなどんな表情でUR not aloneという曲を聴くんだろう。何を思ったんだろう。

“僕は誓うよ 一切引かないし 一切負けない”

”自分で決めた道の上 全てをかけて 笑えるように やり抜くぞ”

このツアーについたJr.16人の胸の中にも、この曲があればいいな、なんていちファンは思う。

 

-----------

 

それなりに色んなグループの現場には行ってるけど、ここまで作りこまれたコンサートは初めてだった。最初から最後まで、隙がないの。安心して、その世界に身をゆだねられるというか。

まさか数ヶ月前まで名前しか知らなかったアイドルを見るために、初めてのNEWSツアー、地方まで足をのばすことになるなんて思いもしなかった。でもきっと、このNEVERLANDというツアーじゃなかったら、こんなにたくさん行きたい!って思わなかったと思う。例えMADEが出ていなくても、行かなかったら後悔していたかもしれない。すごく素敵なツアーだった。

 

NEWSのバックにつくJr.は幸せだろうなって思った。

NEWSの4人だけで楽しんでないの。Jr.が置いてけぼりになったりしていないの。Jr.も一緒に、20人でコンサートを楽しんでいたの。みんなもれなくいい表情してたのがすごく印象的。

そして人の顔と名前を覚えられない私が!ジャニヲタになる前はJUMPすら若すぎてわからんわとか言ってた私が!まさかツアーバック16人全員の顔と名前を一致させることができるなんて。そしてなんか最終的に影ちゃんかわいいとか孫にしたいとかまたなんかのコンサートで見たいとか言い始めてるから恐ろしけど楽しい世界。

 

あまりにも終わってほしくなさすぎたので、今ものすごくロスっています。早急に映像化をお願いします。

長文乱文失礼いたしました。

 

*1:広島公演6/3

*2:稲葉くんのレッスン靴の話

*3:6/11オーラス時点

*4:広島公演6/3。そのあとに大河くんに頭はたかれてた

ジャニーズ銀座2017 MADEに関する雑感

 

クリエに入ってみて思ったことなどなどを書いてみる。一週間全力で楽しみすぎてへろへろになっている語彙力ないド新規ヲタの戯言です、ご容赦ください。

 

私がMADEを好きになったのは、2016年のABC座応援屋がきっかけです。2016年一番焦点を当てていたJUMPのツアー横浜公演が終わり、一息ついたころ。ショータイム前の「サポーターズ」で、きらっきらの笑顔で踊ってる子が気になって。一部の薮担の間(?)で稲葉くんは少し話題になってたから、すぐにあの子が稲葉くんか!ってわかって。その時初めて顔と名前が一致したわけなんだけど、終演後にMADEのこと調べてみて、稲葉くんどう考えても好みのお顔だったり背が高かったり*1歳下だと思ってたら同い年だったり…って知ったときに、そっとスマホ画面閉じたよね。この時点で、これ以上調べたら落ちる予感がして沼に怯えた。そのあと、キスマイ目当てで見てたハロウィン音楽祭で無意識に稲葉くん探したりWhiteのロメオ見て呼吸困難になりかけたりQUARTETTOちゃっかり初回盤予約したりという具合で、結局ずぶずぶと落ちたわけです。今回は沼にインする勢いがとてつもなかった。

 

稲葉くんそしてMADEのことをもっと知りたくて。私はMADEがどんなパフォーマンスを作り上げるのか、どんな歌声をしているのか、どんなことを話すのか、どうしても見てみたかった。だから、私は2017年のMADEクリエに絶対行こうと決めた。行かないと2017年終われないとまで言ってた。

 

 

5/18~20に単独クリエ、5/23と24に宇宙Sixとの合同クリエに行ってきたけれど、演出・ダンス・歌、すべてが期待以上、ここまでお値段以上だとは思わなかった。特にダンスなんだけど、不安にさせる要素が一切見当たらなくて。みんなステージを我が物にしていて、私はド新規なりに、これが「経験」っていうものなのかなって思った。舞台班の底力、最高にかっこよかった。ここまで感想が大渋滞になった現場は初めてだったかもしれない。語彙力はないけれども私は猛烈に感動している。伝われ。

 

増田さんのJohnny’s Webの連載が、私の背中を押してくれた。私はMADEが”スター”になるところを見たい。そしてそのために応援し続けたい、と心から思った。二度と担当掛け持ちはしないと決めて8ヵ月、私はもう一度掛け持ちを始めることにした。ちゃんと担当を名乗る勇気が出るのは、もう少し先になるかもしれないけど。

 

MADEは知る人ぞ知る存在になっている。私だってそうだった。ジャニヲタになってから1年半近く、薮担となって滝沢歌舞伎のDVDを購入するまで、MADEというグループがあることすら知らなかった。歌舞伎のDVDを見ても、大河くん以外は覚えられず(やっぱりフルネーム言うの大事)*2。IZANAMIは散々見たくせに、薮担になったばかりで薮様IZANAMI様しんどいと思うばかりでバックを見る余裕が全くなく。冒頭に記載した通り、2016年10月えび座に入るまで、MADEというグループに注目することはなかった。

だけど、MADEって本当にかっこいいんだよ。今回クリエに入って思ったの。先輩たちから学んで、吸収して、今回のクリエのような機会でそれをより良い形に作り替えて自分たちの武器にするんだなって。「経験」は嘘をつかないっていうことを、今回思い知らされた気がする。

もっともっと、早く知っていたかった。人が人を好きになるのはタイミングというものがあるし、わたしがMADEを好きになったのはあのえび座、2016年一番焦点を当てていたJUMPのツアー横浜公演が終わって一息ついたあのタイミングしかなかったんだって思っているけど、MADEに関してだけは、どうしてもそれが悔やんでも悔やみきれない。DVDで観た美恋魂もwhiteもQUARTETTOも滝沢歌舞伎も、MADEの働きは素晴らしかった。去年の初単独クリエのレポをブログやら雑誌やらで何回も読んだけど、何度読んでも泣かずに読むのは無理だった。どうしてこの世界を、私はもっと前から知らなかったんだろう。

だからこそ、私はもっとMADEのパフォーマンスが色んな人の目に触れる機会があるといいなと、クリエに入って、素直にそう思った。

 

 

以下、ちょっとした戯言。時々思うこと。

私は子どものころから今までずっと続けていることなんか何もない。辞めてしまったこと・諦めてしまったことばかり。だから、15年間とかいう長い年月、同じ世界で頑張るって、私には全く想像がつかない。どんな気持ちなんだろうって、単純に興味があったりもする。

私には推し量ることしかできないけれど、きっと色んな選択肢があったんじゃないかな。「続ける」ということにはある程度の惰性もあるのかもしれないけれど、不確かな世界、これでよいのかと振り返らなかったことなんてきっとない。だから、惰性でもなんでもいいから、一生に一度しかないこの時間を、この世界に捧げ続けてくれているということに、私はただ感謝したいなと思った。

ふとそんなことを考えるときがあるんだけど、自分でも何言ってるんだろうなって思ったりもする。

 

 

 

そして、今回クリエに入ってみて、色々MADE4人について思ったことがあるのでつらつらと書かせてください。

 

**********

■大河くん

D公演の演出構成振付全部担当したってすごすぎだろ。

きっと、ファンが何を求めているのかを熟知しているんだろうな。演出一つ一つとってもヲタクのツボを押さえまくっていて、すごい。ファンの目線に立って考えられる人だと思ったし、大河くんに対しては信頼しかないと思った。

私は単独公演でバックについてた4人のことは名前を知ってるのみで、それぞれどんな子か全く知らない状態でクリエに入ったんですが、今はもう顔と名前が一致するだけでなく、その子がどんなキャラなのか、そんな踊り方をするのか、すっかりよくわかるようになりました。私がもしジュニアだったら大河くんに付いていきたい。

大河くんは情報局の動画見て声低めだなって思ってたけど、歌では高音域もしっかり出るんだなってちょっと意外だった。Wonderが本当に良くて、鳥肌ものだった。そしてラブシチュの「チカヅキタイ」ごちそうさまでした。

いなぴの暴走に対してちゃんとつっこんでくれてありがとね。大変だね。タイカレー面白いからいつかまたやってくれ。

あとお願いだからなんでFIRE BEATとスギルセツナがセトリ入りしたのかを教えて。(超個人的な質問)

 

■稲葉くん

稲葉くんが歌っているところを見るの初めてだったけど、想像していたよりもずっとずっと歌える人なんだなって思った。(ごめん)稲葉くんの歌声は、しっかり声量がある印象。個人的に、Butterflyが稲葉くんの声に合ってる気がして好きだった。あと合同公演のスワンソング聴いて思ったのは、稲葉くんの声で聴くキンキもなかなか良いなって。プレッシャーはあるのかもしれないけど、また林くんと歌ってみてほしいな。

そしてMCのとっ散らかり方がすごすぎてwwwほんとこの人いい感じに頭おかしい。でもただ自由にやっているだけではなくて、ちゃんとステージ上では機転が利く人なんだなっていうのは思った。ちょっとしたハプニングみたいなものへの対応が冷静で、単純に感心した。そういうのはやっぱり、ステージ経験なのかな。頭おかしいけど。

今回のクリエは稲葉くんを見ている時間が一番多かったから、感想はここに書ききれないくらいある。とりあえず言えることは、稲葉くんを応援しているのはすごく楽しいってこと!いきなり色気爆発させてたり、笑顔で可愛かったり、かっこよかったり、美しかったり、頭おかしかったり。この人5人くらい影武者いるんじゃないかってくらいその時によって全く別の表情をする稲葉くんを見ているのが楽しい。表情豊かな稲葉くんが好き!

20日昼公演で散々MC暴走した稲葉くん見たあとに夜公演入って冒頭のEMMAでどえろい稲葉くん見たとき脳の処理が追い付かなくて冗談じゃなく混乱したのはいい思い出。

 

■冨岡くん

NEVERLANDの静岡公演入ってから、私の中でとみけんちゃんの株が急上昇してる。とみけんは歌っているところがあまり想像できなかったんだけど、とても優しい歌声していて。だけどラップ部分は力強くて、そのギャップにびっくり。LIS’Nの歌い出しとか、ふぁいやびのガヤパートとか。ラップができるイメージ全くなかったから、すごく意外だった。

意外といえば、アンコールでピアノ弾いてたことも。そろそろ、むしろ君は何ができないのレベルになってくるのでは。

「みんなの弟」って言われるけど、MCとか挨拶とかでは基本的にとみけんが進めていて。わかってはいたけどほんとにMADEの中で一番まともでしっかりしてる子なんだなって思った。そしていなぴの暴走にちょいちょい巻き込まれてて、苦労人っぷりに笑ったwww観点違うかもしれないけど、岸くん(Prince)がMADEで一番年上なのとみけんって勘違いするのすごくわかる。*3(実際の最年長は暴走した人)これからもMADEの良心でいてね。

とみたいシンメの絡み可愛かったなぁ。しっかり者のとみけんが「弟」になる瞬間ってすごく可愛い。

 

■福士くん

いまだにどう呼べばいいのか迷ってるのは内緒。レポではもう簡単に「のぶき」表記にしてしまったんだけど。

初日にButterflyでボイパを披露したとき、本気でびっくりした。できるの!?って。19日のMCでそのこと触れられていて、クリエで自分も何かやりたいと思って、某動画サイトで勉強したとか。ちゃんと影の努力ができる人なんだなって。なんかの雑誌のインタビューでも同じこと思った気がしたんだけど、そう思ったの。

のぶきもいなぴの暴走に時々振り回されてて笑ったwww汗振りかけられたりwwwあとのんちゃんとの先輩後輩のくだりとても可愛かった!

LIS’NとButterfly聴いて、のぶきの声はMADEの中で一番セクシーだなって思った。あとFIRE BEATの歌い出しがとってもよかった!意外だったんだけど、歌い方とかがふぁいやびに合ってるなって思ったの。

MCではやぱり控えめで。「喋ってる?」「息してる?」って聞かれたりwwwそして合同クリエ23日昼でリアデラの話になったとき、大河くんが話してるのに急に「あのとき目合ったよね?」ってぶっこむのほんと最高だった。天然ってこれかなるほど。

あ、あといなぴが鏡の前に自分のフォトセ写真並べてること暴露してくれてありがとう。それ聞いて私は3時間くらい一人でにやにやしました。

 

**********

 

 

MADE、Johnny’s Webの連載開始決定おめでとう。定期的にMADEのことを知れるのが嬉しくてたまらない!どんな文章書くのかなって、今からわくわくしてる。

一つ一つ夢を叶えていくその道を、これから私にも見守らせてください。

 

最後に、来年も単独クリエそして宇宙Sixとの合同クリエがあることを願って、私のクリエ雑感(とその他戯言)とさせていただきます。

 

*1:ドはまりしたアイドルはみんなスタイルおばけだからきっとわたしの好みはわかりやすい

*2:鼠小僧の話

*3:20日昼のT&Tより

ジャニーズ銀座2017 E公演(MADE宇宙合同)感想とか

記憶を掘り返しつつ更新中。 

 

クリエE公演(MADE宇宙Six合同)。

5/23昼公演と5/24夜公演に入っての感想です。

単独クリエと違って、細かいこと全く覚えてません。人も曲も盛りだくさんすぎてレポはおろか感想すら収拾ついていない件。

覚えているものだけ書きます。

 

----------------

 

■オープニング

MADE4人が青い光に、宇宙6人が赤い光に照らされてシルエットで浮かび上がる。最初はMADEが上手、宇宙が下手。2グループの立ち位置が入れ替わって、幕が上がる。

 

■Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~

私でも知ってる嵐のシングル曲。懐かしすぎて!!!!大河くんと江田ちゃんの「いたいだけ…」で客席きゃーーーーがすごい!わたしまで興奮したわ。

衣装はMADEが青、宇宙が赤のセットアップ。(だよね?)

 

■SHOCK ME VS Devil or angel

この曲知らなくて、NEWSが昔やってたってことをTwitterで見て知りました。やっぱり合同でやるってなるとこういう対決っぽい演出が高まる!少クラでえびきすがそういう演出やってたっていうのは知っていたので。詳しい前提知識は何もなかったけれど、かっこよくて痺れた。

(ただ、「いーまーSHOCK ME」がとみけんの声で再生されそうになったのは内緒)

 

■Weeeek

これが最初の客席降り→お立ち台だったかな?

袖に一旦はけて、Tシャツ姿で登場。Tシャツはそれぞれ落書きしたりしたそうで。稲葉くんは表「100人  メイド  ノッても」 裏「大丈夫」。確か。

MADEは先にステージに戻って、次の曲の準備とセット。

 

■EMMA、スギルセツナ

これを合同公演でもやってくれるとは…!すっかりEMMAはイントロ聴くとちゃんとMADEの歌声で再生されるようになりました。EMMAの稲葉くんの表情っていちいちヒィッってなる。これ映像に残らないの勿体なさすぎるよ?

スギルセツナ、公演を重ねるごとに稲葉くんが号泣してた(ように見えるやつ)。稲葉くんについてはかっこいいのと可愛いのと美しいのとエロいのと頭おかしいのでそれぞれ別人だと思ってるんだけど、このスギルセツナで守りたくなる系のまた別の稲葉くんも現れたよね。何言ってるんだろうねわたし。

スギルセツナ、合同公演でも選んでくれてありがとう。

衣装はそれまでと一緒。スギルセツナに移るとき、ジャケットを椅子にかけてた。インナーの白シャツとかは、単独公演で使っていたものと同じ。

 

■Hair

冒頭の「Hair」でキスマイ育ちのヲタク(わたし)大興奮。山亮のラップ部分がとてもオラオラしてて好きだった。歌割りがちゃんと6人に分散されていて。把握したかったけど無理だった。残念。

振付はオリジナル。本家の振り付けはすごくねっとりしたような印象のものなんだけど、宇宙の振り付けはめちゃくちゃ踊ってるなっていう激しい振付で。すごく新鮮だった。これ振り付けたの誰なんだろう…って言ったら山亮ちゃんに怒られそう(23日昼のMCより)。

ちなみに「Break」は原ちゃん。ニカちゃんの言い方と違って、攻撃的な言い方だったのが印象的。ところでニカちゃんと原ちゃんってどこか通ずるものない?

 

~シャッフルメドレー~

スワンソングの前までMADEは増田さんからもらった星柄の衣装。

24日昼以降、山亮ちゃんが「やっぱクルトンやりてぇ!」って言ったらしいことからメンバーが入れ替わったり。

 

■MADE IN JAPAN

途中でメンバーが変わったものの一つ。24日夜はMADE4人で!これ見たいなって思ってたから嬉しかった。私クリエ入れること決まってからLINEの一言欄を「MADE in クリエ」にしてるよっていう無駄情。

 

■Vanilla

これも途中でメンバーが変わったものの一つ。24日以降は原めぐ。ステージの上段のセットで上手下手に分かれて歌う。もともと好きな曲っていることもあるけど、これめっっっっちゃよかったの。この二人、こういう曲にはまるんだってちょっと意外に思った。息ぴったりで、素敵だった。

 

クルトン

これも途中でメンバーが変わったものの一つ。24日夜、Theyの3人が歌ってるのを見てちょっと待てなんだこの可愛さはと思った。こんな可愛いアラサー集団いていいの?なんか全世界のアラサーが持っている「かわいい」をこのクリエに集中させたような感じ(なんだそれ)。しかもこれ振り付けする江田ちゃん想像したらめちゃくちゃ可愛いなwww(24日夜のMCより)

23日昼は稲葉くんもいて、「僕というスタイルを信じてよ」のところの振りがとてもよかった。

 

■Love Situation

恥ずかしながらこの曲、先日のMステで東京B少年が歌っているのを見るまで聴いたことがなくて。ただ、ああこれが去年のMADEクリエでセトリ入りした曲か、なるほどこの「チカヅキタイ」を大河くんが…と思ってMステ見てた。いざ今回大河くんの「チカヅキタイ」を初めて聴いたわけだけど、なんか私もぎゃーーーーってなった。はまり役すぎてすごい。天才か。

 

■オリジナルブルー

アイドルの口から「担降りします!!」って言葉を聞けたのがよかったです。

 

■KISS KISS KISS

スタンドマイク操る稲葉くんかっこよすぎてドン引いた。この曲は「迫るチェックメイトも」〜「戻れないイエスタデイ」までこたくんのソロパート。その他はユニゾン。こたくんの歌い方ちょっとロックっぽいかんじでとても意外だったんだけど、かっこいい!軽率にときめいたよね。そしてなんだこの18禁三人衆。こたくん大河くん稲葉くんのトリオ最高か。

立ち位置は、下手側からいなぴ・こた・大河。

 

スワンソング

初日のレポ読んで戦慄した。この曲、24日夜に稲葉くんを目の前で見たわけなんだけど、あれでわたし3年分くらいの運使った気がする。黒スーツで佇んでるだけでもかっこいいのにそれでマイク持って歌うとかなにこれ落ちない女いないレベルにも程がある。語彙力失うやつ。

稲葉くんステージに出てきたときから緊張してるの伝わってきたけど、歌い終えたあと、ちょっと笑って優しい表情したの。それが忘れられなくて。そして想像していたよりも遥かに上手く歌えていて、特に24日夜がとてもよくて、胸がいっぱいになった。

あと今回のクリエで林くんの歌初めて生で聴いたけど、鳥肌ものだった。あの人まじで何者。

「死にゆく鳥が綺麗な声で」が稲葉くんパート。「ほんとうに終わりなの~手を振っていたけど」「君の髪雪崩れて」「歌うように」が林くんパート。そのほかはユニゾン。林くんが上手側、稲葉くんが下手側。

 

■REAL DX

スワンソングからのリアデラとか寿命5年くらい軽く縮むわ。誰だこの殺人事件みたいな構成考えたの。心臓休まらなくて死ぬかと思った。

ここで林くん稲葉くん以外も黒スーツ着て出てくる。迫力がものすごくてなんか一周回ってひいたよね(ほめてる)。かっこいいったらなんの。稲葉くんは上手側に移動してた。

 

■MC

私が聞いた中で印象的だったもの抜粋。ニュアンスです。

 

スワンソングの話(23日昼)

林くんから「一緒にやろうよ」って言われて実現したものとのこと。林くん「稲葉とよくカラオケ行って、キンキとか雪の華とか歌うんだよ」とか。稲葉くん「翔ちゃんからそう言われたら、自分歌上手いかも…って一瞬思ったけど、あ、違うなって(笑)」

(ここで「勘違いすんなよ!!」ってすかさずヤジ入れた山亮ちゃん最高だった)

大河くんに、稲葉くん単独クリエの楽屋でずっとスワンソングかけていて、急に不安になって「ここ(自分のソロパート)も翔ちゃんに歌ってもらおうかな…」とか言ってたことを暴露される。

林くん「でも稲葉歌上手いよ」→会場拍手→稲葉くん「いや僕そういうの慣れてないんで」

このくだりが超――――――――――可愛くてこの話とスワンソングで23日昼公演のチケット代実質タダになった。この話聞けて良かった。林くんほんとありがとう。

 

・江田ちゃんカミカミ(23日昼)

スワンソング→スワングソング

フォトセット→フォトショ

いなぴに「大丈夫!?」って言われる江田ちゃん。

山亮「いまのやばいと思う人―?」って客席に聞く。悪ガキ感www

見学に来てたふっかが「林よかったよ、スワングソング」って言うところまでがセットでまるっと良き。

 

・スタンドマイクの話(24日夜)

合同でもbutterflyをやるから、MADE単独のbutterflyで使ってた光るスタンドマイク使っていいよってなったけど、

いなぴ「でも俺ら180くらいあるから…」 ←この時点で超笑った

高さの調整ができないスタンドマイクだから、江田ちゃんとかが使ってみると高すぎて見上げる形になって使えないwww

結局スタンドマイク使わず、のぶきが振り付けて踊ったとのこと。

 

あと23日昼公演がMC稲葉くんと江田ちゃんが確か隣同士で。いなぴの周りをとてとて歩く江田ちゃんがとってもちんまり見えて可愛かったなぁ。

入っていない公演の話でいうと、25日昼、稲葉くんが朝4時まで考えたらしい全員分の自己紹介というかキャッチフレーズが見たかった!いやまじで寝ろよって話だけど!動画で配信してくれお願いだから。

個人的には24日昼?の同期トークの話がTwitterに流れてきたときも高まったよね。2001年9月23日入所組の同期会はいつか実現させてください。やぶいのやまりょえだとみ。

あと、25日昼のお蔵入りした曲の話が気になる。私デイブレ割と本気でやってほしかったからね?原ちゃん気が合うね。

 

■コント

冨岡先生「ここは都内某所の高校。今日ついに卒業の日を迎えた」→生徒登場。

学級委員の林くん、その他生徒の大河いなぴ目黒やまりょ江田。マドンナこた、親衛隊の原のぶ(with J)

最初に冨岡先生が出席とるんだけど、林くんがすごくいい声だったなぁと。

冨岡先生はメガネにスーツ。生徒は学ラン。松本さんは金髪でセーラー服(ズボンは履いてる)。

稲葉くんは学ラン前開きのなんというかリア恋感というか。学生時代に戻っていつもヘラヘラしてるクラスメイトの稲葉くんに密かに恋したい。

バイオレンスなマドンナ松本さんに次々と打ちのめされるやつ、稲葉くんが一番下になってその上にみんな積み重なっていくの。潰される稲葉くん。つむじがかわいい(何)。 起き上がるのも一番最後になるから誰かに引っ張ってもらって起き上がる。稲葉くんの腹チラはもはやデフォルト。

with Jがハマり役すぎてなんか途中笑い止まらなくなったwww原ちゃんものぶきもかっこいいな!!!!

途中で、松本さんへの告白権を得るためゲームをする。23日まではカツラ飛ばしゲーム、24日以降は色んなゲームになったそうで、24日夜は照明当てゲーム。

勝者が告白するんだけど、松本さんに振られる。「ごめんなさい…私、渡辺翔太くんと松本幸大くんが好きなの」(23日昼、SnowManが見学に来ていたので)

 

ちなみにゲーム中、松本さんがwith Jの膝に座って扇子で扇がれてるんだけど、24日夜公演は原ちゃんと松本さんの立場が逆転していつのまにか原ちゃんがこたのぶの膝に乗って扇がれてたの爆笑したわ。ゲーム後につっこまれてました。

 

恋という勝負に敗れたあと、「卒業」が流れる。

一人ひとり冨岡先生から卒業証書受け取る。そのあと、23日昼公演原ちゃんがなんか膝ついてステージの真ん中で仰向けになってて、それ見て山亮ちゃんが笑ってたの最高に笑った。

そして稲葉くんなんか林くんと向き合って泣く演技してなかった?wwwで、途中から急に真面目に歌い出してなんかもうかっこいいんだけどじわじわきたよね。

こんなに笑える「卒業」聴いたの初めてだわ。

冨岡先生「みんな、卒業おめでとう」

 

■Love so sweet

にこにこ笑顔の稲葉くん!これが本当に本当に可愛くて!!!!!録画で見た、MステSPで嵐のバックにつく様子そのままなの。笑顔で口大きく開けて歌う稲葉くんを見たこときっかけに気になり始めたんだなぁ…と一人でしみじみした。

 

■Daylight

宇宙Sixのパフォーマンス。これ綺麗だったな…。宇宙Sixの歌声って、6人いるのにすごくまとまっているの。バランスも良くて、とても聴きやすかったなっていう印象。

 

■SuperSONIC

MADEのパフォーマンス。衣装を紫のものに着替えて登場。稲葉くんがロングコートで、膝上10cmくらいに見えた。

噂には聞いていたものの初見でした。いやいやいやいや何あれ?大河くんとんでもない振り付けしたね???23日の昼公演見学の宮近くんがMADEのEMMAのアダルティさを見て子どもの教育への影響を心配してたけど、スパソニその比にならないくらいこれあかんやつだと思ったんだけど宮近くんどう思う?MADEの皆さん腰痛めない?大丈夫?アウトロの腰振りを目の前で見せつけられたわたしの気持ちわかります? 墓 を く れ 。

 

■時代

稲葉くんのソロパートあって息止まった。「僕は走っていく」のところ。だって大野くんのパートだよ?林くん独り占めしなくていいの?林くんありがとう。(2回目)

 

■season

これまたじーーんとくる曲を。この曲あまり知らなかったんだけど、クリエ入って以降この曲聴くと泣きそうになる。拗らせる。

24日夜公演で、稲葉くん林くんにウィンクして困らせてたのが最高に可愛かった。

 

---アンコール---

■Power of Paradise

MADEが青、宇宙が赤のフラッグを持って登場。タオルを首からかけてる。

途中でフラッグおいて、タオル回せ――――になる。最後の方でお立ち台に移動!

 

■GUTS

この曲でお立ち台より後ろにも行ってハイタッチしてたように見えた。とにかく可愛いが溢れすぎて大変。

 

------------

 

生ぬるいヲタクは、ものすごい力で1時間半頭をぶん殴られ続けたような感覚がしました。これが舞台班の底力か…!チケット代は6000円だったけど、余裕でお釣りが来た。
最高に良いものを見させていただきました。また宇宙SixとMADEの合同公演あるといいな。

そして林くんに菓子折を送りたいので送付先を教えてくださいという気持ちです。

 

ひとまず以上です。何か思い出したら追記します。